2018年2月 7日 (水)

LIXIL エクステリアコンテスト 2017 表彰式

昨日、ホテル日航福岡にて行われました
LIXIL エクステリアコンテスト 2017年度”の
九州エリアの表彰式に山中さんと出席しました。

Img_4530

今年で40周年を迎えたという業界においては
最も歴史のあるエクステリアコンテストです。
(応募状況は6,706作品、応募店数は1,999件です。)

本当におかげさまで… 当工房は起業以来
12年連続にて受賞をいただきました。
前回のブログ記事はコチラです。

お客さまはもちろんのこと、職人さんや
関わられた全ての方々に… 感謝です!

ホテル日航福岡さんにおいての豪華な演出
そして設備… 懇親会での食事などなど…

ありがたいことに毎年この場に来させて
もらっていますが、やっぱりこの受賞と
いうのは、とーっても励みになります。

LIXILさんも準備などで大変だと思います。
本当にどうもありがとうございました!

それから あのイチロー選手の専属打撃投手を
されていたという“奥村幸治”さんによる
90分間のセミナーも本当に良かったです。
(星野監督やマー君との話もスゴく良かったです。)

 

さて… 今回はコチラのお客さま宅での
作品にて賞をいただきました!

Img_3080

「自然浴エクステリア部門」にて受賞しました
『佐賀市のS様邸』となります。
S様邸の完成時のブログ記事はコチラです!

さて!これからも賞をいただけるような…
いや お客さまから喜んでもらえるようなモノを
たくさん楽しく作っていきたいと思います!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 7日 (火)

小さなスペースにも 植栽を…

エクステリア工事(新築住宅外構)を施工する場合に
ウチではいつも気をつけていることがあります。

まぁ 施工時というか提案時になんですが…

Img_3779

門袖壁や門柱の足元には植栽を入れるってコトです!

エクステリアプラン的には基本的なことではありますが
外構工事を施工された住宅地なんかを通って見てみると
いい感じの門袖壁が施工されてあっても 割りと足元に
植栽がなく、なんとなく「モッタイナイ」とか「さびしい…」とか
勝手に思ってしまうことが… 時々あったりもします。

 

 

Img_8988

チョットしたスペースではあっても そこに緑があるのと
ないのとでは大きな違いがあり、その緑があるために
門袖壁… もしくは全体が映えるということも少なくないです。

 

 

Img_3047

コチラのお客さまのところは門扉を設置して、開けた時に
玄関ポーチのタイル貼りに扉が当たってしまうために
道路境界に近いところに門袖壁を設置したのですが
施工後に ヒメイワダレソウを植えたプランターを置きました。

これだけでも見た目は全然違うと思います。

スペースがあまり広くとれない場合のある北側の玄関や
土地の形状や周りの状況によって、難しい場合もありますが
そういった状況でも 何とか緑を入れられないかと思いながら
あれこれ考えながら 常にプランニングしています。

 

 

Img_0964

たとえ少しであっても やっぱり緑があると本当に違います。

植物の高さや葉っぱの色を変えたりして植え付けると
単調さもなくなりますし、やっぱり全てのものが引き立ちます。

 

 

Img_3213

植物があるということは 水やりや剪定、場合によっては
施肥などのお手入れというのが必要になってきますが
住む人も含めて、そこに訪れる人にとっての癒しにも
なるということ… 緑が与える効果はとっても大きいです!

 

 

Img_2750

そして… 照明を使ってのライティング効果

美観、防犯を合わせ持って 家と外まわりの価値が高まり
植栽と照明を外構や庭に取り入れることで、その家自体が
大きな付加価値を持つことになると思います。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 9日 (月)

門袖壁が出来上がるまで…

先日、完成したばかりの『佐賀市のU様邸』 エクステリア工事

お客さまにも とーっても喜んでいただきました 門袖壁の

変化?進化?の様子を チョットご紹介したいと思いまーす!

Img_3389

まずは 下地となる普通ブロック積みを終えた状態です。

写真では分かり難いですが、真上から見ても曲線です!

 

 

Img_3426

曲線の天端部に 笠木用のレンガを積んでいる様子です。

言うまでもなく、職人さんの技術があるからこその形状です。

○笠木レンガ ⇒ プリウスブリック シェイド(マホガニー)

 

 

Img_3437

下地モルタル塗りを 壁面全体に行います。

そして 数日間… しーっかりと これが乾くまで待ちます!

 

 

Img_1747

塗り壁仕上げを 行った様子です。

これで なんとなく雰囲気が明るくなりますが、まだまだ…

○塗り壁 ⇒ ガーデンジョリパット

 

 

Img_1748

表札灯と ポストを取り付けた状態です。

これでも まだまだ… なんか物足りませんね~

○表札灯 ⇒ ウォールウォッシャー リーフ タイプA (ブロンズ)

○ポスト ⇒ アンジュ (シャンパーニュピンク)

 

 

Img_1749

表札と インターホン子機、インターホンカバー

お洒落な棚板を取り付けて、門袖壁は完成となります!

○表札 ⇒ A-07 エレガント Sタイプ (ショコラブラウン)

○インターホンカバー ⇒ C-13 (オーカー)

○棚板 ⇒ ウォールシェルフ 1M (ライトアッシュ&アールブラウン)

 

 

Img_3585

…で、植栽ッ!  やーっぱり これが大事です!

○植栽(高木) ⇒ シマトネリコ

 

 

Img_3583

ひとつの門袖壁が出来上がるまでは それなりの労力や

技術、時間… そして それぞれの配置のニュアンスなどの

手間ヒマはかかりますが、手間がかかった分の仕上がりには

なりますし、完成のイメージは頭の中で出来ていても…

やっぱりカタチになると 嬉しいモンなんですよね~♪

あー やっぱ楽しいわ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月24日 (水)

目隠しフェンス「横パネル編」

ココ数年ほど前あたりから、目隠しフェンスのお問い合わせが

多くなってきましたが、更にはこの一週間ほどで 5件を超える

お問い合わせをいただいておりまして、ご要望のフェンスの高さ

目隠し率、そして建物やその場所に合うようなデザイン…

そのお客さまのご予算に最も近い提案をさせていただくために

ということを しょっちゅう考えている今日この頃です。

 

基本的に目隠し効果のないタイプのフェンスと比較すると

目隠しフェンスは価格的に上がってしまう場合がほとんどです。

そして その目隠しフェンス自体も、素材や仕様の違いにより

価格もピンからキリまでありますので、そのあたりのことを

ホンの少し ご紹介したいと思います。

 

Img_0584

コチラの施工例は「木目調樹脂フェンス」です。

写真の商品は「アルファウッド 横張りタイプ」となります。

ひと現場当り それなりの価格になることも少なくなく

現在、色んなメーカーさんから 同等品が発売されています。

アルミ形材フェンスでは、柱の設置間隔が2mとなりますが

「木目調樹脂フェンス」の場合はそれが1mとなっています。

 

 

Dsc02834

このように「ポリカパネル」を使用すれば、採光性の高い

目隠しをすることも可能となります。

施工については 柱を設置した後にパネルを1枚ずつ

取り付けていくということで、完成品を柱に取り付けるだけの

「アルミ形材フェンス」と比べると 施工には手間がかかります。

ただ 幅の異なるパネルを交互に取り付けたりと 自由度の

高い提案もでき、デザイン自体を楽しむこともできます。

 

 

Img_1235

コチラは木目調の「アルミ形材フェンス」となります。

写真の商品は「ジオーナフェンス YP型」です。

先の「木目調樹脂フェンス」と同じく、商品の耐久性としては

申し分ないのですが、やはり高価なものとなります。

 

 

Img_0819

コチラは同じ商品で、白い木目調「エクリュアイボリー」を

使用した高さ1.2mにて設置を行った施工例となります。

全く同じ商品でも、色が違うと雰囲気も随分異なってきます。

 

 

Img_0134

コチラは表面が木目調(ラッピング形材)で、裏面の仕様が

アルミ色となっている「アルミ形材フェンス」となります。

写真の商品は「ルシアスフェンス F04型」です。

 

 

Img_0106

裏面はこんな感じで、木目調にはなっていません。

ただ その分、価格は両面木目調のフェンスと比較すると

ホントに… かーなり安くなっているのが特徴となります。

 

 

Img_2061

こちらのフェンスは 縦ラインのデザインとなっている

ルシアスフェンス F03型」です。

 

 

Img_2064

同じく裏面のデザインは こういった感じになっています。

価格でいうと 本当に魅力のあるフェンスといえます。

 

 

Dsc03256

木目調はありませんが、更に価格を下げた この商品は

エバーアートフェンス センシア 横パネル」です。

ほとんど同じ価格… そして 同じようなデザインで

セレビューフェンス R3型」という商品もあります。

色はステンカラー以外にダークブラウン系の色もあります。

これより 安く… となると安価な天然木しかないのかも…

 

今回は「横パネル」タイプのフェンスのご紹介をしましたが

目隠し率の違い、採光性の有無、ルーバータイプなどの

風通しの良いもの などなど、実に色んなタイプの目隠し

フェンスというものが存在します。(素材も含めて)

大事なのは当然 価格もですが、建物や設置するところの

雰囲気に良く合ったフェンスを選ぶことだと思います。

またせっかく設置して目隠しを得られても、内側が暗くなり

今度はそれが イヤーっ! ってコトになるかもしれません。

もちろん ご相談をいただいた時は 様々な角度から考えて

ご提案させていただきますので、ご安心下さい♪

 

 

Img_0847_2

ちなみに 目隠しが必要ないならば こんな木目調の

シンプルなフェンスだってあります。

ルシアスフェンス H05型)

お得ですし、私は結構 好きなフェンスです!

 

 

N_001_2

コチラは まだこれから施工を行うお客さまのところで

作成したイメージ画像となります。

こんな感じで、合成して目隠しフェンスを設置した場合の

イメージを見ていただくこともできます。

(道路のいる女の子は 高さの目安として配置したものです。)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月10日 (月)

セミクローズド外構のプランです!

現在、お話しを進めております お客さまのプランを

チョットだけ ご紹介させていただきます!

H_002

セミクローズド外構のエクステリアプランとなります。

コチラのプランの場合で、反対のオープン外構と比較すると

プライバシーを確保することができるといった反面

「門扉」「オーバードア(跳ね上げ門扉)」「フェンス」などの

エクステリア建材商品が必要となってきますので

それらの施工にかかる費用の分がコスト高となります。

 

 

H_001_2

全く同じプランで商品の色を変えた場合の雰囲気です。

建物の玄関ドアや縦格子の色が、LIXILのクリエラスクなので

最初の画像(パース)が、同じ色を使用したプランとなりますが

コチラの画像はクリエダークを使用した場合のパースとなります。

同じプランでも 色の違いだけで全く感じが異なってきます。

 

 

H_003

門まわりの様子です。

このパースでは少し分かり難いですが、アプローチなどの

床面は 石目調と木目調のタイルを使用しています。

インターホンの子機は もちろんココのスペースに取り付けます。

 

 

H_004

門まわりを内側(敷地側)から見たアングルのパースです。

門扉の右側にある門袖壁に埋め込んだポストの位置や

高さなどが、このパースにおいて確認をすることができます。

お客さまには この他にもいくつかのアングルでのパースを

提出させていただきましたが、大変気に入っていただきました。

このプランの提出後に 若干の変更(追加)がありましたが

また次のプランも楽しくつくらせていただきますね~

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 9日 (日)

じっくり煮込んだプランを…

4月も「アッ」という間に三分の一が経過しようとしています。

お正月がつい最近の出来事だったかのように…

時間と老いが加速しているように感じる今日この頃です。

 

さて… おかげさまで本当にたくさんのお客さまからの

お問い合わせや工事のご依頼をいただいております。

同じ佐賀県内の施工エリア外、そして県外からもご相談を

いただくこともありますが、施工を行うのが難しいために

大変申し訳ありませんが、お断りをさせていただいております。

ただ… その場合は信頼ある同業者さんを紹介いたしますので

本当に親身になってご相談に乗っていただけると思います。

 

そんなカンナで現在、日中は現場を管理する時間… そして段取り

プランを作成する時間が もう少しあればなーという感じです。

プランを描くのも単純に考えていいのであれば サラサラッと

10分とか20分程度で、ラフプランくらいはできるのですが

そこはひと工夫もふた工夫も こだわってやりたいところです。

 

 

Img_2527

コチラは エクステリア工事におけるラフプラン初期の状態です。

これだけ見ると何が何だか全く分からないと思われますが

見栄えの良いところに植栽を3ヵ所ほど配置し、玄関ポーチ上の

ダウンライトとのバランスを考慮したLED照明の配置及び計画

自転車置場への 自転車の出し入れがスムーズにできるように

通路が片道ではなく、出入り口を2ヵ所ほど設けるということ

道路側から 玄関ポーチへと誘導していく床面のライン

などなど… を考えたラインのみのラフプランとなります。

この手描きの作業から CADを使って平面図や立面図を作成し

様々なアングルからのイメージパースをつくっていきます。

プランにおけるラインの描き方も 実に様々です。

人や車、自転車などの動線を考えて… お客さまのお好みや

建物の雰囲気に合うか否か、色合いはどうか…などなど

私自身は曲線のラインが好きなようで、結構 スラスラッと

描けることが多いのですが、直線的なラインのプランだと

単調になり過ぎないように考えて割りと苦戦したりもします。

まぁ そんな感じで考えながら描くのは楽しいんですけどね~

初回プランを見られた時のお客さまの反応を想像するのも♪

 

そういったプランを気に入っていただいて工事のご依頼を受け

そんな想いでつくったプランが、常にドコかでカタチになっている

そんなことを思うたびに 楽しく… そして幸せな気持ちになります。

お客さま、そしてご近所のみなさん、大切な職人さん

メーカーさん、問屋さん、園材及び建材関係さん

そして その資材を現場に配送して下さるドライバーさん

もちろん ウチのスタッフの山中さん、家族 などなど…

こういったことを考えるたびに 改めて色んな人への

感謝の気持ちまでも 沸き起こってきます。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月26日 (日)

第24回 TOYO全国施工写真コンテスト

先日 ちょっとココでも書きましたが、東洋工業さんが主催される

第24回 TOYO施工写真コンテスト』におきまして

おかげさまで 3作品にて受賞をすることができました!

Img_1066

コチラは『ライトマテリアル(貼り材)部門』にて

“優秀賞”をいただきました「F様邸」です。

見栄を張ったような言い方だと… この部門で「全国1位」です!

 

 

Dsc02936

コチラは『ガーデンマテリアル部門』にて

“敢闘賞”をいただきました「K様邸」です。

 

 

Dsc00457

コチラが『ペイブマテリアル部門』にて

“敢闘賞”をいただきました「M様邸」です。

 

工事をご依頼いただいたお客さま、そして職人さんを含め

関わった方々には 本当に感謝しております。

どうもありがとうございます!

 

 

Img_2154

“優秀賞”にて いただいた トロフィー?

結構 ずっしりと重い… 東洋工業さん ありがとうございました!

これまで この『TOYO全国施工写真コンテスト』では

6回 「10作品」 受賞をいただくことができました。

本当にありがたい限りです。

今後も こういった賞をいただけるように頑張りたいと思います!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月18日 (土)

夢をカタチに…

現在、お客さまとお話しを進めているところの

お庭のプランをちょこっとご紹介させていただきまーす!

まだ施工をしていませんので、イメージパースとなります。

Y_001

お庭のド真ん中にデザイン物置「カンナ D125」を ドカッと設置

その後ろの向こう側にはお向かいさんの勝手口がありますので

その部分の目隠しを兼ねての「カンナ」の配置としています。

 

 

Y_002_2

リビングの外側に設置したのは ガーデンルーム「ココマⅡ」の

ガーデンルームL字腰壁タイプ+サイドスルー腰壁タイプ

前面パネルの内側にはロールスクリーンがありますので

プライベートな空間としての活用時は それを降ろせばOK!

それから 収納網戸があるので、夏場にガーデンルーム内の

風通しを良くするために 折戸パネルを開けたままにしても

収納網戸を閉じれば 虫などの進入を防ぐことができます。

もうひとつ 洗濯物を干す時は可動竿掛けを使って行います。

来客時など 洗濯以外の用途の時は取り外すことができます。

ココマⅡ」の前にあるのは お洒落な立水栓の「リリー

植栽の近くに配置していますので、植物への水やりも楽チン!

ホース用の補助蛇口もあり、立ったまま使えるのがいいですね~

白いタイルテラスはリビング、ダイニング、キッチンの勝手口を

広~く 外側でつないで、渡り廊下のような感じにしています。

 

 

Y_003

境界沿いには 白い木調樹脂フェンス「アルファウッド」を

高さ1.6mにて お庭を囲みこむようにして設置しています。

白(アイボリー)なので、高い目隠し効果をもちながらも

圧迫感を感じないような 爽やかなつくりになっています。

 

 

Y_004

現状として 雑草の繁茂や水はけの問題があるとのこと

芝生は人工芝ですので、「カンナ」の隣には小さなお子さんが

遊べるように 土のところを少しですが… 残しています。

将来的にはココは花壇や家庭菜園にも簡単に変換可能です!

 

 

Y_005

上からのアングルはこんな感じです!

ライティング照明は3ヵ所あり、夜は室内外 どちらからも

素敵な景色が見えるように照明を計画… 配置しています。

あ~ よかねー♪

 

 

Y_006

玄関ポーチ前にある既存の門袖壁をキレイに撤去して

こんな曲線のあるデザインにてプランニングしてみました!

正面から見ても 上から見ても 曲線ばかり… 職人さん 大変!?

ココはスタッフの山中さんのCAD技術を褒めて下さいね~

(ちなみに山中さんの最新のブログ記事が今日UPされました!)

 

普段、ココでは施工途中の現場の写真ばかりなんですが

これから こんな感じで、プランやイメージパースを見てもらって

「ココはこんな意図があって こうしている!」

「ココをこういうデザインにしたのは こういう理由がある!」

的なことを 私なりに楽しみながら伝えていきたいと思います♪

いやー でも、ホント… お客さまの夢をカタチに…

色々考えながらプランを練って描いて、そして現場でカタチにする

これが毎日ドコかで、つくられているっていうのは本当に楽しい!

特にプランでいうと 初回プランを練っている時がたまりませんッ

それをどんな感じで、お客さまが見て、感想を言って下さるか…

もー 毎回、わくわくドキドキですッ!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月13日 (月)

LIXIL エクステリアコンテスト 2016 表彰式

先日(2/8)、福岡市にあるホテル日航福岡にて行われました

LIXIL エクステリアコンテスト 2016』の九州地区の表彰式に

ウチのスタッフの山中さんと一緒に出席してきました!

Img_2101

今年で「39回目」となる この業界では最も歴史があるという

全国規模のエクステリア&ガーデンのコンテストとなります。

(2016年の応募状況は応募店数2,040店、応募作品件数6,858作品です。)

 

おかげさまで当工房も 昨年のコンテストに引き続きまして

なーんと! 11年連続で受賞させていただきました!!!

本当にどうも… どうもありがとうございます。

 

受賞数でいいますと今回を含めまして、全26作品となります。

 

 

20170208_135004

相変わらず 豪華な演出での表彰式には感動します。

 

聞けば 毎年、表彰式の終わった直後に 来年の表彰式の

会場の予約をホテル日航福岡さんにされているそうです。

 

演出面を含めて、準備などのリハーサルもされておられると

思いますが、やっぱりLIXILさんならではのスケールの大きさです。

 

常日頃、このコンテストを意識して デザインやプランニング

そして施工をしている訳ではありませんが、本当にもう…

こういった場所での表彰式に於いては また来年も来たいッ!

という思いになってしまいまして、それが励みにもなっています。

 

もーっちろん表彰を受けるのも お客さまや職人さん、そして

様々な取引先さんがあってのこと、それなきにはあり得ない!

ウチのスタッフの山中さん なくしては得られないことです。

資材を現場に運んでくれる配送さん なくしても得られないこと

他にも たーっくさんの方に支えられていただいている賞です。

 

私一人なんぞは ちぃーっとも エラくも スゴくもないです。

こういった機会があると 更にそれを思い知ることになります。

 

あー なんかクドくなってきた…。

 

…ということで、みなさん 本当にありがとうございました!

 

LIXILの星野保っちゃんにも とっても感謝です!!!

いつも いつも 気にかけてくれ… チカラになってくれて感謝ッ

 

 

 

それでは今回受賞した3作品をご紹介させていただきます。

 

Img_0277

コチラは『ファザード部門』での受賞となる『I様邸』です!

(エクステリアコンテストHPでの紹介ページはコチラです

 

 

Dsc00287

コチラは『ファザード部門』での受賞となる『O様邸』です!

エクステリアコンテストHPでの紹介ページはコチラです。

 

 

Dsc02341

コチラは『ファザード部門』での受賞となる『K様邸』です!

エクステリアコンテストHPでの紹介ページはコチラです。

 

 

Img_2073

ここ数年は毎年ステキな異業種からのゲストさんを

招かれてのセミナーも 同じ日に行われています。

 

今回も またとっても良いお話が聞けました。

 

表彰式後の懇親会時は同じ佐賀で活躍されている

同業者さんとの交流も深めることができました。

 

「グランド工房 佐賀店」さん

「緑木 midorigi」さん

「花水木コーポレーション」さん

 

先の2店は よく会いますし、よく知っていますし、飯食いますし

今更、新鮮味も へったくれもないのですが… <失敬!

 

まー それだけ交流が深いと解釈してくだせー w

 

「花水木コーポレーション」さんとは 初めてお会いしました。

なんか芸術家肌の… だけども とっても気さくなお方でした!

 

他にも色んな楽しい出会いに喜び、のぼせ上がって

二次会の終わり際には喋り過ぎて、喉が枯れてしまいまスた。

 

 

ここ数年で たくさんのメーカーさん主催による施工コンテストが

行われるようになりましたが、昨年は「LIXILさん」「東洋工業さん」

ディーズガーデンさん」の3つのコンテストに応募しました。

 

また近いうちに ココでも その紹介をさせていただきますが

東洋工業さんの『第24回 TOYO全国施工写真コンテスト』では

初の部門別での金賞をいただきました。

 

ディーズガーデンさんでは 残念ながら受賞なしでしたが

私にとってのステキなかわいい作品たちはがんばってくれました!

 

日本全国の中で競い合ってくれただけでも スゴいもんです。

褒めて、これから先も かわいがってあげなきゃねー

 

これからも そんな作品を楽しみながら みなさんと一緒に

ワー キャー 言いながら つくっていきたいと思います。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月19日 (日)

お時間を下さい…。

ふぅ~っと… まずはありがとうございます (^O^)/

 

今年に入ってから例年以上にたくさんのお客さまより

ご相談やお問い合わせをいただいておりますが

4月に入ってからはありがたいことに更にその数が

増えており、本当に感謝感激感涙の今日この頃です。

 

その内容は主にエクステリア工事(新築住宅外構)や

リ・ガーデン工事(お庭の改修)、エクステリアリフォーム

工事(外構改修)、そしてウッドデッキやタイルテラス

カーポートやテラス屋根、物置などの単体のご依頼です。

 

現在、現場の施工管理をしながら ご依頼いただいた

お庭や外構のプランを作成しているところなのですが

現場での作業を職人さんたちが行っているという他は

ほぼ全て(営業、設計、工事の手配や資材の発注)

スタッフの山中さんと私の二人でやっておりますので

どうしても初回お打ち合わせから初回プランの提出まで

にお時間をいただいてしまうことになってしまいます。

 

初回のお打ち合わせの時にお客さまからご要望を

いただいて、それから測量などの現地調査を行って

初回プランを作成するのですが(手描きからパースまで)

現在、お問い合わせをいただいている件数からすれば

1ヶ月以上はかかってしまう場合がほとんどとなります。

(デザインは私たちにおまかせという場合が多いです。)

 

最近のお客さまには2ヶ月くらいと伝えております。

 

ウチはチラシや地域情報誌への掲載といった紙媒体での

営業活動などは一切やっておりません。

 

ホームページやこのブログ、それ以外はウチに工事を

依頼されたお客さまからのご紹介がほとんどです。

 

現在プラン待ちのお客さまの約半数がご紹介による

お問い合わせといったことでも本当に感謝しております。

 

だからこそお客さまが期待されているお気持ちがある

その早い段階でプランを作成してお見せしたいという

私たちの気持ちは本当に… 本当にあるのですが

やはり 現在のこのお問い合わせ件数から考えれば

よっぽど詰め込んで無理してやっていかない限りは

それができないということが現状としてあります。

 

例えば無理をしてやった場合… 正直「やっつけ仕事」で

単純なデザインで描けばそんなに時間はかかりません。

 

そしてその「やっつけ仕事」で出来たプランをお客さまに

提出して、万が一にもなんと契約となってしまった場合

「やっつけた」プランをお客さまに売る?売りつける?

ってことになってしまいます。そのプランというのは

「やっつけて」描いたプランですので、思い入れもなく

気持ちも入らない状態で工事を始めることになります。

(思い入れがあると現場がかわいく思えます。)

 

その思い入れのない「やっつけた」プランで施工をしても

私たち自身が決して満足できるはずもないですし

その施工でお客さまを満足させる自信も全くありません。

 

ウチでは「初回プランで工事を依頼しないで下さい。」と

最初に言いますので、実際にはそれはありませんが…

 

長くなりましたが、そういったことからプランの作成には

今後、ある程度のお時間をいただくことになります。

 

今のこの作成するプランの件数が多くても、腰を据えて

一件一件 じっくりしっかりプランを練り込んでやりたいです。

 

そして 楽しく仕事をやりたいです。

 

なんか私たちに都合の良いことばかりを言っているようで

大変恐縮なのですが、少しでもそのあたりをご理解いただき

またご了承していただけると本当に嬉しく思います。

 

ただそのお待ちいただいた分だけのプラン内容にして

また喜んでもらえるようなものにして仕上げますので

お問い合わせの方々… どうぞよろしくお願いいたします。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧