2020年3月25日 (水)

新型コロナ対策>外構+お庭

新型コロナと東京オリンピック延期関連の報道が日々多く報じられています。

多方面にわたる様々な負のスパイラル… 決して他人事、よそ事だと思わないようにせねば… です。

感染者が増加の一途をたどる東京都では、今後ロックダウン(都市の封鎖)などの強力な措置を取らざるを得ない状況が出てくる可能性もあるそうですが、これから先はまた更に深刻な状況が続きそうな感じです…。

 

ココ佐賀においては今月13日にひとりの感染者が出て以来は感染が抑えられている状況で、感染者の発表があった時から休館となっていた佐賀市の図書館などの公共施設の8割が今日から再開されたそうです。

ホッとひと安心… と言っていいものなのか… 多少なりとも油断した時にまた感染者がぁーっ!ということにもなり兼ねないような気もしますが、予防に関しての行動というのは、今後も継続してやっとかなきゃいけないと思っています。

 

 

さて!新型コロナの影響などで、買い控えということへの心配も多少ありましたが、先々週辺りからウワァーッとお客さまより、一気にお問い合わせをいただいておりまして、まずはそのことに関して感謝しきりです。

ありがとうございます!

過去にお世話になったお客さまからのリピート工事のご相談やご新規のお客さまなど… もちろんお声をかけていただいたからには、しっかりとプランやお見積りをさせていただきます。

 

が!、ココまで多方面に影響が出ている新型コロナ… 各個人さんにおいても、どういった状況に今後変わっていくか分からないような状態ですので、例えば外構やお庭にかけられるご予算をフルに使わずに少し残したりしてとっておいて… というコトも必要になってくるかもしれません。

新築などの外構工事でいえば、第一期工事として駐車場やアプローチ・表札やポストなどを行って、第二期工事として、なくても生活自体にはさほど困ることのないウッドデッキやタイルテラス・天然芝・人工芝などを行うというコトもできると思います。

自然浴工房でもプラン自体はフルで考えておいて、工事を二回に分けて積算し、工事の計画を立てるというコトは、何てことない労力でできますので、そういった考え方が必要かなぁ~と思われたら、遠慮なさらずにお伝えいただければと思います。

その他に分割でのお支払いや各種ローン(自然浴工房はジャックスとオリコの取扱店です。)など、お支払いについては柔軟に対応していけると思いますので、お気軽にご相談いただければと思います。

とりあえず状況が落ち着くまで、工事は保留にしとく… ということでも、全然OKだと思います。

 

業界的には禁句に近い言葉ですが、私たちがしている仕事は住宅建築と違って、「ないと生活ができない」というモノではありません。

単刀直入に言うと… 「贅沢嗜好品」なんです。

かといって、それで全く仕事がなくなってしまうのも困ってしまいますが、日本全体がロックダウンなんてコトになってしまったら、外構や庭どころじゃなくなってくるかもしれませんし、いざとなった時の貯えだって当然必要です。

「せっかく図面を描いてもらって、お見積りまでしてもらったのに状況が変わってしまって… 工事はもう少し先延ばしにするとか考えたいと思います。」

全っ然!OKです!!!

 

なので… こういった現状を踏まえた上で、じっくりご検討下さってのご依頼に対しては全力でもって、しっかりキッチリ丁寧にさせていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

えと… それと… だけど… お客さま全てがそうなってしまうと、職人さんを休ませたりとかになってしまうかもしれませんので、そうならない程度の仕事量は… おぉー お願いします!(苦笑い)

| | コメント (0)

2020年3月15日 (日)

「ありがとう」という言葉

昨日、工事が完成したお客さま宅において、お引き渡しをさせていただきました。

最初は屋外にてカーポートなどの商品の説明や植物のお手入れの仕方などをお話してから、ご自宅で完成書類をお渡して説明したり、談笑したり… その場での会話の中でよく出てくるのは、お客さまからの「ありがとうございます」という言葉

Tegaki83top
※フリー素材より

お客さまご夫婦ともにとても喜んでおられるのは、すごく伝わってきて、私自身も本当に嬉しかったのですが、ご自宅に伺ってから帰るまでの約1時間ほどの間、「ありがとうございます」と何回言われたんだろう?というほどでした。

 

思い起こせば… 工事を始める前も「今日の打ち合わせはありがとうございました」「お見積りありがとうございました」「変更プランはありがとうございました」「色々と教えてもらってありがとうございました」などなど…

ん?逆に自分が言う言葉じゃない?と思うこともありましたが、その「ありがとう」の言葉がスーッと心の中に入ってきて何だか心地良い… そんな気持ちになりました。

 

人に何かをしてもらったりすると、つい「すいません」とか「すみません」とか言いがちなんですが、そこは意識して「ありがとう」「ありがとうございます」と伝えられるよう心がけています。
できているかな…

そのたった一言の違いだけで随分と印象も変わってくると思います。

 

お客さまとの話も最後辺りになりかけた時に、自分自身「ありがとう」という言葉を普段きちんと使えているかな?と思っていたところに…

「島さんにお願いして本当によかったです!ありがとうございました。」

これまでの「ありがとう」が、全て集約されたようなその言葉が心に深く染み込んできました。

 

ホンの少し… 些細なことであっても、何かをしてもらった時には、さり気なく一言「ありがとう」と伝えられたらいいなと思います。

昨日は「ありがとう」という言葉について、チョット考えた一日でした。

 

F様… 「ありがとう」をありがとうございました!

| | コメント (0)

2020年3月14日 (土)

ココだけはアナログのままで…

ウチではご新規のお客さまとのお打ち合わせ時に「自然浴工房をどうやって知られたんですか?」とよくお聞きすることがありますが、「ネット検索で知って、ホームページやブログ(最近はInstagram)を見て…」とか「〇〇さん(前にお世話になったお客さま)から紹介されて…」というご返答をいただくことが多いです。

チラシの新聞などへの折り込みやポスティング… とにかく紙媒体を用いての営業活動というのは十数年以上していませんので、ネット検索によって、自然浴工房を見つけていただく… というのはウチの生命線となっていますが、お客さまから他のお客さまをご紹介いただく… ということも本当に多く、とーってもありがたいお話だと常日頃思っています。

一度お世話になったお客さまからのリピート工事というのも、常にあるというほど多くいただいておりますので…

感謝感謝… そして感激の毎日です!

 

今日もご新規のお客さまとの初回お打ち合わせの中で、いつも通りウチをどうやって知られたのかを伺ったところ

奥さまのお知り合いがタカショーさんで働かれていて、「佐賀の外構業者でいいところは知ってる?」と聞かれたら、「自然浴工房」という言葉が返ってきたからだそうです。

タカショーさんというのはウチでも取り扱いのある有名なエクステリア&ガーデンのメーカーさんなんですが、そのお知り合いというのは女性だそうで、私や山中さんとは全く面識のない方です。

タカショーのウチの営業担当である宮野さんだったら、なんとなく分かりますが、おそらく業務もしくは経理などを担当されている女性であろう方がなんでウチを… まぁ いずれにしてもありがたく嬉しいコトです。

 

前にもお庭にガーデンルームの設置を検討されていたお客さまが、まだ自然浴工房を知らない状態で、福岡市にあるLIXILさんのショールームに行かれた時で、そのお客さまの接客を担当されたショールームの女性スタッフさんが、「佐賀だったら自然浴工房さんがいいところですよ!」というようなことを言われて、そのままウチにお問い合わせをされたそうです。

先に述べた話と同様にショールームの女性スタッフさんとは全く面識がありません。

そのお客さまとはそれがきっかけでご縁がはじまり、敷地もお庭もとっても広いところで、最初のご縁以来… ほぼ毎年なにかしらの工事でお世話になり続けています。

これもありがたく嬉しいご縁です。

 

各メーカーさんの中で、私たち施工店についての横の情報のつながりとかもあるかもしれませんが、言わずもがな… 本当にありがたいお話です。

お客さまからだけではなく、こうしてメーカーさんからもご紹介をいただくということは、とても嬉しいですし、僅かなモノであっても信頼をしていただいてるのかな?と思うと、身が引き締まる想いと同時にそれからはじまるコトを考えるとワクワクもしてきます。

 

人と人とのつながりというのは、本当に大事なコトだと思います。

すっかりデジタルな世の中になってしまいましたが、そんな世の中だからこそ… アナログな人付き合いというのを大切に… 大事にしていきたいと思います。

| | コメント (2)

2019年9月24日 (火)

塩害が引き起こす植物へのダメージ

一昨日の夜に佐賀県に最接近した台風17号

あれだけの強風ながらも雨の少なさにそれとなく心配していましたが… 植物への塩害アリ!今日確信しました。

Img_7270
佐賀市大和町で撮った歩道沿いにある植栽ですが、南側のみ葉っぱの枯死が進んでいる状態です。

明らかにおかしい…

 

 

Img_7271
しかも反対の北面の葉っぱは元気なんです。これがどういうコトかと言いますと… 有明海のある南方向から台風が引き起こす強風にのって塩分を含んだ海水が吹き飛ばされてきたというコトだと思います。

同時期に雨が強ければ、その海水がそのまま雨で洗い流されてよかったんだと思いますが、雨の量が本当に少なかったので、葉っぱなどに付着した海水… つまり塩分が葉っぱを枯らしてしまったというコトです。

植物にとって塩分は大敵なんです。

 

 

Img_7273
同じ場所での街路樹のクスノキ… 南西方向に生えている葉っぱだけが枯れ始めています。

今日より明日、明日より明後日と更に葉っぱの状態は悪くなっていくものと思われます。

対処方法としては台風が過ぎて安全を確認してから直ぐに水洗いするのがいいと思います。2日後以降ではもう手遅れだと… 土中の塩分濃度が高くなるのも植物にとっては良くありませんので、最初は多めの水で洗い流した方がいいと思います。

 

今日は佐賀市内の川副町や北川副町、本庄町などの比較的有明海に近いお客さま数件に電話をしましたが、ドコも庭木の様子がおかしいということでした。

 

私も翌日の朝に塩害を疑って、即連絡をすればよかったと反省しています。すみません…

 

ただ… 余程の長時間停滞した台風に伴った塩害ではない限り、枯死するのは葉っぱだけという場合も多く、また元気になって新芽が出てきてくれると思います。

良くないのは庭木自体が枯れたと思って水やりをやめてしまうことだと思います。9月下旬とはいえ、まだ日中は30℃を超す日もあり、塩害により葉っぱを落とした庭木はまたがんばって新芽を出そうとしてきます。そのためには土の中の根っこから得る養分や水分は大切ですので、まだしっかりと水やりをしてあげて下さい。

ただし… 根っこ自体もまだ本調子ではありませんので、くれぐれも大量の水を与えたりしないようにお願いします。

 

塩害によってダメージを受けた庭木は目に見える葉っぱだけでありません。心身ともに疲れ切っている… 疲れ果てている状態です。

大量に肥料を与えることもNG!ヒトに例えるならバテバテの卒倒寸前のところに栄養ドリンクを無理やり飲ませて、とにかくガンバレ!と言っているようなもの… 一旦心が折れてしまっているので、そんな直ぐにはまだがんばれません!

 

長い目でゆっくりじっくりしっかり… そしてホンの少しだけサポートして… 温かく見守ってあげて下さい。

そしたらきっと… 前以上の新芽を出した立派な姿を見せてくれるはずです。

| | コメント (0)

2019年9月 8日 (日)

いいモノを… を目指しての論争

本日3組のお客さまとお打ち合わせをさせていただきました。

3組ともご夫婦揃われてのお打ち合わせ… お客さまご夫婦となるとお互いの意見が合わないといったこともたまにありますが、今日は皆さんそんなことはなく、私も含めてスムーズにお話を進めながら楽しい時間を過ごさせていただきました。

 

そしてその3組のお客さま全てにおいて工事のご依頼までもいただきまして、どうもありがとうございました!

 

 

お客さまとのお打ち合わせですが、その場所はウチに来ていただいたり、お客さまのご自宅であったり、現地とか… で、させていただくことが多いです。

お客さまのご自宅の場合はご夫婦揃われている場合が多いのですが、ウチの事務所や現地となるとご主人さんのみ、もしくは奥さまのみとなることも珍しくないです。で、お子さま連れとか…

今日のお客さまはご夫婦での意見が合って、お話もスムーズに進みましたが、たま~に全く意見が合わない… といったこともあります。

 

まぁ こっちが困り果ててしまう… というコトまでには滅多にありませんが…

 

最初は意見が合わなくても、各々の考えのメリット・デメリットをイイ感じに軌道修正して逆に良い感じになるということもありますが、ホントたま~にケンカみたいな感じになって割りと険悪な雰囲気になってしまう… といったことも過去には何度かありました。

そうなってしまうと私自身の立場としてはどちらか片方に肩入れしてしまうのもチトばかし躊躇してしまいます。

「ほら~ 島さんもそう言われてるじゃない!」と奥さまの意見推しに私がしてしまうとご主人さんの意見を潰してしまう… けどそのご主人さんの意見も調整すればイイ感じになるかもしれない。かといってプロでもあるし、アドバイスをしなければ自分がいる意味もないし、何より事態が収束に向かう気配も一向に見られない… といったコトで大いに頭を悩ませることもあります。

「もーよかっ そんない好きにせんねッ!」と、どちらか片方が言ってしまうようになったら、ノーサイドまで話を運ぶにはチト骨が折れるようになってしまいます。そしてこちら側もより的確なアドバイスが要求されます。跳弾で攻撃を受けることもあるかもしれない…

表面上は穏やかでも心の中では激しい戦いです。

 

まぁでも いいモノを… ということでのご夫婦の論争は大いに結構だと思っていますので、ご夫婦で意見が全く合わない!といった場合でもそのままの状態でウチに来ていただければと思います。

どちらの考えが正しいとか正しくないとかではなく、使い勝手・機能性・デザインをしっかり考慮したいいモノを… というところに無事に辿り着けるよう、しっかりアドバイスをさせていただきたいと思っています。

 

ややケンカみたいになって険悪な雰囲気になったとしても、帰りには満足していただいてニコニコして帰ってもらうのがベストかと…

そして工事完成時にはもっとニッコリしてもらうのが、私たちにとってのベストです。

| | コメント (0)

2019年6月23日 (日)

13年してきたんだ…。

このブログを始めたのが、今から13年前となる2006年1月からです。

独立起業して自然浴工房を始めたのが、2005年12月ですから、その翌月からブログを始めたことになります。

 

へ~ そんなにやってたんだ… となんか自分でもしみじみ思います。

長かったよーな
短かったよーな

 

これまでに書いてきたブログの記事数も今回で3,408件目となるようですが、コレが多いのか少ないのか分かりまへん…。

ただ… よー やってきたな~ 自分… と

その時に感じたり思ったりしたことをパパッとブログに書いてきたので、そんな大して苦もなくやってきましたが、それでも年に1度か2度ほどドーンと長く空けてサボったりすることもあります。

 

このブログはお客さまや同業者さん、メーカーさんや問屋さんにも見ていただいておりますが、長くやってきたからか長く期間サボったりすると「何かあったんですか?」とか「体調を崩されたんですか?」と心配していただくこともあります。まぁ 概ね単なるサボりの場合が多いようです。

ブログを更新しないのと仕事の忙しさは決して比例している訳ではなく、本当に… 手前勝手… 気分です。

反対に慌ただしい時こそ頻繁に更新しているような感もありますが、やっぱり更新率と上々な気分とは比例しているような気がします。

まぁ その~ やりたい時にやっているってコトでしょうかねー

 

ウチのホームページを含め、このブログもアクセス解析というのはほとんどやっていません。

9年ほど前に京都で「HPやブログでの集客」というようなテーマで全国の同業者さんの前でエラそうにお話をさせてもらったことがあります。

その時は司会進行役のディーズガーデンの永島さんという方が上手く話をまとめて下さいましたが、今だからいうココだけの話、HPやブログをビジネス的な戦略として… 売り上げに直結するツールとして… あんまり考えてやってないです。ホント…

やりたいコトやいいたいコトをやりたいタイミングで書く… って感じですが、長くサボった時も書きたいことがあったら過去に戻り書きなんぞもしております。

そんな感じでやっておきながら申し訳ないのですが、色んな方にこのブログを見ていただいているみたいで本当にありがたいです。

同業者の方からも「参考にさせて下さい!」なんてお言葉をいただくこともありますが、コレが参考になるコトなんてあるのけーっ!と、少々気恥ずかしくなることもあります。

 

まぁ 参考という言葉ついでにチョットこのブログのアクセス解析の状況を見てみると…

平均的な数字で、一日当りのページ表示回数(PV)が400~600、訪問回数(Visits)が200前後、ユニーク訪問者数(UU)が180前後って感じです。

ちなみにユニーク訪問者というのはウチの山中さんのコトではありません。1日にウェブサイトを訪問したユーザーの人数ってコトです。ただ山中さんがユニークな訪問者だということは間違いありません。

まぁ コレも多いのか少ないのかちっとも分かりませんが、1日に約180人の方がこのブログを見ているッ!と思うと、急になんかピリッとした気持ちになってしまいそうです。

 

ちなみに過去ブログ… 特に10年位前のブログ記事なんかは思いっクソ恥ずかしくて、自分でとても見返すことなんぞはできません。

調子に乗っていたり、エラそうなコトを言ったり、まー もうどの口が言うてんのじゃ!というようなことも書いていたりします。

 

ブログを始めた当初はそれを見る手段としてはほぼパソコンだったと思いますが、それが今じゃスマホが爆発的に普及して、このブログの閲覧の全体の80%がスマホ、20%がパソコンというような感じになっています。

更にスマホによる閲覧された方の内訳を見ると… iPhoneやiPadなどのiOSが53%、androidが47%といった感じでほぼ半々

なので、スマホで見てもパソコンで見ても見やすいブログ記事というのは常に考えて、これまで何度も試行錯誤を重ねて変えてきましたが、ようは同じ段落内の改行のタイミングというのがものっそい難しいです。

スマホ閲覧に主点を置いてやっていたら自分のスマホで見るとキレイに改行されて見やすい文章だと思っていたら、文字サイズの表示を大きくした人のスマホで見ると… まー 中途半端なところで改行されてて見にくいったりゃーありゃ~しないっ

ということで、最近は同じ段落内で改行しないてブログを書くようにしています。

多少パソコンでは見にくいかもしれませんが、この書き方の方がスマホで見る時に一番違和感がなく、見やすいような気がします。

 

そんなカンナで始めたこのブログ、おかげさまで13年以上も続けることができたのも全てココに寄ってブログを見て下さる方がいらっしゃるからこそです!

やっぱり「ブログ見てますよ~」とか書いた記事について何かしらの反応をいただけたりすると本当に嬉しいし励みになります。

いつまで続けられるか分かりませんが、どうぞどうかこれからも末永く見守って下されば… と思います。

| | コメント (2)

2019年3月15日 (金)

山あり谷ありの幸せ

 

昨日書いたブログ記事ですが、お客さまより
お庭や外構などのプランのご依頼をいただき
こちらが伝えたプラン作成期間の期日通りに
作成できない時があることをプロ失格だと
自分自身を戒め、少々落ち込んでいました。

その記事をUPして、30分後にいただいた
ブログのコメントに衝撃を受けました。

そのコメントはコチラです。
※ちなみにウチのお客さまです。

 

久しぶりに… 感激… 大感激しました!

人の言葉というのが、こんなにも自分の中で
強く大きく作用するものかと感じまして
反省の中にて、沸々と自信が湧いてくるような
想いになるほどに心を揺さ振られました。

コメントをいただいたなつのともさん
本当にありがとうございました!

こんなに励みになることもありません。

今日は嬉しくて、色んな人にいただいた
コメントを見せてしまいました。w

 

これまでも何度かココで書きましたが
ウチの自慢はお客さまご自身なんです!

工事が終わって、それからもお付き合いは
続くけど… 少しずつ… 少しずつお会いしない
期間というのが、いつの間にか長くなり…

そういった感じになっていても、また何か
あった時にはお声をかけていただける。

お知り合いをご紹介いただいたりとか…

そういった意味で本当にウチというところは
幸せモンなんだと頻りに思い感じます。

 

ホンの数日前にも13年前にお世話になった
お客さまから久しぶりにお電話をいただいて
ご実家のお庭のご相談をいただきました。

「相談できるのは自然浴工房しかない!」

というような嬉しいお言葉をいただきまして
やたらと感激したのを思い出しました。

 

そう言いつつも、ウチは山中さんとふたり
まだまだ未熟であり、不器用な奴らです。

ただ… 常に必死になって、一生懸命
楽しみながら やっているつもりですので
どうかこれからも応援していただけると…

嬉しいです!

 

全てのお客さまに均等に時間を使いたい
でも、その時間が足りなくて…

これは完全に私のみの努力不足です。

 

でも!今週は… 幸せになって ⇒ 凹んで…
⇒ 幸せになって! 終わりそうです。

なつのともさん、そして宮丸さん
どうもありがとうございました!

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019年3月14日 (木)

プロ失格か…

 

ウチは山中さんと私のふたりでやってます。

現場における作業はもちろん職人さんに
よるものですが、私たち自身も現場に入って
作業を行うこともたまに… 多々あります。

このふたりで行うのはプラン作成などの設計
見積り作成の積算、現場を運営する施工管理
お客さまとの打ち合わせ、私は経理なども…

まぁ やるコトがてんこ盛りって感じですが
慌ただしくも… 楽しくやっております。

 

ただお客さまからのお問い合わせが増えると
全てにおいて円滑に回して進めるとなると
ホンの少し… 難しくなることもあります。

初回お打ち合わせのお客さまにはプランの
作成期間を長めに伝えることもあります。

「〇週間ほどお時間をいただけますか?」

でも… その〇週間っていうのは
本当にアッ!という間です。

全く遊びのない… 休みひとつなかったとて
本当に… あっ!という間に過ぎ去ります。

 

そんな感じでなかなか期限通りにプランを
作成することができない場合もありますが
その期間には何かと計画を立てられていて
首を長くして待っていただいているお客さま
からすれば… プロ失格ってことです。

待つ方からすれば、特に長く感じますし…

本来であれば、その忙しさ度合いも計算に
入れて、期限通りに作成したプランなどを
お渡しするのがプロの仕事だといえます。

“できない期間を最初から言わない”

いつもコレで山中さんから叱られていますが
なかなかお打ち合わせの時に長過ぎる期間を
言うことができない気弱な自分もいまして…

でも結果、プランなどが期限内にできずに
ご迷惑を被らせてしまうようであったら
最初から正直に長めの作成期間をきちんと
伝えるのが、誠意のある対応だと思います。

 

バカだと言われてしまうかもしれませんが
なかなか自分自身このことが改善しきれず…

反省しきり… です。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019年3月12日 (火)

現場は生き動いている。

 

山中さんとワタクシ

とにかくよく… まーーー現場に居ます。

現場には設計図もあって、施工図もあって
ウチの図面を見慣れている職人さんも
図面があれば施工は進めていけますが
チョットした施工の妙?具合といった感じや
バランスやニュアンスなどを伝えるとなると
現場に居る必要性がすんごい高くなります。

例えるなら、僅かな曲線ラインのニュアンス
タイルなどの割り付けや加工位置、やり方
これらを最終的にきっちり納めるために
細かく正確に的確に職人さんに伝えるだけで
完成後の雰囲気が全く異なるといえます。

 

人工木ウッドデッキやタイルなどでテラスを
つくる場合で、その上にテラス屋根を設置し
その柱がデッキやタイルの途中に入る場合

テラス屋根は横方向に柱の位置を移動し
調整できるものが多いので、その柱の位置が
デッキやタイルの目地にくるのが理想です。

加工自体もし易く、つまり作業性も良く
当然見た目や仕上がりもスッキリ納まる。

そんな細部にわたるところまでを最初から
最後まで気にかけて仕上げた現場というのは
反対にそうではなかった現場と比べて…
差は歴然だともいえます。

そんなモンは自己満足かもしれませんが
私たちにとっての自己満足というのは
お客さまの満足に直結するとも言えます。

 

職人さんも丁寧な作業をしてくれますが
手の届く範囲での目線が主となりますので
私たちの少し離れた目線から気付くことも
少なくなく、その作業を終えてしまう前に
気付きを指摘して修正すれば、職人さんの
モチベーションを下げることなく済みます。

それほどモチベーションは大事ですからね~

 

現場は絶えず、生き動いているもの
たったひとりで全てを成すことはできない

手を貸し、知恵を貸し、みんなが協力して
一致団結してチカラを合わせてこそ
本当に良い現場ができるものと思います。

言い難いことでも気付きを伝えることは
結果的には思いやりだとも言えます。

 

今回は何が言いたかったのか…

んー ですね~ 私たちもただ何の意味もなく
現場をウロウロしてるんじゃなくってよ!

ってコトです。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月10日 (日)

値引きはしていただけますか?

 

えーっと… あの~ 本当にもうおかげさまで
ありがとうございますな今日この頃です。

今年に入って作成したプランやお見積りの
ほぼ全てと言っていいほど工事のご依頼を
いただいており、とにかく感謝の一言です。

毎度毎回いつもココで言っておりますが
お客さまには感謝の言葉しかありません。

どうもありがとうございます

 

…ということで、ココ数日はお客さまと
ご契約をさせていただく機会が多かったので
今回はご契約時における工事代金の値引き
ついて、少しばかり書きたいと思います。

 

まず… 既にウチとご契約済みのお客さまで
ウチに対して、値引き交渉というのを全く
しなかったけど、これってもしかしたら
言ってみた方がよかったのかな?

と思われているお方がいらっしゃったら
まずご安心いただければと思います。

言っても言わなくても… スミマセン
同じです。

言わなくて損ということはありませんので
実際の工事の中にて、値引き以上のモノを
つくらせていただくとお約束いたします。

 

前にも書きましたが、ウチは成約率が概ね
90~92%位で、これまでやってきています。

そして、ご契約やお打ち合わせの時などに
値引き交渉を口にされるお客さまが
約2~3%ほどいらっしゃいます。

例えば年間100件の工事件数があったとして
2~3組のお客さまということになります。

もちろん!値引きを口にされるお客さまが
良くないといったことは全くありません。

工事の内容や規模によって、価格も様々…
いずれにしても全てのお客さまにとっては
大きな買い物となる場合がほとんどです。

もしかしたら契約時には値引きがあるかも?
と、淡い期待をするのは当然だと思います。

私たち業者側に臆することなく、遠慮なく
値引き交渉をされて結構だと思います。

 

ただ…

ウチの場合は… 自然浴工房の場合は
実際の工事原価に対して、適正な利益と
いうのを計上し、見積書を作成しています。

ウチの見積書を見られたことのある方なら
分かられると思いますが、ウチの見積書は
事細かく明細を表示して作成しています。

アプローチ工事一式 20万円〔明細なし〕
車庫スペース工事一式 30万円〔明細なし〕

なんて、総額100万円を超えるような工事が
10行以下で終わるようなザックリ過ぎる
どんぶり勘定甚だしいようないい加減な
見積書というは一切つくっていません。

見積書の中にある商品の定価が分かる資料は
全てお客さまに分り易いように明示して渡し
定価に対し、実際購入価格が把握できるよう
工事の規模関係なく提出しております。

そういった感じで作成した見積書の中には
値引き代(シロ)なんてものは一切存在せず
値引きをしてしまうとただ単に自然浴工房の
利益が減るのみ… ということになります。

まぁ 一応は… ウチは私自身が代表でもあり
私に決定権があり、値引きするもしないも
私の権限で自由にすることができます。

しかし…

私の心の中にこれからつくるものに対して
値引きをしてしまうのは… というのがあり
それに加えて、職人さん達がこれまで培った
大事な技術というのを決して安売りしては
いけないという考えや信念があります。

 

ウチではご新規のお客さまに他社さんにも
いくつかプランを依頼して比較されることも
大事なコトなんですよ!と、しっかり説明し
それをきちんと伝えるようにしています。

それは各会社さんや担当者さんによって
また違ったプランや価格が出るはずですので
自身の外構や庭に対し、複数のプランを見て
検討するということはお客さまからすれば
プラスしかないとないと思えるからです。

お客さまが他にどういった会社さんがあるか
ご存じなければ、教えることもあります。

お客さまが他にご存じではない他社さんを
自ら同じ土俵に上げて、全く同じ条件の中で
勝負をするのは実はリスクでも何でもなく
負けないためへの大きな発奮材料となり
それはお客さまにとっての利
たとえ正々堂々と勝負をし、負けたとしても
得るものは大きいと考えているからです。

あ… 話が逸れてもうた…。

 

それでは… 今回の話の核心です。

「このいただいたお見積りの価格から
いくらかお安くなるんでしょうか?」

と仰られるお客さま 

値引きを全く口にされないお客さま

この両方のお客さまとの間に価格的な差が
絶対にあってはならないと思っています。

値引き交渉をしないと損をしてしまう
といったことは自然浴工房ではありません。

ただ値引き交渉をする行為が良くないと
いうことはないので、そこはお気軽に…

 

会社さんによっては最初から値引き交渉を
されるものと想定し、その分を上乗せして
見積書を作って渡されているところも
もしかしたら… あるかもしれません。
※いわゆる値引き代(シロ)を含んだ見積書のコト

そういったやり方をすれば、たとえ値引きを
されても全く痛くなく、値引きがなかったら
その分の丸儲けってコトになると思います。

そういったトコは会話の中から突破口を
見つけて、更に厚い皮を剥ぎ取って下さい!

ただそういった業者さんになると業者を選ぶ
選球眼を養うしかないとも… 言えます。

あ… また脱線した…。

 

最後に… 値引き自体はやろうと思えば
実は簡単にできるものでもあります。
※利益を失っても構わないということであれば…

ただ… そこはお金だけの問題ではなく
気持ちによるところが… 大きいです。

値引きに応じれば、モチベーションの低下と
いうのは少なからずあると思います。

逆にモチベーションの向上は最終的に
お客さまの利にきっと直結するはずです。

103万円を100万円ちょうどにして欲しい
503万円を500万円ちょうどにして欲しい

どっちも同じです。

応じてくれなければ契約できないという
ことであれば、ウチは潔く身を引きます。

 

それくらいの気持ちとプライドを持って
常日頃、緊張感を保ち積算を行っています。

自然浴工房が値引きをしないのは
お金の問題だけではありません。

気持ちによるところが大きいのです。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧