2018年3月28日 (水)

ご近所さんへの着工前のご挨拶は速やかにしなやかに…

現在施工を行っているお客さま宅の敷地前の
前面道路の幅が4mしかありませんので
工事車両などを道路に停めると離合できません。

最近の住宅地はほとんど6m道路ですので
この場合は道路に車を停めていても
大型車が離合できるほどの幅となります。

コチラの現場はその道路の奥(先)の方向が
袋小路になっており、お向かいさんを含め
6件のご近所さんに私たちの工事により、常に
ご迷惑をおかけするような感じになっています。

 

Knrn_001_2

ウチではこういった感じで、着工をする前には
工事のお知らせ(A4サイズ)を配布していますが
(裏面には分かり易いカラーの地図もつけています。)
ココは渡さなくても大丈夫やろーというトコまで
一応、念のために配るようにしています。

お客さま宅の両側、真正面とその両隣などの
隣接したところは基本ご近所さんに手渡しして
実際に顔を合わせて説明するようにしています。

今回の場合は先に述べた6件のご近所さん
全てにキッチリ説明をしておきました。

…で、工事を開始して約2週間経過

やっぱり実際にご迷惑をおかけしている状態

3台分の車庫スペースをつくりますので
お客さまや工事車両はそこに停めることが
できますが、台数に限界があり場合により
道路に車を停めることが… 多々あります。

ご近所さんが車で行き来して通られる度に
コチラの車を「スミマセンっ!」と謝りながら
その都度、移動させるといった感じです。

うん… こりゃ思った以上に迷惑かけとる
ホント いつもゴメンなさいです…。

 

その非常にご迷惑をおかけしている
6件のご近所さんに今まで言われたコト

「あら~ なんかいい感じにできてますね~♪」

「ウチの敷地に停めたっていいですよ~」

「こういうのはお互い様やけん気にせんでね!」

「なんか(工事の)邪魔してゴメンなさいね~」

おろ?なんだ?なんだ?なんなんだ?
怒られるどころか逆に謝ってもらってるのか?

なんなんだ?この良い人だらけのところは?
良い人エリアか?良い人ゾーン突入か?

 

もちろん日頃のお客さまのご近所づきあいが
よかったが故のことではあるんですけど
ご近所さんからよくよく聞けば住宅建築時は
住宅会社さんがキチンと近隣への挨拶を
していなかったらしく、実際に住宅会社さんに
苦情を言われたということもあったそうでした。

やっぱり工事前の近隣挨拶というのは
工事のお知らせをポスティングするだけではなく
ご近所さんにキッチリ会って、しっかり説明
しておくことが大事だと実感しました。

住宅地で工事を行う際は少なからずとも
ご近所さんにご迷惑をおかけするものだと
思うのですが、その対処を簡単に済ませて
おろそかにし、それが苦情にまで発展すると
結局のところはお客さまにまでご迷惑を
おかけする結果になると思います。

ご新築の場合は特にこれからそのお客さまが
ご近所さんと良いお付き合いをしていかねば
ならないのを私たちが工事に於いて苦情を受け
悪影響を与えるコトは絶対あってはならないコト

私たちはそのあたりも“しっかりキッチリ”考えて
やっていかなきゃーならん!と思ったのでした。

良いものをただ作りさえすればいいという
ような考え方ってーのは 正直つまらんです。

私たちに工事をご依頼して下さったお客さまに
喜んでいただくのは当然大事なコトなんですが
ただそれだけではなく、ご近所さんにも喜んで
もらえるような気概でやらにゃあならんとです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月25日 (日)

リード&ローデッキVS専用ステップ

ウチでもよく施工させていただいております
人工木ウッドデッキ“樹ら楽ステージ
(もしくは“樹ら楽ステージ木彫”)

 

Img_4519

コチラの施工のように一番上のウッドデッキの
下にリードデッキもしくはローデッキという
ステップやベンチとしての役割などをもった
低いデッキを施工することがウチでは多いです。

ウチの場合はほぼ… 提案させてもらってます。

 

 

Img_0854

こんな感じで、お庭へ行くところに部分的に
リードデッキを施工したり…

 

 

Img_0841

左側の玄関ポーチに行く面にも施工したり…

リードデッキの幅が広い故に使い勝手と
見た目の安心感が得られると思います。

 

 

Option_img_01

コチラは専用の“ステップ(2段)”となります。

価格(定価)は69,300円…
まぁ~ 結構なお値段となっております。

ステップ1段で58,200円、3段で90,400円
4段になると… なんと120,800円ッ

で、この専用のステップなんですが
ウチからコレを提案するなんてことは…

まずもってありません。
なぜか?価格が高いからか?

まぁ そういったこともひとつはあるんですが
もうただ単純に… 使い勝手悪過ぎッ!

高さのサイズも1~4段と4種類ほどありますが
そのそれぞれのステップがウッドデッキの高さに
必ずしも合うといった訳ではありませんので
そうなった場合はひっじょーに手間暇かかる
“加工”といったことが必要になってきます。

このステップ自体がまずほぼバラバラで
納品されますので、組み立てが面倒ですが
これが加工となると… まぁー面倒 <失敬!

そうなると当然このステップにかかる
労務コストも上がるので、使い勝手が悪く
それなのに材料費と施工費共に高くつく

ということで、ウチでは全く提案しません。

正直、見た目もあんまりよろしくない
“お、ねだん以上。”とも言えませんし… <失敬!

 

 

Kirara_005

ちなみに割りと良く出るウッドデッキのサイズ
“間口1.5間(2.7m)×出幅6尺(1.8m)”という
仕様で、2段ステップを使用した場合です。

(LIXILの見積naviでの画像となります。)

 

 

Kirara_004_2

コチラは上の図の専用ステップを使用した
場合の価格(定価)となります。

ちなみに295,320円となります。

 

 

Kirara_001

コチラは全く同じサイズで、リードデッキを
使用した場合のイメージ図となります。

 

 

Kirara_002

ちなみに土台となる骨組み部分はこんな感じ

本体デッキの①大引きにリードデッキ用の
大引きを接続しますので固定も確実です。

 

 

Kirara_003_2

で、価格は285,620円となります。

専用ステップを使用した場合より
9,700円 リードデッキの方が安いです。

どっちが良いのかはもう言うまでもなく
私だったら例え1万円リードデッキの方が
高かったとしても、リードデッキを選びます。

担当者の知識及び見解の不足によって
ステップが選択されるというようなことは
お客さんからすれば損しかないことです。

もちろんステップがぴったりハマるという
現場は別ですが… (あんまりないと思うが…)

ちなみに2段ステップと比較してリードデッキが
1段だったら“蹴上げの高さ”が1段少ないから
段差を上がるのがキツいやんッ!となりますが
確かに玄関ポーチやアプローチなどのところで
段差の蹴上げ高というのが15cmを超えてくると
確かにキツいと思いますが、それはその部分が
実際の生活上に於いて、一日何回も通るところで
あるためで、ウッドデッキはその場所に比べると
行き来をする頻度自体が極端に少ないので
蹴上げ高が25cmということになっても
ほぼクレームを受けるということもありません。

もちろんそのことは事前に説明もしています。

 

 

Kirara_006_2

ならば… ローデッキを3段仕様にしてみると

 

 

Kirara_007

土台の骨組みはこんな感じです。

この場合はそれぞれを接続せず各々が独立した
状態ですのでローデッキという扱いになります。

ちなみにこの場合で359,620円となります。
さすがにコレが一番高くなってしまいます…。

 

 

Navi_001

尚、LIXILさんの“樹ら楽ステージ”だけではなく
他の各メーカーさんからも(↑)の“見積navi
のような人工木ウッドデッキなどの設計や積算
部材の拾い出しなどをホントに簡単に作成する
システムがありますので、チョットした仕様の
変更やオプションその他 諸々の追加なども
簡単に拾い出して算出することができます。

ウチではこういった人工木ウッドデッキや
ガーデンルーム、テラス屋根、テラス囲いなどは
よほどのよほどで、よほどの特殊納まりなんか
じゃない限りは自分たちで しっかり現調して
部材を拾い出してから商品コード発注しますので
まず自身の知識も上がり、正直 間違いもない

チョットした変更なんかも自分でできるので
ササッと素早く見積りなんかを作成できます。

これら一連の流れをメーカーさんや問屋さんに
依存している人は… 少しの変更であっても
自分で出来ないので… メーカーさん ⇒ 問屋さん
という流れで、積算したのが上がってくるまでは
お客さんに見積りを作って届けることができない
(もしくは明細を誤魔化してテキトーに作っている。)

ということになってきます。

なんかもう… 時間の無駄 無駄 無駄ァ!

 

なんかハナシがだんだん逸れてきましたが
よくメーカーさんや問屋さんの営業の方と
お話をするんですが、毎日毎日本っ当ぉーに
夜遅くまでお仕事をされていらっしゃいます。

施工会社に振り回されて… ということも多く
メーカーさんは問屋さんにも振り回され…
ということも多々多々多多多あるみたいです。

先に触れた“見積navi”なんかのシステムも
一旦覚えてしまえば、なんてコトないもんです。

ガーデンルームの特殊納まりとかであっても
理屈さえ理解してれば、パパッと10分でOK!

人工木ウッドデッキなんかは数分です。

それをスキル不十分の施工会社の担当者が
自分でやりゃあいいモンをそれをせずに
忙しい云々のしょーもない理由をつけて
メーカーさんとかに丸投げするもんだから
メーカーさんや問屋さんの仕事自体が
山積し過ぎて、ホント見ていて可哀想です。

ちーたぁ 自分で勉強して覚えろやぁッ!
しかも短時間で済むモンだしねーっ

商品のクレームにしたって、自分自身に
商品の知識があれば、しっかり対処できろーに
それをいちいちメーカーさんの商品だからって
呼び出して、お客さんに説明させるって…
てめーのお客さんだろがいッ
ちぃーたぁ勉強して自分で説明せいッ

まぁ それがメーカーさんの仕事… だと
言ってしまえば、それまでなんですが
メーカーさんや問屋さんだって施工会社がある
数だけ それ以上に対応しなきゃならないし
とにかく忙しくされてんだから それをいちいち
エラそうに <失敬! 呼び出すなっての
責任感とプライドがありゃあ 尚更のコト!
(あー なんか一風変わった年寄りみたいだ…。) 

…と、常日頃よーく思っています。

あー 今日はお口が悪ィです…。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年9月25日 (月)

道路側溝清掃を極めし者

エクステリア工事(新築住宅外構)を 施工する時に

前面の道路には 道路側溝がある場合が多いです。

(工事の内容に限らず、住宅地では大概 側溝がありますが…)

 

その側溝のタイプには 側溝本体と同じ幅寸法の蓋が

そのまま のるような感じの「上蓋式」がありますが

最近の住宅地では VS側溝などの「自由勾配側溝」や

「落蓋式」の側溝が ほとんどではないかと思います。

 

割合的には「落蓋式」が、7~8割って感じのような気がします。

(L型側溝もありますが、最近の住宅地では ほとんど見かけません。)

 

Sokkou_2

左から 「上蓋式側溝」「自由勾配側溝」「落蓋式側溝」

 

宅地造成工事の時に これらの側溝の布設作業を行われ

その住宅地が売れて、住宅会社さんにより 住宅建築工事

そして、その後に施工されるであろう外構工事までの間には

その側溝本体と蓋とのわずかな隙間から 結構な量の土砂が

降雨などによって、水と共に側溝内部に流れ込んでいきます。

 

外構工事を開始する時点では、もう隙間には 土や砂などが

ぎーっしり… 詰まっています。 もう ほとんどの場合…

 

 

Road_01_02_2

特に この赤いラインの隙間は びっしりです!

 

道路の表面排水勾配というのは 縦方向の縦断勾配の

他に横方向にも流れる横断勾配というものがありますが

高さでいうと ちょうど道路の半分のところが頂点となって

そこから 家側にある側溝に向かって、雨水などの水は

流れていきますので、この赤いラインの隙間が詰まると

中央の蓋を外す時に使う穴からしか水が流れ込みません。

 

 

Img_1744

チョット前フリが長くなりましたが、何が言いたいのかと言うと

ウチでは その道路側溝の蓋を外して、よく掃除しています。

 

まず蓋を1枚外すのに チトした要領と結構なパワーを使います。

 

 

26_6_s

なんてったって 蓋1枚の重さは約50kgのコンクリートの塊

 

1枚 外すと後は少しばかり楽ですが、それでも 1枚50kg…

決して 楽じゃあ ありませんッ

宅地1件分となると かなり疲弊しきってしまいます。

角地なんぞになると… 2倍の量

真夏にやると…  もう それだけで、試合終了です。

 

だいたい いつも私が自分でやっているのですが

(職人さんや ウチの山中さんとかからは「オイオイ 無理すんなよっ」

ってな感じで いつも見られていますが… 飽きれ?それとも感心?)

 

大変だけど とにかくコレをやると… 気持ちいいッ!

雨が降ると じゃんじゃん側溝が雨水を飲み込んでいきます。

 

ホースで側溝に向かって水をかけると これがホントに川の

せせらぎみたいな いい音を立てて飲み込むんですよね~♪

 

工事時のメリットでいうと 生コンクリート打設の時なんかは

道路をブルーシートやポリカーボネートなどで養生をしますが

それでも 汚れてしまう時がありますので、道路を水で洗った時に

側溝の隙間に土が詰まっていると 水が側溝を超えてしまって

向こう側の まだやわらかい生コンクリートに触れてしまう…

ということが、本当に全くなくなります。

 

この作業は 私が勝手にやっていますので

当然、お客さまから お金をいただいたりもしません!

 

 

Sokkoua_002

なにより 土や砂が詰まっていないと見た目もいいですし

(こんなトコ あんまり「ジーッ」と見る人もおらんでしょうが…)

そりゃあ もー 排水だって 気持ちいいほどに バッチリだし

お客さまだって きっと… よろこんで下さるはずッ

 

たぶん 外構関係を施工する業者で、こんなコトやってんのは

おそらく佐賀ではウチぐらいなモンでしょうが、お客さまは…

「ウチの側溝の隙間は とってもキレイなんですよ~♪」 と

ご近所さんに 大いに自慢できるはずッ! <ないかー

 

んーーー ただの独りよがりな自己満足なのか!?

いや… 「それで いいのだ!」

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 9日 (日)

じっくり煮込んだプランを…

4月も「アッ」という間に三分の一が経過しようとしています。

お正月がつい最近の出来事だったかのように…

時間と老いが加速しているように感じる今日この頃です。

 

さて… おかげさまで本当にたくさんのお客さまからの

お問い合わせや工事のご依頼をいただいております。

同じ佐賀県内の施工エリア外、そして県外からもご相談を

いただくこともありますが、施工を行うのが難しいために

大変申し訳ありませんが、お断りをさせていただいております。

ただ… その場合は信頼ある同業者さんを紹介いたしますので

本当に親身になってご相談に乗っていただけると思います。

 

そんなカンナで現在、日中は現場を管理する時間… そして段取り

プランを作成する時間が もう少しあればなーという感じです。

プランを描くのも単純に考えていいのであれば サラサラッと

10分とか20分程度で、ラフプランくらいはできるのですが

そこはひと工夫もふた工夫も こだわってやりたいところです。

 

 

Img_2527

コチラは エクステリア工事におけるラフプラン初期の状態です。

これだけ見ると何が何だか全く分からないと思われますが

見栄えの良いところに植栽を3ヵ所ほど配置し、玄関ポーチ上の

ダウンライトとのバランスを考慮したLED照明の配置及び計画

自転車置場への 自転車の出し入れがスムーズにできるように

通路が片道ではなく、出入り口を2ヵ所ほど設けるということ

道路側から 玄関ポーチへと誘導していく床面のライン

などなど… を考えたラインのみのラフプランとなります。

この手描きの作業から CADを使って平面図や立面図を作成し

様々なアングルからのイメージパースをつくっていきます。

プランにおけるラインの描き方も 実に様々です。

人や車、自転車などの動線を考えて… お客さまのお好みや

建物の雰囲気に合うか否か、色合いはどうか…などなど

私自身は曲線のラインが好きなようで、結構 スラスラッと

描けることが多いのですが、直線的なラインのプランだと

単調になり過ぎないように考えて割りと苦戦したりもします。

まぁ そんな感じで考えながら描くのは楽しいんですけどね~

初回プランを見られた時のお客さまの反応を想像するのも♪

 

そういったプランを気に入っていただいて工事のご依頼を受け

そんな想いでつくったプランが、常にドコかでカタチになっている

そんなことを思うたびに 楽しく… そして幸せな気持ちになります。

お客さま、そしてご近所のみなさん、大切な職人さん

メーカーさん、問屋さん、園材及び建材関係さん

そして その資材を現場に配送して下さるドライバーさん

もちろん ウチのスタッフの山中さん、家族 などなど…

こういったことを考えるたびに 改めて色んな人への

感謝の気持ちまでも 沸き起こってきます。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月18日 (土)

夢をカタチに…

現在、お客さまとお話しを進めているところの

お庭のプランをちょこっとご紹介させていただきまーす!

まだ施工をしていませんので、イメージパースとなります。

Y_001

お庭のド真ん中にデザイン物置「カンナ D125」を ドカッと設置

その後ろの向こう側にはお向かいさんの勝手口がありますので

その部分の目隠しを兼ねての「カンナ」の配置としています。

 

 

Y_002_2

リビングの外側に設置したのは ガーデンルーム「ココマⅡ」の

ガーデンルームL字腰壁タイプ+サイドスルー腰壁タイプ

前面パネルの内側にはロールスクリーンがありますので

プライベートな空間としての活用時は それを降ろせばOK!

それから 収納網戸があるので、夏場にガーデンルーム内の

風通しを良くするために 折戸パネルを開けたままにしても

収納網戸を閉じれば 虫などの進入を防ぐことができます。

もうひとつ 洗濯物を干す時は可動竿掛けを使って行います。

来客時など 洗濯以外の用途の時は取り外すことができます。

ココマⅡ」の前にあるのは お洒落な立水栓の「リリー

植栽の近くに配置していますので、植物への水やりも楽チン!

ホース用の補助蛇口もあり、立ったまま使えるのがいいですね~

白いタイルテラスはリビング、ダイニング、キッチンの勝手口を

広~く 外側でつないで、渡り廊下のような感じにしています。

 

 

Y_003

境界沿いには 白い木調樹脂フェンス「アルファウッド」を

高さ1.6mにて お庭を囲みこむようにして設置しています。

白(アイボリー)なので、高い目隠し効果をもちながらも

圧迫感を感じないような 爽やかなつくりになっています。

 

 

Y_004

現状として 雑草の繁茂や水はけの問題があるとのこと

芝生は人工芝ですので、「カンナ」の隣には小さなお子さんが

遊べるように 土のところを少しですが… 残しています。

将来的にはココは花壇や家庭菜園にも簡単に変換可能です!

 

 

Y_005

上からのアングルはこんな感じです!

ライティング照明は3ヵ所あり、夜は室内外 どちらからも

素敵な景色が見えるように照明を計画… 配置しています。

あ~ よかねー♪

 

 

Y_006

玄関ポーチ前にある既存の門袖壁をキレイに撤去して

こんな曲線のあるデザインにてプランニングしてみました!

正面から見ても 上から見ても 曲線ばかり… 職人さん 大変!?

ココはスタッフの山中さんのCAD技術を褒めて下さいね~

(ちなみに山中さんの最新のブログ記事が今日UPされました!)

 

普段、ココでは施工途中の現場の写真ばかりなんですが

これから こんな感じで、プランやイメージパースを見てもらって

「ココはこんな意図があって こうしている!」

「ココをこういうデザインにしたのは こういう理由がある!」

的なことを 私なりに楽しみながら伝えていきたいと思います♪

いやー でも、ホント… お客さまの夢をカタチに…

色々考えながらプランを練って描いて、そして現場でカタチにする

これが毎日ドコかで、つくられているっていうのは本当に楽しい!

特にプランでいうと 初回プランを練っている時がたまりませんッ

それをどんな感じで、お客さまが見て、感想を言って下さるか…

もー 毎回、わくわくドキドキですッ!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月10日 (土)

まだまだ… だから楽しいんです!

先日、同業者さん総勢12名で忘年会を行いました!

(男性8名、女性4名… ドコも女性が大活躍してまーす♪)

 

施工エリアが異なる県外の同業者さん… というのではなく

ガッツリ商圏が重なった方たちとの楽しい食事とお酒でした。

 

こんな感じの交流をはじめたのは3~4年くらい前から

商圏が重なるということはもちろん仕事の面では「ライバル」

だけど 足を引っ張り合うとか値引き合戦、安売り合戦して

やっていこーッ!なんて話はちぃーっともありません。

 

外構やお庭のプランについての考え方を教えたり教えてもらったり

この業界の「あるある」ネタで大いに盛り上がったり

まったく仕事に関係のない話(バカ話なんてのも)で爆笑したり

クソ大真面目に仕事の話をしながら お互いに刺激を受けたり

本当に同じ志をもった良い仲間に恵まれたなぁーって思います。

 

私たちがお互いに情報交換などをしながら高め合うってことは

必ず生活者さんの利益につながっていくことになると思います。

 

ひとりひとりが確実にレベルアップすることによって

より良いプランやデザインを考え、そしてつくることができる。

より良い機能性、使い勝手、生活者さん観点からの提案ができる。

自身の苦手な分野を補ってくれるアドバイスを受ける

自身の得意な分野を更に伸ばしていけるアドバイスを受ける

意識の高い人による助言により伸び代の器は更に大きくなります。

 

そんな集まりの中で学ばせてもらえる自分は本当に幸せです!

 

年齢的には私は上の方ですが、学ぶべきことはまだまだたくさん

今なお45才という年齢になっても伸び代があるって信じたいです。

 

本当に心から楽しく… またかけがえのない時間でした。

 

同じ年代の人、ひと回り… またふた回り近く年齢が下の人からも

色んなことを学ばせてもらい、また刺激もいただきました。

 

ホンっトに感謝ですッ!

ありがとうございましたーッ!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月13日 (土)

リピート工事に感謝です!

ウチでは一度、工事でお世話になったお客さまから

再び 2回目、3回目などの工事のご依頼…

つまり 『リピート工事』のご依頼というのを

とにかく本当によくいただいております。

 

いつも いつも ありがとうございます!

嬉しいご縁を引き続きいただき 大変感謝しております。

 

Dsc01630

…で、これまで全体の工事の中での 『リピート工事』の

割合というのを算出したことがなかったのですが

昨年、とあるメーカーさんの担当の保っちゃんという人から

ウチの活動事例のレポートを詳細にまとめるということで

いっちょまえに わたくしめが取材を受けることになりました。

(しかも A4サイズで、全16ページのレポートでした!)

 

 

Dsc01631

その時に『リピート工事』の割合というのを尋ねられましたので

過去、2年分の全体の工事の中での割合を算出してみたところ

2013年から2014年で、30%から40%(3割から4割)ありました。

 

ちなみに昨年(2015年)の集計は 44%となっていました。

 

年間100件の工事をした場合「44件」が『リピート工事』ということ

うーん… 改めて集計してみると これはかなり嬉しい数値です!

 

一番多いケースは 最初に住宅を新築された時に

エクステリア(住宅外構)でお世話になりまして

その後に(2~3年後くらい?)ガーデン(お庭)工事や

タイルテラス、ウッドデッキ、ガーデンルーム、テラス屋根

などを使った 主にリビングの外側のガーデンテラス工事

カーポート、駐輪場の後付け施工、物置の設置など

2回とか3回… もっと多いお客さまで、5~6回以上も

ありがたいご縁をいただいたお客さまもいらっしゃいます。

 

2回目以降も お声をかけていただけるということは

それだけ信用していただいて、またウチに期待をされて

おられることだと思いますが、その分 プレッシャーも

ないといえば嘘になります…が、そんなプレッシャーさえ

心地良く感じる 『リピート工事』のご依頼と常に感じています。

 

まだまだ行き届かないところが多々ある「自然浴工房」ですが

こうして再びご縁をいただくことは嬉しくてたまらないことです。

 

まずはそういったことに決して驕ることなく 私たちなりに

『楽しみながら」 これからも頑張っていきたい所存です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月15日 (火)

嬉しい… ただ嬉しいです。

今から ちょうど1年ほど前にココのブログ記事の中で

数年前にリ・ガーデン工事をさせていただいたお客さまの

ところの娘さん(当時中学生)が、初回のお打ち合わせから

工事 ~ 引き渡しまでの様子を見て 色々と感じられ

将来はこういった緑などに関わるような仕事をやりたい!

…と、高い関心を持たれたことを お客さまから聞いて

嬉しかったーーーっ! というようなことを書きました。

 

そういった出来事から 5年ほど経過しまして

最近、そのお客さまからお友達をご紹介していただきました。

Mさま… Iさまのご紹介は誠にありがとうございました。

…で、その時に娘さんの近況を聞いてビックリしました!

 

今は大学生だそうで、環境土木関係の学科で街づくりの

コンサルなどを学んでいるんだそうです。

「うちの庭造り(島さん)の影響ですよ!」 と…

これは… ホンっトにすごーーーく嬉しいですね~

影響とはいっても ホンの少しかもしれませんが…

 

将来は官公庁か、設計事務所… コンサルとか

どういった分野であれ 彼女が活躍していることを

考えると今から本当に楽しみで仕方がありません。

きっと素晴らしい技術屋さんになるんだろ~なぁー♪

 

そして… このお話を聞いて、また改めて

この仕事に対して誇りを感じました。

 

まだまだ… まだまだなんです。

頑張ろう!

 

今度は私が影響を受けました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月17日 (土)

なんか今日はビックリしました!

『佐賀市のN様邸』 エクステリア工事 (外構工事)

レンガ貼りや雑草対策などの作業を行いました!

Dsc00906

週明けの半ば頃には植栽や化粧砂利の敷き均しなどを

行いまして、今回の工事は完了となる予定です。

 

 

今日は朝一にN様邸の現場の確認を行ってから

事務所に戻り、午前中はプランニングなど行いまして

午後から 新規のお客さま、リピート工事のご依頼の

お客さまの2組さまとのお打ち合わせを行う予定でした。

 

…で、お昼頃にエクステリアリフォーム工事(外構改修)を

計画されている新規のお客さまからのお電話があり

その30分後にはリ・ガーデン工事(お庭の改修)を

計画されているお客さまからのお電話もありました。

 

そして2時から 予定していた新規のお客さまとの

初回お打ち合わせがありまして、なんとその最中に

エクステリア工事(新築住宅外構)を計画されている

お客さまがご来店… まだ途中でしたので資料をお渡しし

週明けに日にちを決めて来ていただくようにしましたが

せっかく来ていただいたのに本当に申し訳ありませんでした。

 

…で、15時半から 予定していたお客さまとのお打ち合わせ

そして それが終わった直後にエクステリア工事を

計画されている新規のお客さまからのお電話があり

その後に月曜日に着工する現場の準備のために

外出しようとする前にPCでメールチェックすると…

人工木ウッドデッキを計画されている新規のお客さま

からのお問い合わせメールが届いていました。

 

 

うわぁー なんですか? 今日は?

 

ウチはチラシや地域情報誌などへの掲載といった

紙媒体での営業活動というのは全くしていませんが

今日はチラシとか配ったっけ? いや ないない…

 

12時から16時までの4時間足らずでのお問い合わせが

電話で3組さま、ご来店で1組さま、メールで1組さま

全てが全くはじめてのご新規のお客さま

 

正直、短時間で 本当にたくさんの方と色んなお話をして

頭の中で その内容がごっちゃ混ぜになるところでした…。

(もちろんそのあたりは大丈夫ですので!)

 

しかも 今日は現調の途中に突然消えてしまい仕事を

放棄して栗拾いを30分近くもする人も お休みでしたので

さすがにひとりで オタオタうろたえまくってしまいました…。

 

ただ… こうやってお問い合わせをいただくということは

本当に嬉しく、また本当にありがたいことなんですが

悲しいかなウチはたくさんの物件を一気に消化する

能力というのが、人員的にも考えて スゴく厳しいですので

いつもプランをご依頼いただいたお客さまを

長くお待たせしてはご迷惑をおかけしています。

 

時間を貯めることができるのならば寝る時間を貯めて

それをプランニングの時間にあてたいところです。

 

本当に時間がいくらあっても足らない感じです。

(ただ楽しくさせてもらっているので苦痛はナシです。)

 

現在、プランをご依頼いただいたお客さまで

2ヶ月以上、3ヶ月以上とお伝えしたりしていますが

期間を超えて 大変ご迷惑をおかけしたりもしています。

 

ご新規のお客さまから たくさんご相談をいただいて

浮かれまくっている場合でもありませんので

(もちろん浮かれたりは一切しておりませんので…)

このまま件数だけを増やしていたら、ほぼ全ての

お客さまにご迷惑をおかけしてしまいますので

今晩一晩 もう一度自分なりに考えて おそらく年内の

ご新規のお客さまからのお問い合わせに対しての

受付というのをストップさせていただこうかと思っています。

 

う~ん 本当に悩みますが… 難しいところです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月18日 (木)

スゴイぞ!山中っ!

通常、ウチでは左官作業を行う場合は大抵ひとつの現場を

2人位の左官職人さんで行う場合が多いのですが

2~3台分の車庫スペースのコンクリート打設を行う時は

3~4人位の左官職人さんの人数が必要となりますので

その時は他の現場での作業を一旦止めてから

3~4人位でコンクリート打設を行うようにしています。

今日も2台分の車庫スペースと十数㎡のウッドデッキ下の

コンクリート打設を行うようにしていたのですが

どうしても他の現場の作業の都合上、止めることが

出来ませんでしたので、私とスタッフの山中さんとで

その生コンクリート打設をお手伝いすることにしました。

 

Dsc01171

頼もしい山中さんの後ろ姿です。

昨日の夕方今日のコンクリート打設の話をしたのですが

さすがに5立米近い(2人で運ぶので半分の2.5立米)

生コンクリートを運ぶのは女性では大変だろうと思って

事務所に残って図面を書いているようにと伝えたのですが

「私だって戦力になるんですからね~っ!」みたいなことを

ガァーッと山中さんに言われてしまいましたので

それじゃあってコトで、この作業をお願いしました。

 

 

Dsc01172

一輪車1台分の生コンの量っていうのは女性の力では

かーなり… そしてと~っても しんどい重さだと思います。

生コンクリート屋さんにお願いして、一輪車に入れる

生コンの量を彼女の分だけ少なくしてもらいましたが

ただこうやってチカラのいる型枠の上の道板を通す時や

 

 

Dsc01173

生コンクリートをこぼす時は職人さんたちが山中さんに

すんーごい優しくエスコート? いや加勢してくれます。

生コンクリート屋さんのおじさんも「急がんでよかけん

ゆっくりよかよ~!」と同じく優しいお言葉を…

とはいっても約一時間ほどかかった生コン運びを

ホンっトにがんばって最後までやり遂げてくれました!

途中、様子を見ながら途中でやめさせるつもりでしたが

そのがんばりとヤル気と根性を見て、私なりに

大丈夫だと判断し、最後までやらせることにしました。

いや~ よーく がんばりました! ホント…

 

 

Dsc01176_3

ただやっぱり多少は堪えたようでした…。

いやいやでもやっぱりエラいっ

これまで何回かは運んだことはあったと思いますが

今日のように一時間近くも ぶっ続けでやるのは

さすがにキツくてしんどかったと思います。

あの細い身体のドコにあんなパワーがあるのか…

今回は本当に脱帽してしまいました。

 

 

Dsc01179

作業が終わってからもこうやって誰に言われることもなく

道具を洗ったり片付けたり… 感心感心 ホント感心!

普段はこうやって現場で見かけることが多い彼女ですが

今、ウチで書いているCADを使った図面やパースなどは

私が手描きで書いてから全て彼女がつくってくれています。

(もちろんその中には彼女自身のプランもあります。)

プランを見たことがあられる方は分かると思いますが

その図面やパースのクオリティの高さや細かさは

本当に素晴らしいものがあると私は思っています。

今は地道に色々なものを積み重ねている途中ですが

いつの日か佐賀で… いや九州、いや全国でも

有名なプランナー、そしてデザイナーになってくれると

私は思っています。 まじで…

(本人にその野心と欲がないのが残念だけど…)

自分トコの人間をあんまし褒めるのもおかしいですが

ガンバレ! 山中っ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)