2019年3月17日 (日)

自然な雰囲気を残した小道

ウチで過去に施工したお庭の中にある
園路の写真を色々と見返していたら…

 

Dsc02637

数年前に施工したお客さまのところの
園路を久しぶりに見つけました!

枕木、レンガ… 全てコンクリート製です。

また植栽がチラチラあるのが、いい感じ♪

 

 

Dsc02638

歩行性は決して良くありません…

ただココはメインアプローチではないので
お客さまのご要望に沿う感じのご提案を
させていただいたのを思い出しました。

 

 

Dsc02643

自然な雰囲気というのを残した小道…

随所に植栽をからめた園路というのもいいです。
何よりつくっていて楽しいですしねー♪

しばらくこんな感じの施工をしていないような
気がしますが、またやってみたいですね~

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月27日 (日)

絶対なる土づくり大臣

え~ ウチの山中さん

たまに私とばっちばちケンカします。

ウチに来た頃はチョット叱っただけで
オイオイとお泣きになられていたのが
経験を積んだからか… 自信に溢れてか…
対立すると真っ向から勝負を挑んできます。

まぁ 経験の積み重ねや自信がつくのも
私にとっては嬉しいコトなんですけどね!

 

…で、そんな感じでいざ言い合いが始まると
絶対に考えを曲げない折れない話を聞かない

まーーー 流石にハラが立つこともありますが
最後には大抵私が折れるような感じになって
好きにやらせているような気がします。

 

会社員時代の上司からよく言われたこと

技術論争 大いに結構!
しっかりケンカしてこいッ!

 

…で、つい最近のコトです。

お客さま宅にて植栽作業を間近に控えた頃
「あー 土づくりしてぇ~」
「いつから土づくりしてよかとぉー?」

もう… ホント… なんなんだ?
なんでこんなにウズウズしてんだ?

現場に一日連れて行かずに事務所で
丸一日、図面なんかを書いてもらっていると
夕方戻れば結構ストレス溜めた感じで睨まれる。

どんだけ現場好きなんかと

ただ… 外は好きだけど、オールシーズン
フルフェイスサンバイザーなんすけどね…。

 

そしてようやく土づくりを解禁させると
「もー ココにおらんでよかよ!」
「はよー 別の現場に行きんしゃい!」

と、土づくりに専念するためか集中したいのか
現場にひとりで居たがるようになられます。

…で、ほぼ丸二日土づくりに没頭されました。

途中何度か様子を見に行くと

「やめろと言われても、やめんけんね!」

…で、また見に行ってから 「もうよくない?」
なんてコトをつい口走ってしまったりすると

「なんて言いよんねッ!」

「この土の中の状態ば見てんしゃい!」

ひえぇーっ! まさにラリっとる状態
豊かになった土を見て、ラリっとる!

割りと広い植栽範囲の表面の土を20cmほど
掘り起こすとその下にはガッチガチに固まった
砕石の層が出てきて、それを全て取り除くと…

そして、そのやり方において口論勃発!

ココで思うように自由に根を伸ばせない
植物たちが可哀そうだ!と仰る

もー なんかいっぱい喋ります。

そう… 山中さんが言うのは全て正論
間違ってない、ただ… なんかハラが立つ

効率云々を言いたいのですが、植物的な
生命的なコトを言われたら、もう何も返せない

そして、最後まで好きにさせました。

 

山中さんの仕事ぶりを見ていたお客さまや
お向かいの奥さまは感動… もう大感動!

お客さまから言われて最も嬉しかったのは
「みなさん本当に目が活き活きとされてて
仕事を楽しそうにしていらっしゃいますね~」

ウチの土づくり大臣は活き活きとした目が
一周周って、サムライみたいな目になってます。

でも、うーむ… 一言二言なんか言ってやりたい
気もないっちゃないですが、もうなんかいい

今後は完全に好きにやらせようと思います。

 

ただ… ただね… もしかしたら傍目には
私が指示して、その作業をさせているように
見えるかもしれないので、自分の意志のみで
コレをやっている!
と発信しながらやってね。

後生だから

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月19日 (月)

グレヴィレアがくるッ!

『佐賀市のS様邸』エクステリア工事
〔新築住宅外構〕

アプローチ際の花壇に植栽を行いました!

 

Img_4043

シンボルツリーは常緑ヤマボウシとなります。
別名をホンコンエンシスといいます。

5~6月頃に咲き誇る白い花もとてもキレイで
単一植栽でも存在感ある人気の庭木です!

いやー でも、こうして緑が入るといいですね~
雰囲気も一変… ホントいい感じになりました!

 

 

Img_4045

そして、その常緑ヤマボウシの足元には
7種類ほどの地被類を植え付けています。

マホニアコンフューサ、フイリヤブラン
フッキソウ、アジュガ チョコレートチップ
アベリア カレイドスコープ、アベリア ホープレイズ

そしてS様からのリクエストで、ブラックパール
(観賞用トウガラシ)を使用しています!

どの植物も年内の花期は過ぎてしまいましたが
それでも各々の葉っぱの色などが異なっており
彩りが鮮やかな雰囲気にまとまっています。

 

 

Img_5586

さて…こちらは先日、第一園芸センターさん
にて新しく仕入れられた色んな植物たちを
見せてもらった時の写真となります。

 

 

Img_5591

グレヴィレア ロビンゴードン

第一園芸センターの若社長さん曰く…
「今年はグレヴィレアが来るッ!」だそうです。

品種によってはシンボルツリーとしても
イケるそうなので、ウチでもひとつ購入して
育てながら様子を見てみたいと思います。

 

 

Img_5592

ちなみにこんな花が咲くそうです!

春から秋にかけて、一年間を通して
花を咲かせます!ってコトが書いてあります。

 

 

Img_5588

他にはこんな色を咲かせる品種も…

グレヴィレア ゴールデンユーロ

シンボルツリーに最適です!だそうです。

 

 

Img_5590

グレヴィレア ハニーワンダー

斑入りの葉っぱがまたいい感じですね!

まぁ どんな感じでこの植物が育っていくか
お手入れは簡単か… 難しいのか…
ウチでチョット様子を見てみたいと思います。

 

 

Img_5593

他に気になったのは…

 

 

Img_5594

ロフォミルタス マジックドラゴン

名前がチトばかし中二病がかっていますが
性質は半日陰でも生育良好、強健で手間いらず
それでもって、成長の早さなんかについては
大きくなり過ぎないということになっています。

これもいっちょウチで育てて試してみるか!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 1日 (土)

第1位 ~ 庭の手入れが大変!

不動産や住宅サイトを運営するSUUMO
実施した住まいや暮らしに関する調査

住んでみて分かった住まいの不満点は?
【一戸建て編】

 

Takako115

第1位は… 庭の手入れが大変!

というのが、2位を引き離しての堂々の1位

これは建物に関する住宅会社さんというより
むしろ私たちの仕事に思いっきり関わってくる
お庭とか外まわりの不満点のようです。

いやー そーですかぁ~

ウチも常に新築されたところの外構工事を
行っていますが、機能性やデザインを除く
お客さまからのご要望として…

とにかく手のかからない外構とお庭

というお話は本当に多いです!
てかこの要望がないことがないです。

まぁ 一番は雑草だと思いますが
これについてはウチではほぼ100%の方が
防草シートの施工&砂利敷きもしくは人工芝
とかをされるので、大丈夫だと言えますが
庭木となると病虫害の少ない木を選ぶことは
出来ますが、全く剪定しなくてよい木とか
水やりしなくてよい木なんかは存在しません。

「ウチは共働きで休みは週一なので
緑とかの植物は一切なくてもいいです。」

「せめて木の1本くらいは植えましょうよー」
とか言いますけど、それほど戸建て住宅に
おける緑の効果というのは大きいです。

一切の植物なしに良い外構とかお洒落な
外構なんて…無理!もう断言できます。

そんなに植物が欲しくないのであれば
マンションとかにすればいいのにぃー
とか… 内心、思ったりもします。

ココだけの話

 

前にもココで書きましたが、例えそんなに
大きくスペースがとれなかったとしても
上手く考えてやれば、小さなスペースでも
効果的に良く見せる植栽方法はいくらでも
ありますし、プロに任せれば植物の成長の
早い遅いを考えて提案をしてくれるはずです。

小さな植栽スペースであるということは
それだけお手入れも少なくて済む… ってコト

当然、土であるが故に雑草が生えることも
ありましょうが、それっくらいやりましょう!

せっかくの戸建て住宅なんですから
お庭でもっともっと緑や土と触れ合って
その植物の新芽や開花などの変化に
感動して、剪定や水やりなんかも
楽しみましょうよーっ!って思います。

 

あー でも、今度ウチのお客さんトコに行って
聞いてみよっと… 聞きまくってみよっと!

「住んで分かった住まいの不満点は?」

「庭の手入れが大変ですっ!」

言わせませんよ… <ウソ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 8日 (日)

動かざること向日葵の如し

第一園芸センターさん

佐賀市南佐賀にある愉快な園芸店さんです。

私自身は18才の頃からコチラにちょいちょい
出入りしており、もうかれこれ30年近くなる
お付き合いを… してやっています。w

遊びに行ったり、花苗などの植物を仕入れたり
遊びに行ったり、暇つぶしにいったり
遊びに行ったりなんかもしています。

もう家並みに落ち着くトコです。
ウチの山中さんも大好きなお店です。

スタッフのみなさんも本当に温かい人たちばかり
(↑のリンク先のお客さんによる口コミの内容も
とーっても良いコトばかり書かれています。)

もちろん花苗などの植物の知識も全員あります。
まー みなさん思ったコトをはっきりズバズバと
モノを言われますし、そこがいいところです♪

ココにいると何故かスタッフさんと間違われて
お客さんから声をかけられることもありますが
もちろんそのまま接客させていただいてます!w

まぁ そんなふんわりとしたいいトコなんです。

 

Img_4576

店内もホントにいい雰囲気です♪

ココは最近スタッフの園さんが考えてつくった
ところですが、反対側から見ると…

 

 

Img_4578

あー 面白いッ しかも… イイっ!

 

 

Img_4577

これが…

 

 

Img_4579

反対から見るとこう! やー オモロイっ

これらを作られたスタッフの園さんは…
「こがん作ッとはざっとなかとばい!」by 佐賀弁
「こんな風に作るのは大変なんですよ!」という意味

そんな感じで言いつつも… なんか楽しそう♪
いやー ワカル 分かりますよー

そんな店舗内の交差点に陣取ってるのは…

 

 

Img_4580

営業部長のひまわり(年齢不詳)

この写真ではお顔を上げていらっしゃいますが
普段は驚くほど顔さえ上げずに寝たままの姿勢

この場所でお客さんが近くを通られよーが
私がダッシュして近づき真上をジャンプしよーが
ちぃーっとも動きません。 ピクリとも…

もうホント いけ好かねーほどにコイツときたら
いやこのお方は… を貫かれておられます。

営業部長なのに一番仕事をしていませんが
存在自体が一番の営業なのだョと思っている
ふてぶてしさ感も… まぁ かわゆいんだわ♪

 

そんな第一園芸センターさんにはただいま
春の花苗などがたくさん置いてあります!

店内の日なたには必ずひまわり部長
おられますので、是非探してみて下さい♪

まぁ いーっつも居心地の良さそーなところに
ドカッと寝て居ますんで、別に探さなくたって
直ぐに見つかるとは思いますがねーっ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月18日 (木)

あんまりな土の状態に対処せよ!

最近は… っていいますか、前からなんですけど
住宅地の造成された地盤の状態というのが
植物の生育という観点のみで、いえば…

とにっかく… クソ悪いッ!<失敬

建設残土とかを使って、基本的な造成(盛土)を行い
その上に厚さ 約5~10cmの真砂土で覆い被せて
というところが、そりゃー もう ほとんどって感じです。

この前は、小城市で荒い砕石を使って、ガチガチに
固めまくって、造成をしているところを見かけました。

雨水をドコに逃がすとかって
庭に木ぃ植えられんやん

もう 植物に死ねってか…

まぁ 造成工事におけるコスト云々という問題でしょうが
それにしても、う~ ううう あんまりだ…

あァんまりだァァ~ッ! …という土の状態です。

 

Img_4352

というようなことで… 植栽部はバックホーを使って
こんな感じで、広く深く掘り下げていきます。

 

 

Img_4432

とにかく庭木の根鉢サイズより、ずっと大きく掘ります。

粘性土や、コンクリートやレンガ、瓦の屑なんかも
普通に土の中から、ゴロゴロ出てきやがります。

 

 

Img_4347

そして バックホーで掘削した後は、このオケラ先生
命を賭して、更にしつこく掘り下げていきます。

やめてくれって言っても、決してやめてくれません。
「楽しくて、たまらんのじゃ!」と言って、やめてくれません。

人から見れば、私がさせているように見えるそうですが
ホント違うんですョ… この人、こういうことをやり始めたら
全く人の言うことを聞かなくなるんですョ…

ということで、オケラ先生の指示の元、植穴掘りをした後は
しっかりと土づくりした「よか土」を穴に入れ込んでいきます。

当然 降雨などにより、この掘削して土づくりを行った
やわらかい部分に、土の中で水が集まってきますが
ホワイトロームTC」などの黒曜石系パーライトや
DOパイプ」など酸素管を使って、植物の下や
その周辺の余剰水を逃がすような措置が必要となります。

植物でも、オケラ先生でも、少しでもストレスのない
居場所をつくるというのが、私の仕事でもあります。

はい

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月27日 (水)

コニファー「ブルーエンジェル」

7~8年ほど前に、施工をさせていただいた
お客さま宅に植えたコニファー「ブルーエンジェル」

Img_4319

すーっかり 成長して、大きくなりました。

コニファーは寒さに強く、暑さに弱いという傾向があり
高温多湿という気候が苦手ということもありまして
お手入れも決して楽ではないと思いますが
とても良い状態でスクスクと育っていました!

かわいがっていただいて、ありがとうございます♪

 

 

Img_4318

建物を含めて、全体の雰囲気にも良く合っています。
いい感じで、目隠しにも なっていますし…

両側が高くて、中央に向かって低くなっていると
いうところも、なんかいい感じですよね~

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月20日 (水)

もうすでに春が恋しい!?

「冬」に花が咲く植物というのは、数多くあれど
どちらかといえば全般的に… 落ち着きます。

これから冬場に休眠期に入る植物もありますので
この時期に植栽をされた現場のお客さまからすれば
春先の「緑の賑わい」というのは、なかなかイメージが
し難いというのは、あるのではないのでしょうか?

それが一番 顕著に表れるのは、やっぱり「落葉樹」です。

Img_3993

一番右側は常緑樹の「シマトネリコ」ですが、左の2本は
落葉樹の「サルスベリ カントリーレッド」「ハクモクレン」です。

落葉してても、ライトアップはキレイなんですけどねー♪

ウチでは草丈の低い植物「グランドカバー(地被類)」には
特にこだわって、何種類も配置を思考して、植えたりしますが
これらも やはり春先以降に花が咲くのが多いといえます。

 

 

_001

「アジュガ チョコレートチップ」の花の様子です。
今年の4月半ば頃に撮った写真となります。

 

 

_002

私は好きでよく使わせてもらうのですが、葉っぱだけの時も
かわいくて 「いいなぁー」って感じになるのですが
やっぱり花が咲いた時の… しかも紫ってのが、よかねー
と、たまらなく愛おしくなります。 ホント…

 

 

Photo

コチラは「アベリア カレイドスコープ」の新芽の様子

私はどっちかというと「花」より「葉っぱ」で、興奮する性質(たち)
なので、これはほんまもんに興奮する新芽の具合です。w

 

 

Photo_2

これは「アベリア ホープレイズ」です。

一部、突出して「ピューッ」って伸びてくる枝がありますが
それは大事にとっておかずに、迷わず切っちゃって下さい。

 

 

Photo_3

「フッキソウ」の新芽が出ている様子です。

あいたー なんだその初々しさは… って思います!
こ、これは… 見ていて興奮するでしょう!?

 

 

Photo_4

「フイリヤブラン」の、今まさに新芽が出ようとしている様子

おいおい… コイツ束になってでてきてやがるぜッ!
しかも愛らしいじゃないかーっ って感じです。w

 

こんな不思議且つ、愛らしい植物の変化というのは
この時期には、あまり見ることができませんが
春先あたりから 徐々に垣間見ることができますので
それを楽しみにして、まだ早いですが「春の訪れ」を
期待していただければ、私たちも嬉しく思います。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月13日 (水)

昆虫すごいぜ!

まぁ ココだけの話… 私と山中さんは虫が好きです。

私もそこそこ虫については知っているつもりですが
山中さんは、そんな私以上に造詣が深い… です。
(ちなみに鳥についても ものっすごい詳しいです。)

そんな私たちですが、仕事の上で庭木や花苗などの
植物を扱うことも、日常的にかーなり多いのですが
その植物や土の中には、なにかしら「虫」がいます。

お客さまとお打ち合わせなどで、お話をしている時に
たまに「虫が苦手なので…」といったことをお聞きします。

お気持ちは分かりますが… ってコトで、虫がつきにくい
いわゆる病虫害に強いというような庭木や花苗などを
ご提案させていただくことということは… 多々あります。

ただ そんな嫌われることもある「虫」というのは
この前も、ココのブログでミツバチのことを書いたように
本当に人類にとって大事な… 大切な役割を果たしています。

その「虫」による代表的な役割は、膨大な植物の「受粉」

玉ねぎなんかの相当量の野菜、お茶やコーヒーなんかも
「受粉」無きには口にすることもなく、生活に必要不可欠な
天然の繊維も「虫」がいなければ存在し得ません。

「虫」をキライになるということは、仕方がないことですが
人類にとって大事な存在ということは知ってて欲しいです。

そんな「虫」… いわゆる「昆虫」について、深~い愛情を
注ぎ込んでいるというテレビ番組をたまたま見ました!

「人間は昆虫から学ぶことがたくさんある」 …と、ある人が語る

スゴイですッ!

 

Img_4189

NHKの「Eテレ」で、これまで4回放送された番組

香川照之の昆虫すごいぜ!

(サイト上から、3回目まで動画を見ることができます。)

本当にスゴイ… とにっかく面白い番組です。

お子さん、特に男の子なんかに見せて欲しいですッ!
もちろん女の子にも…

映画やTVなどで、よく見かける俳優さん「香川照之」さんが
無類の「昆虫好き」ということが、まず面白いのですが
それに加え、カマキリの着ぐるみをきた「香川照之」さんの
本当に「昆虫」に対しての愛情が深く、すんごい詳しくって
ヘタなお笑い番組を見るより、よっぽど面白おかしく
しかも、とーってもタメになるっていう感じの番組です。

TVドラマ「半沢直樹」で、あの「大和田常務」をやってた人が
着ぐるみを着て、出川哲郎ばりに身体を張ったロケをしたりと
本当にこの人は、「昆虫」が大好きなんだなーと思ったりして
なんだか嬉しくなってしまうほどに、すっごく面白くて楽しくて
ためになるという 大人にもお子さんにも おススメの番組です!

元旦には「特別編」も放送されるようで、これも楽しみッ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月16日 (木)

土づくり大臣の仰せのままに

植栽する箇所への 植栽前の土づくり
とーっても 大事なトコロです。

特にウチの「土づくり大臣」である山中さんは
土づくり関連の本を読み漁ったり、佐賀大学での
土関連に関する講義や話を聞きに行ったりなど
コト土づくりに関しては一切の妥協がありません。

現地土を掘削した後(植穴掘り)をしたところを見て…
「コレじゃあ まだイカン!まだまだ固いトコを掘れッ!」
と言われることも 少なくありません。<冗談ではなく ホント

 

Img_3917

土(真砂土)1立米の上に バーク堆肥を0.5立米のせたトコ

真砂土だけでは 土が団結して固くなってしまいますので
(土が痩せて固くなると 根っこが育ちにくくなります。)
バーク堆肥を混ぜ合わせて、土中の保肥性、保水性
通気性を高めて、植物の生育に適した土壌づくりができます。

また土壌微生物のバランスの改善にも繋がります。

 

 

Img_3918

バーク堆肥は 最寄りの園芸店やホームセンターなどで
袋詰めのものを購入できますが、佐賀市東与賀町に
バーク堆肥などを作っている会社(工場)がありますので
袋詰めではない「バラ買い」をすることができます。

ちなみに「バラ買い」は… とーってもお得です!

 

 

Img_3919

植栽時の土の量が多い時は こうしてダンプトラックの荷台で
建設機械のバックホーを使って、しっかり混合撹拌します。

 

 

Img_3921

よかー土になりましたッ!
これで… まだ第一段階となります。

 

 

Img_3709

そして 実際の植栽時には植穴の底に左上の「BSライト」を
敷き込みます。効果は保水性と透水性の向上となります。
底石として使用すれば 根腐れ防止にも役立ちます。

左下の「グリーンベラボン」は保水性と透水性の向上の他に
土中に空気が入り易くなり、団結しにくい(締まりにくい)
フカフカの土にしてくれます。これは土の中に空気が入ることで
温度の変化が穏やかになり、植物のストレスが軽減されます。

右下の「ミネロック オールインワン」は真砂土などの砂質土壌の
欠点である保水性や養分の不足、団結し固化するなどを補う
砂質土壌専用の改良土となります。特に保水性が抜群です!

これらの中では「グリーンベラボン」なんかは結構高価ですが
山中「土づくり大臣」の検査を通るために 一切 ケチることなく
バンバン使っておりますので ウチのお客さまは…

ご安心下さいッ!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧