2018年4月20日 (金)

カンナカタログ第2版に泣く?

先月あたりに届いたディーズガーデン
お洒落な物置カンナシリーズのカタログです。

 

Img_2822

A4サイズの半分のA5サイズですので
とっても扱いやすくなっています。

 

 

Img_2823

シャビーカラーを施したフレンチシックタイプが
掲載されているカンナ専用カタログとなります。

こちらはディーズシェッド カンナです。

 

 

Img_2824

コチラはカンナキュートのフレンチシック仕様

 

 

Img_2826

実に爽やかな色合いですね~♪
コレ… 物置です!

 

 

Img_2827

今月上旬に届いたカンナ専用カタログの第2版

コチラでは来月[5月]発売予定のカンナミニ
フレンチシック仕様も掲載されております。

 

 

Img_2828

ちなみにコチラはオプションのページです。

右上の写真はウチで施工を行ったお客さまの
ところなんですが、やっぱりカタログとかで
自分トコの写真を使われると嬉しいモンです!

 

 

Img_2829

いやー いいっスね~♪

実はこのページ自体は初版のカタログのみで
第2版ではそっくりそのままカンナミニの頁と
差し替わっておりまスたぁー Σ( ̄ロ ̄lll)

まぁ ええか…

何はともあれ色んなテイストの素敵な物置が
たくさん詰まった見れば見るほど欲しくなる
物置のカタログのご紹介でした!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 5日 (木)

ワンロックアリエル&ヴィコWH

『佐賀市のI様邸』エクステリアリフォーム工事
(外構改修)

玄関ポーチ部にポストと表札を取り付けました!

 

Img_4655

共にユニソンの商品を使用しています。
レトロな雰囲気の建物のタイルが逆に新鮮です!

 

 

Img_4657

表札はワンロック アリエルのウォールナット色
150×150サイズを使用しています。

材質はネームプレートがガラスアクリルの
彫り込み文字、本体がステンレスの木目調
シート仕上げとなっております。

2つの異なる材質のプレートを使用した
立体感のある表情をもった表札となります。

 

 

Img_4656

壁付けポストはメール便が受け取れる容量のある
木目調デザインのヴィコ WHを使用しました。

色は木目調、マットカラーが3色ずつあります。

シンプル且つ機能性の高いデザインです。

 

 

Img_4658_3

取出口の蓋を開けるとこんな感じとなります。

ちなみにメール便とは“260×340×35mm”の
サイズとなるサインや受領印を必要としない
配達物で不在時でも受け取ることができます。

 

 

Img_4659

今日はテラス屋根スピーネ F型 テラスタイプ
前面スクリーン1段+ふさぎ材も施工しました。

 

 

Image1

オプションの吊り下げ物干しも取り付けました。

前面スクリーンとふさぎ材の効果で雨の日などに
洗濯物を干しても濡れ難くなると思います。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 2日 (月)

人工芝を貼ってない雨水桝の蓋には興醒めだぁッ!

『佐賀市のK様邸』エクステリア工事
(新築住宅外構)

先日お庭に設置した人工木ウッドデッキと
テラス屋根
の前に人工芝を施工しました!

 

Img_2677

まずはキレイに整地し、転圧した土の上に
強力タイプの防草シートを施工しました。

グリーンビスタプロ 240 

この上に砂利を敷いたり、人工芝を張ったりと
防草シートに直接紫外線が当たらないように
すると耐用年数は30~50年となります。

 

 

Img_2694

そして高品質人工芝リアリーターフ
継ぎ目を目立たせないようにして施工します。

2ヵ所ある白くて丸いものは雨水桝となります。

建物の近くにあるのは住宅建築工事で施工され
手前の人工芝の中央部付近にある雨水桝は
今回新たに新設しており、この雨水桝に向かって
雨水が流れるよう水勾配をとっております。

 

 

Img_2695

当然、この雨水桝の蓋にも人工芝を貼ります!

ただ雨水桝内の掃除をする時のことを考えて
この蓋の取り外しができるようにします。

 

 

Img_2696

こうして専用の接着剤を用いて… ペタリ!
実に強力な接着剤です。

 

 

Img_2698

人工芝を貼った さっきの蓋を元に戻してから
同じアングルにて撮影してみました。

肉眼であっても、ドコにあるか分かり難いです。
非常によいッ!

 

 

Img_2697_2

人工芝を施工するところは水はけが良好なのが
当然ながら理想なんですが、そういったコトから
雨水桝を設置しても、それが目立つようであれば
なんか興醒めしてしまう… と思います。

そんなに大した手間じゃあないコトですし
やらないよりはやった方がいいと思います。

どっちにしろ、ココは丸くカットしますしね~
それを再利用する… ただそれだけのコト

たったそれだけの気遣いと至極簡単な作業で
人工芝の見た目と品質は完璧になります!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月31日 (土)

ウッドデッキ下のワンコさん

『佐賀市のN様邸』エクステリア工事
(新築住宅外構)

人工木ウッドデッキ下の束柱部に施工した
コンクリート束石を設置した後の様子です。

 

Img_2646

コンクリート束石を設置した後はキレイに
まわりの土を整地しておりました。

えぇ… キレイに整地してましたとも

 

 

Img_2678

ウッドデッキを施工する場合はコンクリート束石
ではなく、土間コンクリートを施工する場合が
ウチでは多いのですが、今回はこの写真のように
人工木ウッドデッキの右側にペットのワンコさんの
“コタローくん”の犬小屋を置かれますので
その穴掘りが大好きな“コタローくん”がデッキ下で
穴を掘るであろうと考えて、当初予定していた
土間コンクリートを変更して、束石にしました。

 

 

Img_2684

おぉっ!予想的中ッ!

コタローくん 穴掘りまくりです。
ココを整地した苦労も吹っ飛ぶほどの掘りっぷり

いやー キレイな土を入れていてヨカッタ!

 

 

Img_2685

…で、掘ったところにお腹を入れてリラックス

よか場所をご提供できて何よりです。

広~く雨露も凌げて、日除けもできる
土を掘ればヒンヤリした土がでてきて
そこにお腹を置けば… 快感っ

よかったね!コタローさんっ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月25日 (日)

リード&ローデッキVS専用ステップ

ウチでもよく施工させていただいております
人工木ウッドデッキ“樹ら楽ステージ
(もしくは“樹ら楽ステージ木彫”)

 

Img_4519

コチラの施工のように一番上のウッドデッキの
下にリードデッキもしくはローデッキという
ステップやベンチとしての役割などをもった
低いデッキを施工することがウチでは多いです。

ウチの場合はほぼ… 提案させてもらってます。

 

 

Img_0854

こんな感じで、お庭へ行くところに部分的に
リードデッキを施工したり…

 

 

Img_0841

左側の玄関ポーチに行く面にも施工したり…

リードデッキの幅が広い故に使い勝手と
見た目の安心感が得られると思います。

 

 

Option_img_01

コチラは専用の“ステップ(2段)”となります。

価格(定価)は69,300円…
まぁ~ 結構なお値段となっております。

ステップ1段で58,200円、3段で90,400円
4段になると… なんと120,800円ッ

で、この専用のステップなんですが
ウチからコレを提案するなんてことは…

まずもってありません。
なぜか?価格が高いからか?

まぁ そういったこともひとつはあるんですが
もうただ単純に… 使い勝手悪過ぎッ!

高さのサイズも1~4段と4種類ほどありますが
そのそれぞれのステップがウッドデッキの高さに
必ずしも合うといった訳ではありませんので
そうなった場合はひっじょーに手間暇かかる
“加工”といったことが必要になってきます。

このステップ自体がまずほぼバラバラで
納品されますので、組み立てが面倒ですが
これが加工となると… まぁー面倒 <失敬!

そうなると当然このステップにかかる
労務コストも上がるので、使い勝手が悪く
それなのに材料費と施工費共に高くつく

ということで、ウチでは全く提案しません。

正直、見た目もあんまりよろしくない
“お、ねだん以上。”とも言えませんし… <失敬!

 

 

Kirara_005

ちなみに割りと良く出るウッドデッキのサイズ
“間口1.5間(2.7m)×出幅6尺(1.8m)”という
仕様で、2段ステップを使用した場合です。

(LIXILの見積naviでの画像となります。)

 

 

Kirara_004_2

コチラは上の図の専用ステップを使用した
場合の価格(定価)となります。

ちなみに295,320円となります。

 

 

Kirara_001

コチラは全く同じサイズで、リードデッキを
使用した場合のイメージ図となります。

 

 

Kirara_002

ちなみに土台となる骨組み部分はこんな感じ

本体デッキの①大引きにリードデッキ用の
大引きを接続しますので固定も確実です。

 

 

Kirara_003_2

で、価格は285,620円となります。

専用ステップを使用した場合より
9,700円 リードデッキの方が安いです。

どっちが良いのかはもう言うまでもなく
私だったら例え1万円リードデッキの方が
高かったとしても、リードデッキを選びます。

担当者の知識及び見解の不足によって
ステップが選択されるというようなことは
お客さんからすれば損しかないことです。

もちろんステップがぴったりハマるという
現場は別ですが… (あんまりないと思うが…)

ちなみに2段ステップと比較してリードデッキが
1段だったら“蹴上げの高さ”が1段少ないから
段差を上がるのがキツいやんッ!となりますが
確かに玄関ポーチやアプローチなどのところで
段差の蹴上げ高というのが15cmを超えてくると
確かにキツいと思いますが、それはその部分が
実際の生活上に於いて、一日何回も通るところで
あるためで、ウッドデッキはその場所に比べると
行き来をする頻度自体が極端に少ないので
蹴上げ高が25cmということになっても
ほぼクレームを受けるということもありません。

もちろんそのことは事前に説明もしています。

 

 

Kirara_006_2

ならば… ローデッキを3段仕様にしてみると

 

 

Kirara_007

土台の骨組みはこんな感じです。

この場合はそれぞれを接続せず各々が独立した
状態ですのでローデッキという扱いになります。

ちなみにこの場合で359,620円となります。
さすがにコレが一番高くなってしまいます…。

 

 

Navi_001

尚、LIXILさんの“樹ら楽ステージ”だけではなく
他の各メーカーさんからも(↑)の“見積navi
のような人工木ウッドデッキなどの設計や積算
部材の拾い出しなどをホントに簡単に作成する
システムがありますので、チョットした仕様の
変更やオプションその他 諸々の追加なども
簡単に拾い出して算出することができます。

ウチではこういった人工木ウッドデッキや
ガーデンルーム、テラス屋根、テラス囲いなどは
よほどのよほどで、よほどの特殊納まりなんか
じゃない限りは自分たちで しっかり現調して
部材を拾い出してから商品コード発注しますので
まず自身の知識も上がり、正直 間違いもない

チョットした変更なんかも自分でできるので
ササッと素早く見積りなんかを作成できます。

これら一連の流れをメーカーさんや問屋さんに
依存している人は… 少しの変更であっても
自分で出来ないので… メーカーさん ⇒ 問屋さん
という流れで、積算したのが上がってくるまでは
お客さんに見積りを作って届けることができない
(もしくは明細を誤魔化してテキトーに作っている。)

ということになってきます。

なんかもう… 時間の無駄 無駄 無駄ァ!

 

なんかハナシがだんだん逸れてきましたが
よくメーカーさんや問屋さんの営業の方と
お話をするんですが、毎日毎日本っ当ぉーに
夜遅くまでお仕事をされていらっしゃいます。

施工会社に振り回されて… ということも多く
メーカーさんは問屋さんにも振り回され…
ということも多々多々多多多あるみたいです。

先に触れた“見積navi”なんかのシステムも
一旦覚えてしまえば、なんてコトないもんです。

ガーデンルームの特殊納まりとかであっても
理屈さえ理解してれば、パパッと10分でOK!

人工木ウッドデッキなんかは数分です。

それをスキル不十分の施工会社の担当者が
自分でやりゃあいいモンをそれをせずに
忙しい云々のしょーもない理由をつけて
メーカーさんとかに丸投げするもんだから
メーカーさんや問屋さんの仕事自体が
山積し過ぎて、ホント見ていて可哀想です。

ちーたぁ 自分で勉強して覚えろやぁッ!
しかも短時間で済むモンだしねーっ

商品のクレームにしたって、自分自身に
商品の知識があれば、しっかり対処できろーに
それをいちいちメーカーさんの商品だからって
呼び出して、お客さんに説明させるって…
てめーのお客さんだろがいッ
ちぃーたぁ勉強して自分で説明せいッ

まぁ それがメーカーさんの仕事… だと
言ってしまえば、それまでなんですが
メーカーさんや問屋さんだって施工会社がある
数だけ それ以上に対応しなきゃならないし
とにかく忙しくされてんだから それをいちいち
エラそうに <失敬! 呼び出すなっての
責任感とプライドがありゃあ 尚更のコト!
(あー なんか一風変わった年寄りみたいだ…。) 

…と、常日頃よーく思っています。

あー 今日はお口が悪ィです…。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年3月23日 (金)

シュエット&樹ら楽ステージ木彫

『佐賀市のK様邸』エクステリア工事
(新築住宅外構)

お洒落なテラス屋根の設置を行いました!

 

Img_2614

テラス屋根のサイズは間口1.5間(2.73m)×
出幅6尺(1.785m)となります。

吊り下げ物干しAセットを取り付けていますので
ココに洗濯物を干すこともできます。

使用しているのは木目調の意匠性のある
シュエット”のクリエモカ色となります。

 

 

Img_2618

人工木ウッドデッキにてリビングとダイニングの
外側をつないだように施工しています。

使用したのは天然木のような自然な風合いの
樹ら楽ステージ木彫”のクリエモカRです。

 

 

Img_2613

テラス屋根の雨樋の処理もこんな感じで
極力目立たせないようにしています。

これも職人さんの気遣い… さすがです!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 9日 (金)

同じ商品でも色が違うだけで随分と印象が異なるもんです。

『佐賀市のK様邸』エクステリア工事
(新築住宅外構)

目隠しフェンスの板材の取り付けを行いました!

 

Img_2567

木調樹脂フェンスアルファウッド の12cm幅の
板材を1cmの間隔にて取り付けています。

色はブラックブラウンを使用しています。

 

 

Sep2011_001

前に施工をさせていただいたお客さま宅での
施工例となりますが、黒やダークブラウン系の
色と比較して、白いアイボリーなどを見ると
同じ高さであっても、色の違いというだけで
また随分と印象が異なってくると思います。

こっちはとにかく爽やかな雰囲気ですね~

黒やダークブラウン系のフェンスは高級感は
出るものの圧迫感や閉塞感を感じることがあり
白やシルバー系は目隠し効果を得られながらも
明るさや解放感を感じることができると思います。

かといってアイボリー系の色がどんな建物や
雰囲気に合うという訳でもなく、建物との相性や
全体とのバランスなどをよくよく考えながら
最も適した色を選択する必要があると思います。

 

 

Img_2566

建物側から見たアングルです。

お庭からの高さは1.65m、外の道路側からは
1.8mの目隠しフェンスとなっております。

これだけ高さがあるとかなりしっかりとした
目隠しフェンスとしての効果が得られますね!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 2日 (金)

電線保護管用ブッシングじゃあ!

コレ… なんでしょう?

 

Img_2375

いや もう… ホント、えと…

全っ然、大したコトない話なんですけど
ワタクシ的にコレはチョット嬉しいというか
「こんなの欲しかった!」というべきものか…

ウチでは数年ほど… いやもっと前あたりから
ライティング照明まで含めたご依頼というのが
本っ当ぉ~に飛躍的に伸びてきております。

 

 

Img_2750

まぁ キレイですしね~♪
LEDなので、長寿命且つ電気代も安いですし

で、その照明器具は主に「タカショー」さんの
ローボルトシリーズを使用しているのですが
その照明をつないだりする電線の保護には
PF管という電線保護管を使っています。

まぁ 土中などに埋設する時の保護となる
トンネルみたいなジャバラの管です。

照明器具と電線をつなぐ時にPF管から
電線を出すのですが、その時に電線とPF管の
隙間から土や水が入り込まないように
不乾性パテなどを使って塞いだりするのですが
どうにもこのパテが直ぐに外れたり、電線が
チョット動いただけで、隙間ができたりとか…

使えません。

なので、コーキング材を使って2cmほど
注入し、管口を仕上げていたのですが…

コレが どーにもチトめんどくさい

と、前から常々思っていたところでの
小さな がばいよか新商品

 

 

Img_e4624

φ16 電線保護管用 ブッシング

いやー こうゆうのが欲しかったんですッ!

チト大げさかもしれないけど大げさじゃあないッ
ほんで… 実際に使ってみました!

 

 

Img_2376

実に簡単!且つ完璧!

もー いいね!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月21日 (水)

石目調コンクリート「プラーガブリック」

『佐賀市のK様邸』エクステリア工事
(新築住宅外構)

アプローチに石目調のインターロッキング
(コンクリートブロック)の施工を行いました!

 

Img_4587

上質な石目調の表情をコンクリートで再現した
インターロッキングプラーガペイブ

色はプラドセピアにて縁取りを行いまして
その内側をプラドハスキーにて施工しています。

 

 

Img_4588

表面に凹凸の加工を施された石目調の模様です。

透水機能もあり、水たまりができ難くなっており
デザイン性と機能性を兼ね揃えた商品です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 5日 (月)

塗り壁材も凍るんです!

今朝の佐賀市内の平野部はこんな感じ

Img_2200

降り積もった雪の量は大したコトありませんが
太陽に照らされてみるみる溶けていきました。

今日は日中は大丈夫そうだなー
と思って、次の現場に行ってみると…

 

 

Img_2201

吹雪いてイタッ!

風が冷たくて 痛いッ

職人さんは天然石のただひたすらカットという
身体の温まらない作業でホントに寒そう…

「もう今日は寒かし、中止にしてよかですよ~」
と、私が言うと…

「モルタルとかコンクリートの仕事やったら
せんけど、カットは問題なかけんねー」
と、黙々とお仕事を続けられました。

うぅ… ありがとうございますッ!

その後、私は事務所で温温と仕事して
なんか申し訳ないよーな…

 

さて!

昨日書いたブログ記事にもあったように
明後日に予定していた生コンクリートの打設も
気候や気温的な不安があり中止にしまして
比較的 気温の高い金曜日に変えました。

この時期は早めに生コンを予約しとかないと
条件の良い希望の日に予約がとれなかったり
するんですが、一応 ひと安心ってトコです。

後は金曜日の天候が変わらないことを…
冷え込まないことを祈るばかりです。

ちなみに気温が低くて施工ができないのは
生コンクリートだけではなく、透水性樹脂舗装
なんかも 5℃以下では作業ができません。

同じく門袖壁などの塗り壁作業も同様です。

ウチでは塗り壁材には主にアイカ工業
ジョリパットアルファ”を使用していますが
この塗り壁材も施工後の養生中も含めて
5℃から35℃の間での施工となっています。

なんで… そろそろ塗り壁をしたいんだが…
というタイミングではありますけど
ココ最近の気温ではチト厳しいといえます。
(ちなみに寒冷地区における冬期施工用の
ノンフリーズシリーズという商品もあります。)

やー なかなか難しいですね~
でも… しょーがないです。

まぁ こういった季節特有の出来事なんかも
楽しみながら やっていきたいと思います!

条件が悪けりゃ悪いで、何案か対策を考えて
そんで知恵を絞って、最善の手を選択して
そのやり方に自信と確信を持って突き進むッ

こーゆーコトすんのも 楽しいモンです!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧