2019年8月31日 (土)

カンナと緑の相性は抜群です!

小城市M様邸 リ・ガーデン工事
〔お庭の改修〕

お洒落な物置カンナの設置を行いました!

Img_7142
やっぱりカンナには植物の緑がよく合います。

M様邸の緑、お隣さんの緑… 周囲の緑の存在が、より一層カンナを引き立ててくれています。

 

 

Img_7143
D125サイズですので、収納量も申し分ナシです!

前面、側面、背面… ドコから見てもウットリするようなカンナの佇まいです。

| | コメント (0)

2019年4月11日 (木)

木目調タイル セラウッディー

佐賀市 T様邸 エクステリア工事
〔新築住宅外構〕

タイルテラスの施工を行っています!

Img_6423
木目調のタイルセラウッディー
パインナチュラル色を使用して
広めのタイルテラスをつくっています。

 

 

Img_6422
本当にリアルな木目調タイルなんですが
こうして周囲を囲むように縁取ってから
タイルを貼ると屋内のフローリングの
ような雰囲気に仕上がっていきます。

 

 

Img_6424
いやはや本当にリアルな木質感ですね~

これから側面部の施工も行いますが
全体的にどんな感じになるか…

楽しみですッ!

| | コメント (0)

2019年3月 8日 (金)

透水性インターロッキング ファンダペイブ

佐賀市のH様邸 サイクルスペース工事
〔駐輪場その他工事〕

インターロッキングの施工を行っています!

 

Img_6241

施工を行う周辺の高さが確定していますので
雨水を下に通す透水性のインターロッキング
ファンダペイブ・スリットタイプを使用して
床面全体の施工を行っております。

スリットタイプは表面をリブ加工したような
筋入りのテクスチャーになっていますが
それを市松模様のパターンで施工しています。

色はファンダグレーとなります。

 

 

Img_6242

分かる人なら… ちとばかしギョッ!とする
このスペースとしては、やや多めの配管群

10mm前後ほどの厚さの床タイルと違って
インターロッキングは6cm~8cmと厚く
これらのカットも決して容易ではありません。

 

 

Img_e6249

時間はかかりますが… 丁寧に慎重に
最後までキッチリ納めて仕上げていきます。

 

それからH様… 休憩時のお気遣いに加え
私や山中さん、そして職人さんみんなに
ひとりずつ帰り際にお土産をいただきまして
本当にどうもありがとうございます!

そういえば… 昨年夏にご新築された時にも
まだご入居前にも関わらず… 赤ちゃんを連れて
冷たいお飲み物などのご準備をしてもらった
ということは本当に… 本当に忘れません!

いつもいつもお気遣いをいただきまして…

感謝ですッ!!!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 7日 (木)

アルファウッドの表と裏

小城市のM様邸 フェンスその他工事

超耐候性樹脂フェンスやお洒落な立水栓の
切り替えなどの施工をさせていただきました!

 

Img_6211

当初は木製の白いラチスフェンスにバラや
葡萄、つる性の植物などをなんかいい感じで
雰囲気良くされて、からめてありましたが
今回フェンスの老朽化により、耐候性のある
アルファウッドに切り替えを行いました。

 

 

Img_6244

アイボリー色の12cmと6cmの板材を15mmの
すき間を空けて、交互に取り付けています。

ちなみに高さは1.8mとなります。

 

 

Img_6245

後ろから見ると、こんな感じです。

裏面は正面側から見るのと比べて
柱がしっかり見えるのが特徴となっています。

かといって、別におかしい訳でもありません。

 

 

Img_6247

今回は専用の笠木を取り付けてみました!

雨だれによる板材の汚れを軽減でき
強風による揺れにも有効となっています。

 

 

Img_6246_2

アイボリー系の板材を使った目隠しフェンスは
1.8mや2mくらいの高さがあっても、圧迫感や
閉塞感を感じることがほとんどありません。

今月はアルファウッドを使って施工する予定の
現場も多く、その現場により色も様々ですので
板材の色の違いによる雰囲気の差なんかも
またココでご紹介できればと思います。

 

それから今回M様をご紹介いただいたU様
本当にどうもありがとうございました!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月13日 (日)

シャルドブリック ペイブ

先日完成し、無事にお引き渡しを終えたばかりの
佐賀市のW様邸 エクステリア工事 〔新築住宅外構〕

Img_5822

アプローチに使用した床材をご紹介します!

 

 

Img_5821

シャルドブリックペイブ

古レンガの質感と微妙な色調をコンクリートで再現。

表面のテクスチャーもヴィンテージレンガを厳選し、
こだわりのある凹凸感を持たせ更に特殊な製法により、
魅力的な古さを想わせる風合いに仕上げました。

以上、カタログの紹介ページより引用

〔↑〕の写真は濡れた状態となっていまして
商品の色が最も濃く出た状態となります。

色は全4色ある中のシャルドブラウン
使って、施工を行っています。

 

 

Img_5752

〔↑〕の写真は商品が乾いた状態となります。

蹴上げや縁取り部分に使用している砂岩の
ピンコロ〔ブラウン〕との相性もバッチリです!

コンクリート製ですが、むしろこの淡い色合いは
レンガでは出しにくいかもしれませんね~

1㎡当りの価格といいますと、同じ東洋工業の
アンティーク調レンガオルダブリックペイブ
シャルドブリックペイブと比べて、約1.7倍です。

オルダブリックペイブを使用したウチの施工例です。

もちろん細かーいところまで、よくよく見れば
レンガの質感の方が上かもしれませんが
価格ほどの圧倒的な差はないと思います。

昨年春に発売されたまだ新しい商品ですが
使って… そして見て分かる良い商品です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月10日 (木)

奥が深いぜ!人工芝

佐賀市のW様邸 エクステリア工事
〔新築住宅外構〕

お庭のスペースに人工芝を施工しました!

 

Img_5791

まずは施工箇所の地盤をしーっかり整地します。

トンボがけ ⇒ 転圧 ⇒ トンボかけ ⇒ 転圧
更に… トンボがけって感じです。

施工後に不陸が発生したら、防草シートや
人工芝をはぎ取らないと修復は無理なので
とにーっかくキッチリしっかり地盤を作ります。

 

 

Img_5793

整地をした後は防草シートの施工を行います。

グリーンビスタプロ 240G

雨水などは中央付近の雨水桝に流れるように
水勾配をとって、地盤の整地を行っています。

 

 

Img_5801

そして人工芝を張って、完成となります!

リアリーターフ パイル長 40mm〔ロング〕

右端の境界ブロック沿いは芝目方向の逆目側の
端になっていますので、その隙間をなくすために
専用ボンドを使用して、1列分を細長くカットした
人工芝を入れて、僅かな隙間をなくしています。

 

 

Img_4326

人工芝の施工において、大事なコトのひとつに
専用の固定ピンの打ち方というのがあります。

何も考えずに打ち込むと上にある写真のように
固定ピンの頭が見えるようになってしまいます。

コレは離れて見ても、結構目立ちます。

 

 

Img_4321

芝目に沿うように打ち込む場合はこのように
固定ピンを使って、芝葉をかき分けます。

 

 

Img_4322

芝目から、90度方向を変えた場合でも
同じようにかき分けることができます。

 

 

Img_4323

この状態で固定ピンを打ち込んでいきます。

この作業に慣れてくれば、かき分け用の2本と
打ち込み用の1本の計3本の固定ピンを
片手で押さえることができるようになります。

 

 

Img_4324

固定ピン打ち込み完了です。

ピンによる芝葉への影響は一切ありません!

 

 

Img_4325

手を放すとこんな感じになります!

固定ピンがドコにあるのか全く分かりません。

 

 

Img_4334

それとこんな感じのカットした時の芝葉が
割りと大量に人工芝の上に介在します。

 

 

Img_4335

分かりますかね~?

こんな感じで散らかったようになっています。

 

 

Img_4336

なので… 掃除機を使って、こういった芝葉などを
吸い込んで、人工芝の表面をキレイにします。

これも人工芝の施工において大事な作業です。

 

 

Img_5802

人工芝の施工というのは簡単なように見えても
良く考えながら丁寧に作業をするか否かで
最後の仕上がりに大きな差がでると思います。

曲線部のカット箇所なども僅かな隙間が生じたり
しますが、そういったところもボンドを注入して
ちょこちょこ植毛?していけば、その隙間から
雑草が生えることもなく、更に良くなります。

張って終わりッ!ではなく、その後からの
細かい作業をするか否かの差は大きいです。

 

簡単なようで… 人工芝は奥が深いです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 7日 (金)

門袖壁の笠木づくりです。

『佐賀市のW様邸』エクステリア工事
〔新築住宅外構〕

門袖壁の笠木を手間暇かけてやっています!

 

Img_4164

門袖壁の笠木といえば、これまではアルミ、陶器
加工した天然石、FRP(繊維強化プラスチック)
などを使用して行う場合が多かったのですが
今回はモルタルを仕上げることにしました。

まずは型枠を使って、門袖壁に固定します。

 

 

Img_4169

デザイン自体はシンプルな門袖壁となりますが
表面の凹凸処理や笠木部の2段階の段差など
結構な手間のかかる仕上げとなっていきます。

 

 

Img_4165

上から見るとこんな感じです!

セメント系の接着剤を天端部分に塗布してから
この後、モルタルを流し込んで仕上げます。

 

 

Img_4166

途中で分かれているので、こんな小さなところも

かなり細かい作業を要求される造作です。
職人さんは鼻歌交じりでされてますが… ♪

 

 

Img_4170

型枠を取り外したところを早く見たいですね~

ちなみにこの門袖壁は全面塗り壁仕上げです。
凹凸が多いので、やり難いと思いますが…

 

 

Img_4172

モルタルの流し込みが完了しました。

キッチリしっかり進んでいく様がなんか嬉しい!
一週間後には仕上がっているかな~

 

 

Img_4174_5

見事な笠木の型枠の出来栄えにこの人
感心しきりで立ち尽くしたんでしょうか?

「ナニやってんの?」

「姿勢の良い立ち方をやっております。」

「・・・・・・・・」 <返す言葉に困ります。

この方も笠木同様、キッチリされております。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 5日 (水)

考えるな 感じるんだ

昨年8月末にお客さまのところで施工を行った
人工木ウッドデッキ樹ら楽ステージ木彫
幕板を超わんぱくなお子さんが壊された…
ということで、その幕板の取り替えを行いました。

まずはお子さんのケガなくて何よりでした。

 

Img_5631

施工後1年3か月の経過… 約375時間です。

左側の幕板が今回取り替えた分となりますが
設置したのが南面ということで、紫外線の影響を
モロに受けた色褪せ… つまり経年変化だったり
工場製作でのロット違いということもありまして
全く同じ色のものを使用しても、結~っ構な幕板の
色味の違いがお分かりいただけると思います。

 

 

Img_5632

最初見たときは… 間違った色やんッ!

と思いましたが、実物の色見本と比べたりしたら
見間違うことなく、クリエモカRそのものの色でした。

1年3か月の経過… こーんなに違うんだ…。

 

 

Img_5654

左から破損した当初からある幕板、今回使った
幕板、中央と同様新品のロット違いの幕板です。

こうして見比べてみると全く同じ色であっても
いくらか違っているのがよく分かります。

 

 

Material_img_12

樹ら楽ステージ木彫のサイトの商品特徴として
経年変化について以下の説明をしてあります。

 

時間とともに、なじんでくる色。

木粉を多く使用しているため、設置初期には
天然木のような色調の変化がありますが、
時間の経過とともにその変化度合いは
緩やかになっていきます。

 

私たちの扱う商品は殆どが屋外のものですので
このように経年変化によるものや紫外線などの
影響による色褪せというのが、どう施工しても…
どうしても… 避けなれないというのがあります。

各メーカーさんの日々のたゆまぬ努力によって
その度合い自体は改善されてはいますが
やはり完璧に色褪せないというのは厳しいです。

今回の場合は新しい幕板が時間の経過と共に
他の部分と徐々に色がなじんでくるそうですが
お客さまのご理解もありまして、取り換え作業も
とーっても喜んでいただきました。

 

今回は私自身もとても勉強になりました。

今度からは人工木ウッドデッキの床板が
夏場の熱を吸収して熱くなるということ以外に
経年変化による色合いの変化ということも
しっかりとお客さまにお伝えしたいと思います。

 

 

 

さて… あのお方は何処?

 

Img_4154

車庫スペースの土間コンクリートというものを
ご自身の体全体で… 感じていらっしゃいます。

決して… 誤解をしていただきたくないのが
別に仕事を放置してサボっている訳ではなく
お客さまに対して失礼を働いている訳でもなく
本当に私たちが工事で使用する素材そのもの
それを常人では到底計り知れない… 且つ
辿り着けない領域にて感じていらっしゃいます。

 

考えるな 感じるんだ

 

つまり… 先に述べた偉大なる言葉を残した
ブルース・リーやヨーダと同じ域にまで達し
気やフォースをマスタークラスの高さにまで
極められたということに他なりません。

ただ… この日ばかりは昼下がりのあったかーい
コンクリートそのものと一体化し過ぎたのか
そのまま深い眠りに落ちてしまわれていました。

〔ちなみにブログ用のネタでも何でもなく… 実話〕

 

お客さまがご不在で本当によかった…。

Nさま スミマセンっ!

 

今日はとても大事なことを二つ学びました。

日々勉強… 未だ学ぶべきことが多いという
幸せを感じながら筆を置くことにします。

 

我がパダワンに超えられる日も近し

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 3日 (月)

植物に優しい宅地造成工事を…

今日は一日中よーく雨が降っていました。

もちろん現場での作業はお休み

なんか久しぶりに朝からしっかりと
デスクワークができたような気がします。

さばけたような… さばけなかったような…

明日も引き続き雨の予報みたいですが
しっかりと図面を書きまくりたいと思います。

 

さて… 現場の方も昨夜からの雨にて
結構なぐちゃぐちゃ… べらべら状態な感じ

特に車庫スペースなどの掘削した土壌が
雨水を含んで、あまり良くない状態です。

最近の住宅地は殆どと言っていいほど
造成された表面に見える化粧用?真砂土を
鋤き取ると質の良くない土壌が出てきます。

だいたい5cmから10cmほどの厚さにて
真砂土が敷いてあって、その下にはなんで?
と言いたくなるような良くない土があります。

酷い場合は2~3cmほどで、建設残土のような
コンクリートや瓦、レンガの屑が混じった土が
時折、僅かな異臭を放ちながら出てきます。

他には水はけの悪くなる原因の粘性土っぽいの
どこかの土木工事で余ったのか石灰改良した
ような土とか… 佐賀市兵○北のとある地区
なんかはご丁寧に20cm下に20cmの厚さにて
石灰改良をしているところさえもありました。

どーやって植物を育てろってかいッ!?

…と、ものっすごい叫びたくなるほど

 

私も会社員時代は何度か宅地造成工事の
現場にて施工管理を行った経験がありますが
当時の上司が造園にも詳しい方だったので
造成に使用する土には建設残土や粘質土を
道路部や下水道工事の埋め戻し以外には
全くもって使ったことがありませんでしたので
ココ近年の造成工事に使用されるの土質の
悪さたるには… 本当に閉口してしまいます。

まぁ おそらく… というかほぼほぼ間違いなく
造成地における発注者側の不動産屋さんとか
から造成工事を請け負った土木工事屋さんが
安い単価にて工事を請け負わざるを得なかった
ので、赤字となる工事を避け、利益を出す為に
土木工事屋さんの土場に溜めてあったという
建設残土を使ったってコトだと… 思います。

ワカル… その気持ちも分からなくはないです。

ただ… 宅地造成ということで、お庭をつくって
植物を植えるというのが容易に予測できように
誰かがそれに気付いて施工をやってくれないと
住宅建築が終わり、そしてその後に私たちが
植物を扱う時に本っ当ぉーに困ってしまいます。

更にその後には実際に住まわれるお客さまが
植物の生育に四苦八苦されて困られます。

私たちも毎回、毎度… 苦労して… 手間をかけ
植物が立派に育つよう土づくりをしています。

ホント… ほんまもんに真面目にやってます。

ウチの土づくり大臣である山中さんなんて
ものっすごい目を光らせていますので…

ほおっておけば、なんか深さ1mほどの植穴を
いつの間にか見事に掘ってあることもあります。

ちなみにこのことは冗談ではありません。

ホントに真面目な話であり、真面目な取り組み

 

 

35fd4c9f8faaf204f7761fe4e9572405_2

植物というは土の中で根っこを張り巡らせ
そして、その根っこで水や養分をしっかり吸収し
葉っぱにて蒸散… それから成長しますので
固い土ばかりではよく育っていけないのです。

堆肥などを使った土壌改良にも限界があり
悪い土ばかりだと入れ替えることになります。

水はけが悪いと根腐れを引き起こすので
粘性土、改良土ばかりだといけません。

ご自身でお庭の一角にて家庭菜園をされて
土づくりを本当に苦心苦労されながら
耕されているお客さまを何度も見てきました。

人間だって、いつも美味しい物を沢山食べて
美味しい飲み物を飲みたいと思うのと同様
植物だって、美味しい水、美味しい養分を
常に得ていたいときっと思っているはずです。

 

お客さまに良い宅地を安く提供したいという
気持ちは分かりますが、その買われた後の
お庭づくりというところまで考えて、造成工事を
してもらえるともっといいのになーと思います。

普通の人はキレイな土で造成されたところが
ホンの少し掘っただけで、建設残土が出てくる
なんて夢にも思われていないんですからね!

 

このブログ記事が佐賀の土木工事屋さんの
目に触れるとはあまり思えませんが…

よろしく頼みます。

 

私たち… そして植物たちからのお願いです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月23日 (金)

エクステリアのひみつ

先日、LIXILさんからいただいた本

学研まんがでよく分かるシリーズ143

エクステリアのひみつ

 

Img_4071

あ!なんかこの本のシリーズ知ってるッ!
って感じの本からエクステリア版が出ました。

うーん なんか嬉しい… 嬉しいですね~

 

 

Img_4070

このようなお話の流れでLIXILさんと学研さんが
共同で制作された書籍みたいなんですが…

エクステリア ⇒ 建物のまわり全体のこと

という その単語と意味合いの認知度というのが
まだまだ一般の方には低いといえますので
こうやってマンガなど分り易い内容でもって
子供たちも含めて、エクステリアの認知度を
大きく広げていくという感じみたいです。

 

 

Img_4072

まぁ そんな感じの本の内容となっています。

 

 

Img_4077

内容はいたってシンプルなストーリー仕立てに
なっていて、お庭や玄関及び車庫まわりでの
現状の問題点の提起から、相談 ~ 工事完成
までのひと通りの流れになっています。

 

 

Img_4075

チョットだけ本の内容を…

子供向けの本なので、内容は当然分り易く且つ
ゾーニングや門扉、工事の流れ、植栽など割りと
専門的なことを細かく記載してあったりします。

私たちからすれば知っていることが多いですが
それ故にまた違った角度からエクステリアとは?
ということを再認識して、色々考えることもあり
素直な気持ちで楽しく読むことができました。

 

 

Img_4076

残念なことに、これは非売品となっていまして
書店などでは購入することはできません。

全国の小学校や公立図書館、児童館など
26,100か所に寄贈されるということです。

ウチにもありますので、興味があられる方は
遠慮なくおっしゃって下さいね~!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧