2020年1月18日 (土)

スレート調タイル「ラバーニャ」

佐賀市S様邸 エクステリア工事
〔新築住宅外構〕

アプローチの床タイルの施工を行っています!

Img_7958
床タイルを貼る前の下地の様子です。

下地コンクリートの上に空練りモルタルを施工し、その上にタイルセメントペーストを塗りつけてから、タイルを貼り付けていきます。

掘削 ⇒ 砕石 ⇒ 型枠 ⇒ ワイヤーメッシュ ⇒ 下地コンクリート ⇒ 空練りモルタル ⇒ タイルセメントペースト ⇒ タイル貼り ⇒ 脱枠 ⇒ 目地セメント詰め

…と、いうような数多くの工程を経て、仕上げを行っていきます。

 

 

Img_7959
今回使用したタイルは名古屋モザイク工業さんのラバーニャです。

荒々しい天然の粘板岩(スレート)の質感を再現したタイルとなりまして、表面の模様についてもランダムミックスして梱包されていますので、単一なデザインになり難くなっています。

 

 

Img_7977
タイルのサイズは600×300角平300角平を組み合わせて施工しています。今回は屋外での施工となりますので、粗目という表面の仕上げのタイプを使用しています。いわゆるノンスリップタイルです。(色は7790G・粗目)

同じサイズの粘板岩と比較して、圧倒的に安価に済むのも魅力的なところだと思います。

 

 

Img_7978
コチラも同じ名古屋モザイク工業さんの石英岩を再現したタイルスターミネラルです。

天然石を素材とした石材は確かにいいのですが、敢えてデメリットをいいますと、風化・浸食・変色・石材に含まれる鉄分によるサビの発生などが起こる場合もあります。(天然石のそういった経年変化が良い!という考え方もあります。)

これらは施工方法や発生時の薬剤などの使用によって抑えることは可能ですが、タイルの場合は白華くらいしか気になることがありません。

割れるのはどっちも同じですし… 下地さえしっかりと施工しておけば、厚さ10mmのタイルを車庫に使っても問題ありません。

天然石とタイルを比較しての一番大きな差は価格となり、タイルが安くなる場合が多いのですが、その他には材料の厚さが均一なので、施工がし易いコト、施工時に吸水をし難いコトも大きなところだと思います。(吸水率の高い石材やレンガは一旦水に浸して吸水させてから施工を行う必要がある場合もあります。)

| | コメント (0)

2020年1月16日 (木)

門扉と柱の気になるすき間をなくそう!

エクステリア(住宅外構)の目隠しにおいて、門扉とその柱との間の僅かなすき間も気になるというお客さまもいらっしゃると思いますが、そんな気になるところの解消方法をご紹介させていただきます。

Img_7157
気になるすき間というのは上の画像の親子仕様門扉の扉の両側にあるすき間のことで、門扉の向こう側の景色が見えているところとなります。

近づいてから見ると… もっとしっかり向こう側を覗き込むことができます。

思っていた以上に向こう側は外から丸見え… そんな感じです。

 

 

Img_7160
まぁ 至極簡単なコトですが、そのすき間を同じ素材を使って塞ぐだけのコトです。

門扉がLIXILさんの開き門扉AA・TM1型ですので、同じクリエモカ色のデザイナーズパーツ平板を使用して固定しています。

 

 

Img_7158
固定はこんな感じで、Lアングルを使用してビズ止めしますが、この後に扉を取り付けるとLアングルはかなり目立たなくなります。

 

 

Img_7164
取り付け後はこんな感じです!

すき間もなくなり、かと言って後付けの違和感もなし、なにより低コストで施工できるってのがいいところでもあります。

 

 

Img_7165
こういったコトの他にも施工をしているとお客さまから色んな要望やリクエストがありますが、即座にできません!とは言わずに少し考えれば(場合によっては相当考えて…)、簡単且つ安価にできるものもありますので、商品単体のみならず各メーカーの汎用形材についての知識や色の種類なども知っておく必要があると思います。

メーカー違いだからって、色が合わないってコトも全くなく、アルミのラッピング材(木目調)にしても、合う色・ほぼ同じ色っていうのが、たくさんありますので… 全く問題なし!

要望を受けて、ロクに考えもせずにお客さまにできない!という前にできる!と思って、1つの方法ではなく、いくつかの案を考えてやることが大切なコトだと思います。

| | コメント (0)

2019年12月19日 (木)

木目調タイル ソレラス

佐賀市I様邸 エクステリア工事
〔新築住宅外構〕

木目調タイルを使用して、タイルテラスの施工を行いました!

Img_7638
自然な木目に拘った木目調タイルのソレラスを使用しています。

 

 

Img_7639
色は全5色ありまして、I様邸ではモダンな色合いの3640(粗目)というのを使用しています。

気品漂う落ち着いた色合いとなっています。

 

 

Img_7640
タイル1枚当りのサイズバリエーションは3つありまして、施工に使ったのは800×200角となります。

他には800×135角1,200×200角というサイズもあります。

 

 

Img_7641
この写真では分かり難いですが、木目柄だけではなく、木肌の凹凸感も再現されています。

手で触れたり、上を歩いたりすると心地よい凹凸感を感じることができます。

| | コメント (0)

2019年12月13日 (金)

リアリーターフ用 パイルスプリッター

先日、ウチでよーく使っている人工芝防草シートなどのメーカーグリーンフィールドさんが新たな情報と共にやってきてくれました!

Dさん、Yさん ちょいちょい来てくださって、ありがとうございます🎵

Img_7816
新しくなった人工芝リアリーターフのサンプルカタログ… 更に大きくなりました!

芝葉の長さや雰囲気の異なる4種類の人工芝のサンプルがセットされたカタログになります。たくさんありますので、サンプルカタログを希望の方はお気軽にお問い合わせ下さい。

で!今回はその人工芝リアリーターフの施工に非常に有効なアイテムのご紹介をいただきました!

 

 

Img_7814
パイルスプリッター

人工芝のパイルかき分け器具です。人工芝を施工する時には専用の固定ピンを使用するのですが、パイル間を掻き分けてから打ち込まないと固定ピンが目につきますので、ウチではこれまでこうやって施工していたのですが、このパイルスプリッターを使用すれば簡単にパイルを掻き分けて施工を行うことができます。

よくぞコレをつくって下さった!って感じです。

 

 

Img_7815
上の写真では分かり難いですが、こんな感じでパイルスプリッターを人工芝にセットします。この状態… もうすでにパイルが掻き分けられています。

今月と来月に共に70~80㎡の人工芝の施工を行いますので、早速コレを注文させていただきました!

 

 

Photo_20191215212601
パイルスプリッター〔5本入り〕

品番:RET-PSP-5P

定価 5,000円

| | コメント (0)

2019年12月12日 (木)

ホームデザイン物置VISTA

佐賀市K様邸 エクステリア工事
〔新築住宅外構〕

物置の設置と防草シート張りを行いました!

Img_7675
今回、ウチでは初となるオンリーワン製のホームデザイン物置VISTAを設置しました!

サイズは「中」という大きさとなりまして、外寸は横224×奥行217×高さ249cmとなります。

材質はプラスチック・スチール・ポリカーボネートを使ってつくられています。

 

 

Img_7713
物置の設置後はザバーン防草シート240の施工… この上には豆砂利を敷き込んでいきます。

 

 

Img_7716
植栽のまわりの土の部分もしっかり防草シートで覆っていきます。

 

 

Img_7718
張り易かろーが難いだろーが、とにかくしっかりびっしり張っていきます。

K様からも完璧な施工だとお褒めのお言葉をいただきました🎵

 



Img_7720
立水栓部の排水パンも一般普及型からお洒落なキャロルパンに変えました!

蛇口もU型二口庭水栓に取り替えて、使い勝手を向上させました。

左側の蛇口には水はねの少ない泡沫アダプターがついており、右側の蛇口にはホースアダプターニップルがついていてホースを常時接続したままにしておくことができます。

ちょっとしたコトですが… すっごい便利です!

| | コメント (0)

2019年12月11日 (水)

竹垣 ⇒ 千本格子リバーシブルユニット

佐賀市I様邸 フェンス工事

古くなった竹垣を木目調アルミ縦格子フェンスに取り替えました!

Img_7672
ライトオーク色の千本格子リバーシブルユニット

横幅も高さも共に1.8mあります。

リバーシブルなので前から見ても後ろから見ても同じデザインとなります。

 

 

Img_7325
施工前の竹垣の様子… 人工竹なのでまだまだイケると思いましたが、施工自体がチト甘いかな~という感もあり、I様も玄関まわりの雰囲気を変えられたいということでの今回の施工となりました。

すっごくスッキリなりましたよーっ!

| | コメント (0)

2019年8月31日 (土)

カンナと緑の相性は抜群です!

小城市M様邸 リ・ガーデン工事
〔お庭の改修〕

お洒落な物置カンナの設置を行いました!

Img_7142
やっぱりカンナには植物の緑がよく合います。

M様邸の緑、お隣さんの緑… 周囲の緑の存在が、より一層カンナを引き立ててくれています。

 

 

Img_7143
D125サイズですので、収納量も申し分ナシです!

前面、側面、背面… ドコから見てもウットリするようなカンナの佇まいです。

| | コメント (0)

2019年4月11日 (木)

木目調タイル セラウッディー

佐賀市 T様邸 エクステリア工事
〔新築住宅外構〕

タイルテラスの施工を行っています!

Img_6423
木目調のタイルセラウッディー
パインナチュラル色を使用して
広めのタイルテラスをつくっています。

 

 

Img_6422
本当にリアルな木目調タイルなんですが
こうして周囲を囲むように縁取ってから
タイルを貼ると屋内のフローリングの
ような雰囲気に仕上がっていきます。

 

 

Img_6424
いやはや本当にリアルな木質感ですね~

これから側面部の施工も行いますが
全体的にどんな感じになるか…

楽しみですッ!

| | コメント (0)

2019年3月 8日 (金)

透水性インターロッキング ファンダペイブ

佐賀市のH様邸 サイクルスペース工事
〔駐輪場その他工事〕

インターロッキングの施工を行っています!

 

Img_6241

施工を行う周辺の高さが確定していますので
雨水を下に通す透水性のインターロッキング
ファンダペイブ・スリットタイプを使用して
床面全体の施工を行っております。

スリットタイプは表面をリブ加工したような
筋入りのテクスチャーになっていますが
それを市松模様のパターンで施工しています。

色はファンダグレーとなります。

 

 

Img_6242

分かる人なら… ちとばかしギョッ!とする
このスペースとしては、やや多めの配管群

10mm前後ほどの厚さの床タイルと違って
インターロッキングは6cm~8cmと厚く
これらのカットも決して容易ではありません。

 

 

Img_e6249

時間はかかりますが… 丁寧に慎重に
最後までキッチリ納めて仕上げていきます。

 

それからH様… 休憩時のお気遣いに加え
私や山中さん、そして職人さんみんなに
ひとりずつ帰り際にお土産をいただきまして
本当にどうもありがとうございます!

そういえば… 昨年夏にご新築された時にも
まだご入居前にも関わらず… 赤ちゃんを連れて
冷たいお飲み物などのご準備をしてもらった
ということは本当に… 本当に忘れません!

いつもいつもお気遣いをいただきまして…

感謝ですッ!!!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 7日 (木)

アルファウッドの表と裏

小城市のM様邸 フェンスその他工事

超耐候性樹脂フェンスやお洒落な立水栓の
切り替えなどの施工をさせていただきました!

 

Img_6211

当初は木製の白いラチスフェンスにバラや
葡萄、つる性の植物などをなんかいい感じで
雰囲気良くされて、からめてありましたが
今回フェンスの老朽化により、耐候性のある
アルファウッドに切り替えを行いました。

 

 

Img_6244

アイボリー色の12cmと6cmの板材を15mmの
すき間を空けて、交互に取り付けています。

ちなみに高さは1.8mとなります。

 

 

Img_6245

後ろから見ると、こんな感じです。

裏面は正面側から見るのと比べて
柱がしっかり見えるのが特徴となっています。

かといって、別におかしい訳でもありません。

 

 

Img_6247

今回は専用の笠木を取り付けてみました!

雨だれによる板材の汚れを軽減でき
強風による揺れにも有効となっています。

 

 

Img_6246_2

アイボリー系の板材を使った目隠しフェンスは
1.8mや2mくらいの高さがあっても、圧迫感や
閉塞感を感じることがほとんどありません。

今月はアルファウッドを使って施工する予定の
現場も多く、その現場により色も様々ですので
板材の色の違いによる雰囲気の差なんかも
またココでご紹介できればと思います。

 

それから今回M様をご紹介いただいたU様
本当にどうもありがとうございました!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧