2020年1月23日 (木)

佐賀市I様邸 着工です!

佐賀市I様邸 リ・ガーデン工事
〔お庭の改修〕

本日より着工させていただきました!

Img_8004
2面ある木製のフェンスを撤去して、木調樹脂フェンスに取り替える作業を行っていきます。

外観的にはまだまだしっかりしているように見えますが、スチール製の支柱の根元が錆びてグラついているところもありまして、それらも全て取り除いてのフェンスの新設を行っていきます。

 

 

Img_8008
コチラも老朽化した天然木のウッドデッキを撤去しての人工木ウッドデッキの新設を行います。

既存のウッドデッキを解体後、土間コンクリートを施工するために土の掘削を行っていたら…

 

 

Img_8009
なんと十数年以上前に埋められたというお孫さんのタイムカプセルが出てきました!

土間コンクリートを施工する前に出てきてよかったぁ~

大切な大切な思い出… 今度お孫さんが来られた時は喜ばれるんでしょうねー

ヨカッタ ヨカッタ

 

 

Img_8010
さて… 明日は2名増員して5名にて、土間コンクリートや木調樹脂フェンスの施工を一気に進める予定です。

 

I様も休憩時には色々とお気遣いをいただきまして、本当にどうもありがとうございます!

ご近所のみなさまも工事中はしばらくの間、ご不便やご迷惑をおかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

2020年1月21日 (火)

明日より冬梅雨突入!?

佐賀市S様邸 エクステリア工事
〔新築住宅外構〕

石積みや剪定、植栽などを行いました!

Img_7981
元々あったお庭の石積みの一部を組みなおしています。既存部のテイストに合わせての作業となりますので、石選びも慎重に行っています。

 

 

Img_7997
剪定のご依頼もいただきましたので、チョキチョキと… それにしてもい~お天気です!

 

 

Img_8001
メインアプローチもあと少しで出来上がりますが、今後の天候次第ということで…

これからしばらくは天候に悩まされそうな感じです…。

| | コメント (0)

2020年1月18日 (土)

スレート調タイル「ラバーニャ」

佐賀市S様邸 エクステリア工事
〔新築住宅外構〕

アプローチの床タイルの施工を行っています!

Img_7958
床タイルを貼る前の下地の様子です。

下地コンクリートの上に空練りモルタルを施工し、その上にタイルセメントペーストを塗りつけてから、タイルを貼り付けていきます。

掘削 ⇒ 砕石 ⇒ 型枠 ⇒ ワイヤーメッシュ ⇒ 下地コンクリート ⇒ 空練りモルタル ⇒ タイルセメントペースト ⇒ タイル貼り ⇒ 脱枠 ⇒ 目地セメント詰め

…と、いうような数多くの工程を経て、仕上げを行っていきます。

 

 

Img_7959
今回使用したタイルは名古屋モザイク工業さんのラバーニャです。

荒々しい天然の粘板岩(スレート)の質感を再現したタイルとなりまして、表面の模様についてもランダムミックスして梱包されていますので、単一なデザインになり難くなっています。

 

 

Img_7977
タイルのサイズは600×300角平300角平を組み合わせて施工しています。今回は屋外での施工となりますので、粗目という表面の仕上げのタイプを使用しています。いわゆるノンスリップタイルです。(色は7790G・粗目)

同じサイズの粘板岩と比較して、圧倒的に安価に済むのも魅力的なところだと思います。

 

 

Img_7978
コチラも同じ名古屋モザイク工業さんの石英岩を再現したタイルスターミネラルです。

天然石を素材とした石材は確かにいいのですが、敢えてデメリットをいいますと、風化・浸食・変色・石材に含まれる鉄分によるサビの発生などが起こる場合もあります。(天然石のそういった経年変化が良い!という考え方もあります。)

これらは施工方法や発生時の薬剤などの使用によって抑えることは可能ですが、タイルの場合は白華くらいしか気になることがありません。

割れるのはどっちも同じですし… 下地さえしっかりと施工しておけば、厚さ10mmのタイルを車庫に使っても問題ありません。

天然石とタイルを比較しての一番大きな差は価格となり、タイルが安くなる場合が多いのですが、その他には材料の厚さが均一なので、施工がし易いコト、施工時に吸水をし難いコトも大きなところだと思います。(吸水率の高い石材やレンガは一旦水に浸して吸水させてから施工を行う必要がある場合もあります。)

| | コメント (0)

2020年1月17日 (金)

植物の生育状態の抜き打ち検査をすることもあります故

施工後にしばらく経ってからお客さま宅に伺う時に気になるのは… やっぱり植栽の様子というのが多いです。

夏場はしっかり水やりをされたかなー

伸びた枝葉はどうされるかなー

 

サボったら山中さんに叱られます故
ホンマに…

 

Img_6941_20200119183901
昨年の11月下旬頃に撮った写真です。

やや低木類の枝葉が伸びているもののお手入れ自体はしっかりされていて、とっても嬉しかったです!

やっぱり植物の状態がいいと、外構全体までもが良く見えます。

 

 

Img_7722
ココも同じく11月下旬頃の写真です。

コチラは奥さまが植物愛に溢れたお方ですので、いつでも安心して見ていられます。

台風による塩害被害で一時はどうなるものかと思って心配したそうですが問題なさそうで、これまた安心しました!

 

 

Img_7572
コチラのお客さま宅はいつ行っても、本当に芝生がキレイです!

芝生管理以外の剪定などは毎年ご依頼いただいていますが、この100㎡近い面積の芝生の管理も大変だと思いますが、一番いい状態の時期は本当に芝生が真の緑色にて輝いています。

 

…と、まぁこんな感じで突然お邪魔することもありますが、ビビることなく楽しく植物のお手入れに励んでいただくと嬉しいです。

ビビるのは私ではなく、山中さんですので…

ただ… それも植物への愛ゆえですので、なんとかご勘弁ください。

愛ゆえですので…

| | コメント (0)

2020年1月16日 (木)

門扉と柱の気になるすき間をなくそう!

エクステリア(住宅外構)の目隠しにおいて、門扉とその柱との間の僅かなすき間も気になるというお客さまもいらっしゃると思いますが、そんな気になるところの解消方法をご紹介させていただきます。

Img_7157
気になるすき間というのは上の画像の親子仕様門扉の扉の両側にあるすき間のことで、門扉の向こう側の景色が見えているところとなります。

近づいてから見ると… もっとしっかり向こう側を覗き込むことができます。

思っていた以上に向こう側は外から丸見え… そんな感じです。

 

 

Img_7160
まぁ 至極簡単なコトですが、そのすき間を同じ素材を使って塞ぐだけのコトです。

門扉がLIXILさんの開き門扉AA・TM1型ですので、同じクリエモカ色のデザイナーズパーツ平板を使用して固定しています。

 

 

Img_7158
固定はこんな感じで、Lアングルを使用してビズ止めしますが、この後に扉を取り付けるとLアングルはかなり目立たなくなります。

 

 

Img_7164
取り付け後はこんな感じです!

すき間もなくなり、かと言って後付けの違和感もなし、なにより低コストで施工できるってのがいいところでもあります。

 

 

Img_7165
こういったコトの他にも施工をしているとお客さまから色んな要望やリクエストがありますが、即座にできません!とは言わずに少し考えれば(場合によっては相当考えて…)、簡単且つ安価にできるものもありますので、商品単体のみならず各メーカーの汎用形材についての知識や色の種類なども知っておく必要があると思います。

メーカー違いだからって、色が合わないってコトも全くなく、アルミのラッピング材(木目調)にしても、合う色・ほぼ同じ色っていうのが、たくさんありますので… 全く問題なし!

要望を受けて、ロクに考えもせずにお客さまにできない!という前にできる!と思って、1つの方法ではなく、いくつかの案を考えてやることが大切なコトだと思います。

| | コメント (0)

2020年1月15日 (水)

地盤を高くしての坪庭づくりです!

佐賀市S様邸 エクステリア工事
〔新築住宅外構〕

寒い時期ではありますが、例年よりだいぶ温かいような気もします。

凍えるような寒さというのをまだ感じたこともなく、現場での作業も気候的にはだいぶやり易いような感じで進んでおります。

Img_7953
アプローチの下地づくりを行っています。

ココの掘削時には新築前に解体された家屋のコンクリート屑や瓦などがうじゃうじゃ出てきて、煮ても焼いても食えない土砂は場内で流用せずに残土処分場に一直線です。

 

 

Img_7955
ココは和室や廊下・ダイニングキッチンから見えるところにある坪庭のスペースです。

低い位置に坪庭があると覗き込むような感じになるので、化粧ブロックで土留めをして40cmほど地盤を上げています。

 

 

Img_7956
ココには植栽や照明なども行いますので、これから緑が加わったりして、どんな感じになっていくか本当に楽しみです🎵

| | コメント (0)

2020年1月11日 (土)

埋設管に注意せよ!

佐賀市S様邸 エクステリア工事
〔新築住宅外構〕

アプローチの土砂の掘削を行っています!

Img_7937
建物と境界の間の狭いスペースや埋設管があるところでの掘削というのは、特に建設機械を用いての作業では何かと気を使うところでもあります。

新築の場合は給排水の図面があれば… なくても割りと容易に埋設管の確認をできますが(とは言っても住宅会社さんの図面通りに埋設されていない場合も多々あり)、リ・ガーデンやエクステリアリフォームなどの改修工事になると、掘っているとナニが出てくるか分からない!といったことも時々あります。

ココは少しヤバいな… というところは人力での作業に切り替えたり、ココは大丈夫や!というところは機械掘削にして、いきなりド浅い埋設管を引っかけて破損したり… そんな憂き目に遭う前にしっかりとした確認や経験などでの予測が必要となってきます。

掘る作業の前に埋設管の蓋などを外して、土からどのくらいの深さに管が埋設されているかを確認することが、当たり前ですが大事なコトだと思います。

管を破損した場合は通常の排水管や水道管は割りと容易に修理が可能ですが、汚水管のインバート桝なんかを壊した日にゃあ、ホント大変ですからね…。← 経験アリ

| | コメント (0)

2020年1月10日 (金)

横3台分のカーポートの施工です!

佐賀市O様邸 カースペース工事

3台用のカーポートの設置を行っています!

Img_7929
O様からは昨年にも人工木ウッドデッキや目隠しフェンスなどのリ・ガーデン工事のご依頼をいただきまして、その時にも大変お世話になりました。

今回もまたお声をかけていただきまして、本当にありがとうございました!

 

 

Img_7934
今回は横3台用のカーポートアーキデュオ プレミアムワイドの施工などをご依頼いただきました。

他には土間コンクリートや人工芝の施工も行っていきます。

 

 

Img_7936
カーポートの横幅は7.8m、奥行きは5.0mあります。

カーポートの屋根の後ろ側は建物の軒先と重ねて、降雨時に雨が降り込みにくいようにしています。

O様からも、とっても喜んでいただきました🎵

 

それからO様… いつも温かいお飲み物やおやつなどをご準備いただいて本当にありがとうございます!

もう少しで完成となりますので、楽しみにされていて下さいね!

| | コメント (0)

2020年1月 9日 (木)

もう分からなくなったけど、しっかりやっています!

佐賀市のM様邸 エクステリア工事
〔新築住宅外構〕

外構工事に最後の魂を入れる作業… 植栽を行いました! ← チョットおおげさ

Img_7891
メインツリーとして、シマトネリコを植えました。

こうして見ると… あっけないように植栽が終わったように見えますが、それをする前の土づくりや更にその下の固い地盤や粘性土を掘っての植物の根腐れを防ぐための作業を、じっくりコトコト時間と手間暇をかけて、山中さんがやってくれました。

残念なのは作業が終わると、それが見えなくなるトコ… しかし、それは今後の植物の生育によって現れてくれると思います。

 

 

Img_7896
まぁ 何と言っても、これから春先以降にかけての溢れんばかりの緑というのが楽しみです🎵

 

 

Img_7897
シンプルながらも、人工芝のお庭もスッキリとしていい感じです!

| | コメント (0)

2020年1月 8日 (水)

エルモコンビとセレビューフェンス

佐賀市S様邸 エクステリア工事
〔新築住宅外構〕

物置その他のユニットの設置を行いました!

Img_7882
物置と自転車置き場が合体したエルモコンビです。

LMD-2522+LKD1822というサイズとなりますが、奥行きが2.2mで、横幅は物置で2.56m、自転車置き場で1.72mあります。

大人用の自転車が4台分ほど駐輪できる大きさとなります。

 

 

Img_7881
物置の下にもしっかりと防草シートを張って、豆砂利を入れてから設置を行っています。

 

 

Img_7888
コチラは目隠しとなるセレビューフェンスR4型で、高さは1.6mにて長さ10mにて設置しました。

シンプルながらもスタイリッシュなデザインのフェンスで、コストパフォーマンスにも優れた商品となっています。

色は住宅サッシに合わせて、オータムブラウンを使用しています。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧