« なかなかパッとしないお天気のようで… | トップページ | 店休日のお知らせ »

2018年12月 7日 (金)

門袖壁の笠木づくりです。

『佐賀市のW様邸』エクステリア工事
〔新築住宅外構〕

門袖壁の笠木を手間暇かけてやっています!

 

Img_4164

門袖壁の笠木といえば、これまではアルミ、陶器
加工した天然石、FRP(繊維強化プラスチック)
などを使用して行う場合が多かったのですが
今回はモルタルを仕上げることにしました。

まずは型枠を使って、門袖壁に固定します。

 

 

Img_4169

デザイン自体はシンプルな門袖壁となりますが
表面の凹凸処理や笠木部の2段階の段差など
結構な手間のかかる仕上げとなっていきます。

 

 

Img_4165

上から見るとこんな感じです!

セメント系の接着剤を天端部分に塗布してから
この後、モルタルを流し込んで仕上げます。

 

 

Img_4166

途中で分かれているので、こんな小さなところも

かなり細かい作業を要求される造作です。
職人さんは鼻歌交じりでされてますが… ♪

 

 

Img_4170

型枠を取り外したところを早く見たいですね~

ちなみにこの門袖壁は全面塗り壁仕上げです。
凹凸が多いので、やり難いと思いますが…

 

 

Img_4172

モルタルの流し込みが完了しました。

キッチリしっかり進んでいく様がなんか嬉しい!
一週間後には仕上がっているかな~

 

 

Img_4174_5

見事な笠木の型枠の出来栄えにこの人
感心しきりで立ち尽くしたんでしょうか?

「ナニやってんの?」

「姿勢の良い立ち方をやっております。」

「・・・・・・・・」 <返す言葉に困ります。

この方も笠木同様、キッチリされております。

 

|

« なかなかパッとしないお天気のようで… | トップページ | 店休日のお知らせ »

工事の様子や完成現場紹介」カテゴリの記事

エクステリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 門袖壁の笠木づくりです。:

« なかなかパッとしないお天気のようで… | トップページ | 店休日のお知らせ »