« 店休日のお知らせ | トップページ | 佐賀市のY様邸 着工です! »

2018年8月27日 (月)

人工芝の施工で大事なコト

7月末に完成した『佐賀市のH様邸』にて
追加の工事のご依頼をいただきました!

今回もまたお声をかけていただきまして
本当にどうもありがとうございました♪

 

Img_5432

110㎡ある人工芝リアリーターフ
相っ変わらず… キレイですね~

お庭が広いが故に水はけを良くするための
雨水桝を5ヵ所、人工芝の中に設置しました。

この写真の中だけでも3ヵ所ありますが
雨水桝の蓋にも人工芝を張っていますので
そこが目立たずスッキリ仕上がっています。

もちろん蓋を取り外してからの雨水桝内の
清掃も簡単にすることができます!

 

 

Img_5433

人工芝の施工において最も大事なコトは
きっちり丁寧に張ることなんですが
それ以前の下地盤の整地が重要です。

土を敷き均して転圧 ⇒ トンボによる整地
というのを2~3回程度繰り返してから
ようやく防草シートを張って、それでも上を
歩いてみて不陸が気になるところを工具を
使って叩いて完璧に敷き均していきます。

ちなみに人工芝と下地盤とを固定する
コの字型の固定ピンの打ち方も大事です。

芝葉を固定ピンに巻き込んだような
打ち方だとピンの位置が丸分かりで…

もうそれだけで… 興醒め
もう本当に… ガッカリ

ホンのチョット打ち方を工夫するだけで
それらを全くなくすことができますが
考えなしにピンを打ったらあきまへん!

 

 

Img_5434

人工芝には芝目というのがありまして
芝葉が垂直に伸びているのではなく
大抵が斜め上方向に芝葉が伸びています。

通常はその芝目を良く見える方向に向けて
施工を行いますが、その向きはお庭の場合
建物に向かって施工することが多いです。

ちなみに上の写真は芝目方向から
撮った写真となります。

 

 

Img_5435

コチラは同じところを芝目とは反対側から
撮った写真となりますが、芝目方向との
見た目の差というのは歴然となります。

人工芝特有の光の反射が目立つのが
この向きからですので、施工時は芝目に
注意して作業を行う必要があります。

お庭の形状によっては人工芝をカットを
少なくするためなのか芝目を横方向に
施工されてあるところもよく見かけますが
そんな施工時だけの都合なんか関係なく
芝目は建物に向けて… コレ必須です!

ウチではですね!

 

 

Img_5437

天然芝で必要な水やりや芝刈り、施肥など
とにっかく維持管理がかかってしまうのが
一切必要なく、その上に雑草対策にもなり
見た目も良いのが人工芝の利点なんですが
夏場は熱を吸収しやすくて思った以上に
人工芝の表面が高温になってしまいます。

履物を履いてからや散水などによって
その対策はできますが、裸足や手をついて
とかだと… 本当に熱ッってなりますので
その辺りについては人工芝のご検討時には
頭の中に入れておいた方がいいと思います。

ちなみにウチでは実際にその熱さを
体感してもらうためにそのお客さま宅に
やや広めのカットサンプルを数日置いて
どの程度のものか実体験してもらいます。

「確かに熱いですね~」とほとんどの方が
言われますが、それを理由に人工芝の
導入を辞められる方はほぼありません。

 

何が言いたいかというと商品の説明を
する時は長所だけ伝えるのではなく
短所もしっかり細かく伝えるのが大事

まぁ 当たり前のコトなんですが…

そしてその短所をご理解いただいた上に
依頼して下さった場合は全力でもって
丁寧且つ確実に施工を行って
そのお気持ちに応える… といったコトが
これも当たり前ですが… 大切なコトです。

 

|

« 店休日のお知らせ | トップページ | 佐賀市のY様邸 着工です! »

工事の様子や完成現場紹介」カテゴリの記事

エクステリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人工芝の施工で大事なコト:

« 店休日のお知らせ | トップページ | 佐賀市のY様邸 着工です! »