« 濡れた時と乾いた時 | トップページ | アルファウッド&Eウッドスタイル »

2015年9月 1日 (火)

角地で高低差が大きいと外構工事のコストが上がります。

『多久市のK様邸』 土留めブロック積み工事

住宅着工に先駆けて、土留め作業を行っております。

Dsc00454

宅地と道路との高低差が大きいところで1mあります。

エクステリア工事(外構工事)は住宅の完成後となりますが

5台分ほどの広い車庫スペースとなりますので、その分

大量の土砂を掘削して、残土処分することになります。

ココを造成する時には その分の土砂も何処からか

運んできたと思いますが、またその土砂を搬出することが

なんか無駄といいますか モッタイナイというか…

 

 

Dsc00478

宅地と道路との高低差がありますと その分、土留めに

必要な高さも 必然的に高くなってしまいます。

一般的に外構工事では住宅地の角地や高低差が大きいと

その分、工事にかかる費用も大きくなってきますが

ココは少し高台になっていて 見晴らしがい~んですよねー

あ… その見晴らしのいい写真を撮るのワスレタ…

 

|

« 濡れた時と乾いた時 | トップページ | アルファウッド&Eウッドスタイル »

工事の様子や完成現場紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 角地で高低差が大きいと外構工事のコストが上がります。:

« 濡れた時と乾いた時 | トップページ | アルファウッド&Eウッドスタイル »