« ディーズガーデン研修会 in 京都 2013 ~ vol.2 | トップページ | この暑さでのこの余裕ナリ! »

2013年8月10日 (土)

サングラスをつくろう!

暑い… ホンっトに暑いです。

 

けど、ワタクシ身体の頑丈さだけが取り柄の

夏バテ知らずなオッサンですので

元気に楽しく毎日過ごしております。

  

  

さて… 昨日はほぼ一日中スタッフの山中さん

あっちこっちの現場をまわっておりました。

 

お盆休み前ですので、それまでに現場を完了させたり

キリの良いところでお客さまにご迷惑をかけないようにと

現場内の片付けや清掃などをやっておりました。

  

  

そして、朝… 事務所を出て しばらく時間が経ってから

助手席に座っていた人が悲鳴を上げました。

 

「さっ、サングラスを忘れてきちゃいました!」

  

ちっ、サングラスぐらい ど~でもいいやん… と思いましたが

「どうする?取りに戻る?」とは言ってはみたものの

戻って下さいと言われても戻るつもりはありませんでした。w

  

結構 遠くまで行ったところでしたので…

  

  

「いや… いいです。」とムカついたような返事が返ってきて

そのまま武雄市山内町の現場に向かいましたが

サングラスがないのがよほどショックだったのか

ボー然として、うつむいたまま(唇は紫色で…)

「紫外線が… 紫外線が… 紫外線が…」と、ジョジョに出てくる

吸血鬼みたいに(低音で)ブツブツと呟いておられました。

  

生霊を当てられるんじゃないかと… すごく怖かったです。

  

前に山中さんのブログで「日焼けの原因は目から入る紫外線」

書かれていましたが、彼女の紫外線に対しての脅威と恐怖は

ハンパなく(女性は皆さん そうだと思いますが…)

これを放置しておくと生霊により、私自身の命が危ういと判断し

ない知恵を振り絞って、紫外線から目を守る術を考えました。

   

そして… あった!ありましたよ!

    

紫外線を防ぐモノ しかもこの軽ワゴン車の中にありました!

  

  

早速、車の運転を山中さんに代わって

自分の命を守るため 「あるモノ」を車内でつくることにしました。

  

  

Dsc02079

LIXILさんのカーポートやテラス屋根、ガーデンルームなどに

使用されるポリカーボネートのカットサンプルです。

  

  

  

Dsc02080

ポリカーボネートですので、紫外線はほぼ100%カットしますし

熱線吸収タイプになれば「熱」自体をカットすることができます。

これを「アレ」にしない手はありません。

  

  

  

Dsc02081

ポリカーボネート製のサングラスです。

製作費 0円です。 (LIXILさん スミマセン…)

   

3Dグラスみたいやん… というのはココではなしとしまして

これはもう立派な高品質なサングラスです。

   

しかもポリカーボネートなので、ガラスの250倍以上の強度もあり

保護メガネとしても大いに活用できるシロモノです。

  

実際に使ってみると確かに目が楽な気がします。

(普段、サングラスを全く使わないので…)

  

  

  

Dsc02082

もちろん視界もクッキリです。

ただ問題はコレを山中さんが使ってくれるかどうかです。

   

ただそこは常人と感覚が違う このお方… 迷うことなく

コレを見た瞬間に「うわぁー 嬉しいです!」と

私の手から がさつにぶん捕り、早速 装着されました。

 

嗚呼… 恥ずかしくないんだねー

まぁ 車内だしな~ と思っている間に現場に到着しました。

    

そして さすがに現場ではサングラスを外されました。

現場到着後、私は残材の片付けや全体の清掃関係を

山中さんには植栽箇所の水やりなどをしてもらいました。

それから1時間ほど経過し、この暑い中での作業で

大丈夫かなーと山中さんの様子を見に行くと…

  

  

    

Dsc02052

(下を向いていた時に「ほら!」と声をかけて顔を上げた瞬間です。)

ま、まじですか?

(紫外線が) そ、そこまでだったとは… (泣)

   

一瞬、ミラーマンかと思いましたが、本人曰く「シャアです。」

  

  

いやー いやーー いやーーー いやーーーー

突っ込みどころが多過ぎて、逆に突っ込めなくなりました。

  

  

  

Dsc02052_001

しかも このサングラス ものっすごい気に入っておられます。

   

「は、恥ずかしくないの?」みたいなことを聞くと

「何がですか? 何のですか?」と逆に叱られる始末です。

  

いや~ でも本当にスゴイです。

  

これをおかしいとか恥ずかしいとか感じる自分の感覚が

異常だと思ってしまうぐらい 自身に満ち溢れたお姿です。

  

いやもうホント… これは参りました。

  

  

この前から霊体験以上のおぞましい体験をしているというのに

ちょっとふざけて、軽い冗談でつくったつもりだったのに

それをはるかに上回るテンションと凄まじいほどの威圧で

返されてしまったら、もう… ビビるしかありません。

  

てか ビビらせようと思った?

はい ビビりました。

もうカッコいいです。男前です!

そりゃ 一平のカツカレーをも軽く平らげるでしょう。

こっそり 早弁して、ごっついエビフライが2匹入った

エビフライサンドもぺろっと平らげるでしょう。

(予定より早く事務所に戻った時に目撃しました。)

  

  

  

現場からの帰り道… 運転する私の隣で山中さんは

このイカれた イカしたサングラスをいじっておられました。

  

てっきり改良しているもんだと思っていました。

  

そして事務所に到着したと同時に差し出されたものは…

アレっ? ひとつ増えてるー?

  

  

「はい! 島さんのも(サングラスを)つくりましたよ!」

  

こ、これを私に使えとおっしゃるのですか?

ら、来週からはひとりで… 現場に行こう…。

   

|

« ディーズガーデン研修会 in 京都 2013 ~ vol.2 | トップページ | この暑さでのこの余裕ナリ! »

しょーもない話」カテゴリの記事

○○をつくろう!」カテゴリの記事

コメント


ブハハハハハハハッ!!!
あまりにも〇〇〇(失礼)過ぎます!

それにしても、このところの「Y中さん」の
快進撃はおそるべし!

凄まじい破壊力です。

今や、人前とか、飲食中には絶対読めない
エクステリア業界「最恐」のブログと言えますね。
なので、「怖いもの見たさ」で何度も読んでおります。

あ〜「3D」で見たい・・。
 

投稿: SAGAPP | 2013年8月12日 (月) 午後 07時02分


SAGAPPさまへ

強烈な1枚をお見舞いされた山中です。

このブログの「しょーもない話」カテゴリーが
私で埋め尽くされていく事実に打ちのめされています。

すごい写真ですよね…。
なにが笑いを誘うんでしょう?
表情もひどいし、もしくは背景とのギャップでしょうか?
ヒーローみたいなのに水やりしているところでしょうか?

それを検証すべくSAGAPPさんの分の3Dメガネを
用意してお待ちしております!
 

投稿: 山中 | 2013年8月12日 (月) 午後 08時47分

SAGAPPさん コメントありがとうございま~す!

Y中さんの快進撃は本当に凄まじいものがあります。

天然であり得ないネタを素で提供して下さりますので
しばらくはブログネタには事欠かないでしょう!

「最恐」のお言葉… 褒め言葉ととっておきます。
「最恐」のお方がいらっしゃる限り
「最恐」を継続出来ればと思っております。

ただ… 飲食中にも見て下さいね~ w
  

投稿: 島 工房長 | 2013年8月13日 (火) 午前 09時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サングラスをつくろう!:

« ディーズガーデン研修会 in 京都 2013 ~ vol.2 | トップページ | この暑さでのこの余裕ナリ! »