« ディーズガーデン研修会 in 京都 2013 ~ vol.1 | トップページ | サングラスをつくろう! »

2013年8月 9日 (金)

ディーズガーデン研修会 in 京都 2013 ~ vol.2

前回(研修初日)の続きです。

 

昨晩、ホテルに辿り着いたのは3時頃となりましたが

傳來工房の力」のおかげで朝もスッキリ目覚めました!

 

 

Dsc01667

研修会二日目の第3部は昨日の第2部の続きとなりまして

ディーズガーデンの永島さんより「WEBマーケティングを

活用した集客の実践」というお話をしていただきました。

ココでは更に詳しく「SEO(検索エンジン最適化)」などに

ついて 詳しく学ぶことになります。

途中、前に座っていたお方が うつらうつらなり始めまして

研修会直前に「俺が寝そうになったら 起こしてね。」と

言われてはいたものの、なんかすごく面白かったので

そっとしておき、そのまま安らかな眠りに誘ってあげました。

P1160373   ←  前に座っていたお方

 

 

第3部の後は「ディーズガーデン 新商品説明会」ということで

ず~っと… そして ものっすごい気になっていた

「アノ商品」を見ることができました!

 

 

Dsc01661

あの「カンナ」デザインのオシャレな立水栓

スタンドウォッシュ リリー」です!

開発の岡田さんより、商品の説明や開発秘話のお話があり

開発風景などを収めたDVDなども見せていただきました。

ん? なんかDVDを見て、隣の人が泣いていますけど…

カラーはカンナと同じく「オレンジ、ブラウン、ベージュ」の

3色をラインナップしておりまして(写真はオレンジ色)

材質はFRP製(繊維強化プラスチック)製となります。

 

 

Dsc01652

パン(水受け)部分は陶器製となっています。

高さもちょうどよく、ホースを常時接続しておける

補助蛇口も標準装備されています。

残念ながら 発売は今秋(12月頃だそうで…)ということで

まだ先ですが、発売後はウチに実物を置く予定ですので

興味があられる方は是非見に来て下さいね~

おそらく発売以降は売り切れ必至だと… 思います。

他にもポストやインターホンカバーなども見せていただきました。

同じ時期にはたくさんの新商品が一気に発売されそうですので

ディーズガーデンファンとしては嬉しい限りです。

説明後は「新商品についての質問はありませんか?」と

いうことになりまして、私を含めて 何人かの方が

質問をした後にディーズガーデンの佐賀さんから

「自然浴工房の山中さん 何か質問をどうぞ!」と指名されます。

ココで山中さん みるみる内に顔が紅潮しはじめて

「ひぃえー あわわ…」 とか言いなさっております。

そして、しっかりと考えた後にやっと出てきた言葉は

「あとふたつ 他の方の質問が済んでからでいいですか?」と…

何でふたつや… そう思いました。

そのひどくあわてた様子を見て佐賀さんはニヤニヤしています。

私もその二人を見て、ニヤニヤしています。

前に座っていた酒見さんもニヤニヤしていました。。

ふたつの質問はアッという間に終わりました。

「はい!山中さん どうぞ~」という佐賀さんの問いかけに

「あ、あの… リリーは他に何色があるのですか?」

と数分前に開発の方が説明したばかりのことを聞き返していました。

顔は更に真っ赤… 佐賀さんはにこやかな表情をされていました。

そして参加者の皆さん全員  にこやかな顔をされていました。

山中さんは… 半泣き状態でした。 w

 

 

 

この後は豪華なお弁当をいただきまして

午後から鋳造工場内や社内の見学となります。

そして あの徹底され尽くされた「環境整備」を見ることに…

私もこれまで京都に行くたびに何回か見せてもらいましたが

行く毎に何かが… 大きく「進化」していますので

当然、今回も参加させていただきました!

「環境整備」についての詳細は山中さんのブログをご覧下さい。

そして、この工場見学からディーズガーデンのスタッフさんも

ビックリのことをやらかす方がいらっしゃいました。

 

 

Dsc01663

まずは工場内にも行きますので、ディーズガーデンさんが

用意された白衣に着替えまして、帽子を着用します。

ココでは傳來工房さんの素晴らしい鋳造技術でつくられた

皇居などにもあるこれまでの作品を見せていただきました。

 

 

Dsc01680

そして社内に… これ机の中です。

もちろん どの机の中もこうなっています。

いつ見ても こうなっています。

 

 

Dsc03250

橋本専務のところで説明を聞く山中さん

アレ… なんか泣いとる?

ははーん 佐賀さんにイジられ過ぎたのか?

 

 

Dsc01689

工房内にある「感動ボード?(ボードの名前忘れました。)」

社員さんが他の写真さんのいいところや感動をしたことを

書いてありまして、それをボードに掲示してあります。

ホンっトにいいことばかり書かれています。

まさしく感動します。 すごく…

そして… またもやこのボードを見て、決して冗談ではなく

激しく号泣している山中さんを見つけました。

決して誇張して言っていません。 もう リアル号泣です。

い、いや… 感動するのはワカル… すごーく分かります。

でも そんな泣く? 嗚咽を漏らすほどに泣きますか?

もう泣き過ぎてヨロヨロじゃないですかー

目と鼻が真っ赤っかやん!

なんか皆さん ビックリされてザワザワしはじめました。

なんか私に叱られて泣いている体に見えません?

んー どうすっか? チト距離をとるか?

うわー まだ泣いてるよ~

うわっ こっち見んなよーっ 目が腫れて「3」になっているやん

明神さんとか 写真撮りたそうだけど、気を遣って

全然 撮れないでいるやん! 撮りたそうやん!

で、その後は少しおさまられたようでした。

 

 

Dsc01690

で、またこれを見て泣きまスた。

その後に工場内の職人さんが手を止めて、深々と頭を下げて

挨拶されている姿を見て、また泣きます。

 

 

Dsc01694

おぉ~っ! コレはウチが注文したお客さまの表札です。

これを見つけた時はすんーごい嬉しかったです!

 

 

Dsc01693

待ってて下さいね~

取り付けはワタクシにお任せ下さ~い!

 

 

Dsc01707

山中さんによる「バリ取り」 実演中ナリ

削り過ぎて「はい 弁償~」 なんて言われています。

どうやら自然浴工房の人間はドコ行っても

イジられる運命にあるようです。

 

 

P1190032

休憩中ナリ… 昨晩はしゃぎ過ぎて、もはや生気を失ったふたり

一番 うるさかったって言われちゃいましたね~ 明神さん?

 

 

P1160374_2

感動の連続で泣き過ぎた結果

もう何も言うまいて…

 

 

そして、二日間の日程を全て終えました。

いやー 本当に中身の濃い、そして楽しい二日間でした。

ディーズガーデンさん(傳來工房さん)の社員さん、職人さん

そして 参加された全国の同業者の皆さん

本当にどうもありがとうございました!

来年もまた… 来てよかですか?

 

 

 

Img_5464

そして 帰りのタクシーの中

ワタクシが助手席側から撮った写真なんですが

なぜか皆さん 後部座席を見ながら ニヤニヤ…

えと… 山中さん 今度は帰るという寂しさのあまり

今回一番の大号泣です。

てか 昨日から何回泣いてんねん!(10回以上は確実)

タクシーで隣に座った女性から「本当に泣かれているんですか?」

とか言われておった。w

まぁ そう言うわな… だって最後は鼻水まで垂らしとるし

 

 

 

そして 新幹線で佐賀へ帰りまして、事務所へ着くと

そこには京都から 2通のFaxが届いておりました。

 

Img_5465

私あて

 

 

Img_5466_2

山中さんあて

 

ディーズガーデンの佐賀さんからのFax

京のおもてなしの心は佐賀に帰ってからも続きます。

ジーン… 佐賀さん どうもありがとうございました!

 

 

 

 

それから数日後… ディーズガーデンさんのHP内にあるブログで

永島さんが山中さんのことについて書かれていました。

なんかお礼の手紙をディーズガーデンさんに送ったそうですが

それを見た佐賀さん曰く… トンデモナイクオリティだったそうで

全く見ても知りもしなかった私は思わずメールで

送って下さいと佐賀さんにお願いしました。

それが… コレです!

 

 

Photo_2 

なんと まぁ… 聞いていたことの想像以上です!

今回の研修会で見たことや出来事をイラストにしたとのこと

いんや~ 京都まで連れて行った甲斐がありました。

今回の研修会で同業者の友達もたくさん出来たようですし

彼女にとってプラスとなることがいっぱいあったとしたら…

ホントに嬉しく… とても喜ばしいことです。

そして 次のディーズガーデンさんのカタログには

山中さんの顔写真が載った作品があれば

そんな成長を見られれば… うん 楽しみです!

 

|

« ディーズガーデン研修会 in 京都 2013 ~ vol.1 | トップページ | サングラスをつくろう! »

チョット行ってきた!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ディーズガーデン研修会 in 京都 2013 ~ vol.2:

« ディーズガーデン研修会 in 京都 2013 ~ vol.1 | トップページ | サングラスをつくろう! »