« 2色使いの洗い出し | トップページ | 明日は交通誘導員です! »

2013年2月12日 (火)

プランの流れ、そして New moral standard

昨日までの3連休では本当にたくさんのお客さまと

お打ち合わせをさせていただきました!

そのお打ち合わせの主な内容は「新築住宅外構」

「ガーデン(お庭)」「リ・ガーデン(お庭の改修)」

「目隠しフェンス」というご相談の内容でした。

これから現調(現場調査)、そしてプラン ~ 積算という手順で

お客さまにプランを作成してお届けしていきますが

極力、早くお渡し出来るよう がんばっていきたいと思います。

(二人でなので なかなか思うような期間で作成出来ていませんが…)

 

さて… そんな訳で今日はその初回のご相談をいただいてから

プランを作成してお渡しするところまでを説明したいと思います。

 

S_001

(写真掲載のご協力をいただきましたS様 どうもありがとうございました!)

まずは現地、もしくは当工房にて、はてまたお客さまのところにて

初回のお打ち合わせをし~っかりと行います。

もちろんドコででもお打ち合わせは出来ますが

出来れば現地でお話しした方が分かり易くて

色々と伝わり易いかもしれませんね!

(例えば 門まわり、車庫まわり、アプローチ、目隠しの位置など)

特に初回のお打ち合わせではこまかく、そしてたくさんのことを

(要望や希望を含めて) しっかりとお聞かせいただきたいです。

 

S_002

初回のお打ち合わせの時には敷地や建物関係の

図面の複写(コピー)をいただいています。

当工房以外でのお打ち合わせは近くのコンビニなどで

複写してから 直ぐにお客さまに返却しています。

必要な図面は「敷地図(配置図)」「平面図」「立面図」

そして、建物の外観や色が確認出来るイメージパースなどが

あれば、こちらもイメージし易いので助かります。

(特に新築される前、もしくは新築中の場合は)

そして、その図面を元に現地で寸法や高さなどの確認を行います。

敷地に対しての建物の配置も図面通りになっていないことも

そんなにめずらしいことではありませんので

高さ関係を含めて、キッチリと測定を行っていきます。

(玄関ポーチの形状や寸法が違っていることもあります。)

 

S_003

特に目立った作業をしないであろう建物の裏側なども

最近は「雑草対策」を行う場合が多いですので

面積などの数量をきちんと把握するためにも

勝手口のステップやエコキュートや電気温水器などの

基礎の寸法もしっかりと測定します。

もちろんエアコンの室外機の確認も

こまかく現調をした後に図面にごちゃごちゃ書いてしまうと

プランを考える時に分からなくなってしまいますので

現調時に色分けして、丁寧に書き込みまして

誰が見ても分るように行っています。

 

S_004

そして、プランはまず手描きで行います。

昨年の夏頃まではこの後のCADでの作図も

自分で行っていたのですが

今は山中さんにしてもらっていますので

ここでも分かり易いように色分けして作図を行います。

 

S_005

この時点で門塀の寸法や詳細… ポスト、表札の設置個所

高さや色などもきっちりと設定しています。

この時点で全体のプランニングの工程の中で

まだ半分も進んでいない状態ですかね~

 

S_006

ここからは山中さんの仕事です。

エクステリア&ガーデン専用CADを使って作図を行います。

少しでも曲線の具合がおかしかったりしたら描き直しです。

僅かな曲線の歪みで全体のバランスが崩れることもあります。

 

S_007

でも、やっぱりカラーは分かり易いですよね!

昔まで(10年ほど前)は作図も製図用紙にALL手書きで

カラーで出す場合も色鉛筆やコピックマーカーなどで

そりゃー もう結構な時間をかけて 色を塗っていたのですが

手書きなので変更時の修正がもう大変で大変で…

(字消し板を使って、消しゴムで地道に消して書くというやり方)

今は専用CADもありますし、前の同じCADに比べても

驚くほど作図能力や品質、早さも向上し

そして 楽になったような気がします。

ホント… 便利になりました。

 

S_008

立面図は施工時に役立ちますので(職人さんが)必要です。

これがキチンと出来ていると本当に嬉しいんですよね!

 

S_009

そして、イメージパースです。

今はこれがなきゃ~ お話になりませぬ… といっても

大げさではない位 イメージパースは必要となります。

 

S_010

ウチでは1プランに平均 8~12アングルの

イメージパースを作成してお渡ししています。

門塀の裏側や建物側から見た場合 どんな感じになるのかって

お客さまなら誰だって知っていたい、分かっていたいですよね!

もちろん上からのアングルも大事なトコロです。

 

S_011

照明の計画を行った場合はこういったライティングの

イメージも分かり易く作成しています。

 

S_012

パースのレンダリングが終わると次は工事数量の算出です。

CADを使用すれば、曲線内の面積も長さも正確に

そして、素早く キッチリ算出することが出来ます。

…で、山中さんの作業はここまでとなります。

(ご苦労様です!)

 

S_013

先ほど算出した数量などを入力して「実行予算書」と

お客さまに提出する「見積書」を作成します。

ウチでは工事価格の大小に関係なく

必ず「実行予算書」を作るようにしています。

ってか「実行予算書」なしで

ホントの「見積書」って作れないっしょ?

 

S_014

「見積書」の明細も『一式 ○○万円』ばかりの

どんぶり勘定的なものではなく、きちんと細かく明細を分けて

分かり易いようにして作成しています。

なので… ページ数が多いです。 w

でも… お客さまには好評の見積書の作り方ですよ!

 

S_016

プランの中で使用している資材関係もほぼ全てに亘り

ウェブカタログなどを印刷して、そして印をつけてお渡しします。

もちろん色なども考えてからご提案させてもらっています。

ドコのメーカーでなんという商品で、どういった色とかは

お客さまにも直ぐに… そして感覚で分かるように しています。

ここまで作って、ようやくお客さまにお渡し出来る状態になります。

結構、手間暇かかっているでしょ~?

大変そうでしょう~? w

 

S_017

そして、全ての図面の右下にコレをつけています。

New moral standard

「他社の図面を利用した受注行為は致しません。」という

メッセージを全てに図面の右下に記しています。

エクステリア&ガーデンデザイナーの知的財産を守るという

キャンペーンなのですが、例えばA社が一生懸命作成したプランを

そのまま安易にB社に手渡して、設計料を浮かして施工を行うという

モラルの低い行為をなくしていこうという願いを込めた訴えです。

ウチもこれまで何度か作成したお庭や外まわりのプランを

そのまま他社さんによって施工されたという経験があるのですが

(プランはお客さまにより、他社さんに手渡されたということです。)

これはもう怒りといいますか、ただただ悲しくなってしまいます。

もちろん他社の図面を使って施工を行う業者側にも

ものすごく大きな大きな問題がありますが

やはりそのお客さまの気持ちが残念でなりませんでした。

ご相談を受けて一生懸命に書いたのに… と

ただ何かの理由で受注が出来なかった… というのであれば

こちら側に何らかの努力が不足していたと反省出来るのですが

プランは気に入ったんだけど価格が合わなかったので

他社にその図面を渡して、設計料を浮かして安く済ませよう!

という行為を知った時にはものすごいショックを受けてしまいます。

言い過ぎとかではなくて、これが新人さんとかだったら

立ち直れないかもしれないというショックだと私は思います。

今日書いたブログ記事のようにひとつのプランを考えて

書き上げるのにはそれなりの時間と知識と経験を要します。

ちょっと調子が悪いと本当に全くアイデアが出ないこともあります。

そうなると更に時間がかかります。

プランを気に入ってもらって、そして工事をご依頼いただき

完成後には「自然浴工房さんに頼んで本当に良かった。」と

心から喜んで言っていただけると本当に嬉しく、そして感動もし

次へのとても大きな励みとチカラになりますし

それまでの苦労も一発で消し飛んでしまいます。

「やって本当に良かったなぁ~」と心の底から思う瞬間です。

この仕事が大好きで(ほぼ趣味と化しています。)

お客さまとのお打ち合わせもプランを書くのも考えるのも

工事を段取りするのも現場で作業をするのも

全ての作業が本当に楽しくて楽しくて仕方がありません。

もっと若い世代にこの仕事の楽しさを知ってもらいたいと

思っていますが、こういったモラルの低い『悪しき風習』も

少しずつではあっても徐々になくなっていけばと思います。

こういったことがあるのはごくごく稀なんですけどね。

『エクステリア&ガーデン』は楽しーんです!

|

« 2色使いの洗い出し | トップページ | 明日は交通誘導員です! »

デザイン&プランニング」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様です。

うちもごく稀ですが、図面を渡されて
「このプランだと幾らで施工できますか?」と
聞かれる事があります。

勿論お断りしますが、悲しいかな
受けてしまう業者もいるみたいですね。

お客様には見えない部分ですが、
打合せ→現調→プラン→作図までの
労力は業者なら解る筈だと思います。

世の中が島さんだらけだと、戦争とか無くなりそうだ。
「みんな仲良くねー」って感じで。
 

投稿: 井上 | 2013年2月13日 (水) 午前 10時05分


ホント流れが細かで解りやすぃと思いました。
さすが、島サン!!

疑問に思ったり、変更したいコトがあれば、
何時でも要望に応えて頂き丁寧で、
これから外構工事をお考えの方にオススメです。

我が家の場合、予算内に全ての要望を取り入れてもらい
夫婦喧嘩せずに済みました(笑)

投稿: S | 2013年2月13日 (水) 午後 01時37分

井上さん コメントありがとうございます!

やっぱりそちらでもあるんですね~

ウチでもたまに他社さんの図面での見積り依頼が
ありますが、丁重にお断りするようにしています。

ただそれを狙って商売されている業者さんも
いらっしゃるんですよね~ 実際…

いかんです。がばいよーなかことです!

私ひとりのチカラじゃどうにもなりませんが
一緒に少しずつ訴えかけられたらと思います。

がんばりましょうね~


>世の中が島さんだらけだと

とりあえず私が千人ぐらいズラーッと
整列している様子を想像してしまいました。

気持ち悪っ! w
 

投稿: 島 工房長 | 2013年2月13日 (水) 午後 11時16分

Sさん コメントありがとうございま~す!

そ、そんなに褒めてもらったら…
なんか施工時のサプライズを考えちゃいます! w

でも嬉しいですよ~
ありがとうございます!

ご夫婦喧嘩を回避出来たことに少しでもチカラに
なったのならば… 嬉しかです。

工事完了後はカンナの前で抱き合って喜んで下さいね!
私の目の前で… w

ブログで晒しますよん!

さて明日からいよいよ着工ですね。
すごーく楽しみにしております。

どうぞ宜しくお願い致します。
 


投稿: 島 工房長 | 2013年2月13日 (水) 午後 11時22分

自分のところの打ち合わせ等を
思い出しながら読みました。

私にとってはとても楽しかった時間で、
良い思い出?となっています。

あまりに楽しかったので、またお願いしたいと
思っていますし、新築のおうちを見ると
「外構どうしますか?良いところ紹介しますよ」と
言いたくなるくらいです(笑)

でも、自然浴工房ユーザーは
みんなそうじゃないですかね。
 

投稿: natsunotomo | 2013年2月14日 (木) 午前 09時33分

natsunotomoさん コメントありがとうございます!

いやー 嬉し過ぎるお言葉… がばい嬉しかとです!

どう表現したらいいか分かりませんが
そんなに褒めてもらって、もうのぼせそうです。w

いやぁ~ でもホントにウチのお客さまって
お世辞とかではなく良い人柄の方たちばかりですので
すごーく楽しくお仕事をさせてもらっています。

ありがとうございます!

感謝 感謝 感謝… です。
 

投稿: 島 工房長 | 2013年2月14日 (木) 午後 11時46分


想いのこもった本文も、色々な方からのコメントも、
とてつもなく(島さんの好きなフレーズ)泣けます!


しかし・・「世の中が島さんだらけ」・・には反対です。

山中さんが可哀想です。
喜ぶのは、K隊長くらいかなぁ?

投稿: さがばい | 2013年2月15日 (金) 午前 07時56分

佐賀さ… いや「さがばい」さん
コメントありがとうございま~す!

私もここでいただいたコメントを見て泣けました。
うぉ~ん ホントにありがたやぁ~っ!

もう「ありがとうございます!」と
いう言葉以外が見つかりません。

感謝感謝感謝です。


>山中さんが可哀想です。

んだんだ


>喜ぶのは、K隊長くらいかなぁ?

喜ぶといいますか、もしそうなったら
絶対に魔の手が忍び寄らない地球の裏側の
ブラジルあたりに移住とかしてくれそうです。
 

投稿: 島 工房長 | 2013年2月15日 (金) 午後 06時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プランの流れ、そして New moral standard:

« 2色使いの洗い出し | トップページ | 明日は交通誘導員です! »