« 保っちゃんといっしょ vol.2 | トップページ | ピンコロは投げたらあきまへん »

2010年11月24日 (水)

この時期の水やりの量って?

夏が過ぎ、秋から本格的な冬に入る間のこの時期に

もっともお客さまから多くいただく質問というのがあります。

 

「この時期って、お庭の木(植物)に

どれくらいの量の水をやればいいんですか?」

 

う~ん そうですね~

冬場(12月~3月)は晴れ間が続いた時以外の

水やりは特に必要ないように思われます。

但し、植栽作業を行った直後の常緑樹は

寒い時期でも水やりが必要となります。

1~2日に1回程度とし、真冬は日中の暖かい時間帯に

水を与えるようにして下さい。

(真夏は逆に日中の水やりを避けます。)

夕方に水を与えると夜の冷え込みで水が凍り

根を傷めてしまう場合もあります。

土の中の根っこにまで十分に水が行き届くよう

そして、しっかり しみ込むように「ゆっくり」「たっぷり」与えて下さい。

根っこは土の中の水を求めて伸び広がっていきますので

土の表面にしか水がないと根っこが浅いところにしか

広がらなくなりますので、根っこを深いところで

広く張らせるためにも、しっかり しみ込むようにしてやって下さい。

それからプランターやハンキングバスケットなどは

土の量が少ないので、地面に直接植えた植物より

こまめに水を与えて下さい。

目安としては表面の土が乾いてからとなります。

 

その他にも何か分からない事がありましたら

お電話でもメールでも構いませんので

直接お問い合わせ下さいね!

待ってま~す!

 

|

« 保っちゃんといっしょ vol.2 | トップページ | ピンコロは投げたらあきまへん »

ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この時期の水やりの量って?:

« 保っちゃんといっしょ vol.2 | トップページ | ピンコロは投げたらあきまへん »