« ココマ×ココマ | トップページ | 壁付けポスト“キャニオン”とアッガイ »

2009年12月 5日 (土)

東京七宝サイン

江戸時代、色鮮やかな刀装具でおしゃれを

楽しんだ武士たちによって発展を遂げた江戸の七宝。

長い年月を経て、東京都指定伝統工芸士

受け継がれた東京七宝サインをサインに採用しました。

手作業によって、一点一点色付けされる

鮮やかな色合いが特長です。

 

という東京七宝サインTOEX製)の“赤透(あかすけ)”色です。

Dsc03866

光沢のある鮮やかな色です。

匠の技や…

 

 

Dsc03867

日の当たり方によって表情を変えていきます。

書体は漢字が京円書体で英字がオルタネートゴシックです。

 

 

Dsc03871

枠部分はアルミ鋳物製となっております。

こちらはオータムブラウン色ですが、他に3色あります。

七宝焼き(銅板)の本体部分の色も他に紺水(こんみず)

漆黒(しっこく)、青竹(あおたけ)、金茶(きんちゃ)

檸檬(れもん)など 全6色ありま~す!

|

« ココマ×ココマ | トップページ | 壁付けポスト“キャニオン”とアッガイ »

表札いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京七宝サイン:

« ココマ×ココマ | トップページ | 壁付けポスト“キャニオン”とアッガイ »