« ハエ男の恐怖 | トップページ | 和風の庭・・・ »

2006年11月 1日 (水)

プランニングとは・・・

先日 工事のご依頼をしていただきました「佐賀市のK様」 誠にありがとうございました!

月末の着工が楽しみです!

それと・・・ ちょっと最終図面前のパースを掲載させていただきます。

No1_1

ウチ(自然浴工房)にエクステリアまたはガーデン(お庭)のプランをご依頼していただきますと「平面図」「立面図」の他にこういったカラーパースを4~10アングルほど作成して提出させていただいております。

No2_1お客様が完成した状態をイメージされるのにはパースは必要不可欠なものだと言えますが、当然ながら作成するには時間とそれなりの労力が必要となってきます。時には作成する時間より「考える時間」が長くなる事さえ

No3_2ウチでのプランニングのスタイルとしまして、初回打合せ後にまず基本となる「第一案」を作成します。まずこれがないと話が先に進みませんので・・・

そしてお客様の更に細かいご要望を取り入れたプランを作成します。

No4_1変更や修正プランが「4~5案目」になることもめずらしくはありませんが、基本的に「プラン作成料」というのはいただいておりません。

最終的に工事をご依頼していただけなかったとしても同じです。

     

今日、新規のお客様との初回お打ち合せに行く途中に半年ほど前にプランを作成したお宅の前を通って 愕然としました。

私が作成したプランそのままで施工してありました。

さすがに細かい箇所や植栽の雰囲気は違うものがありましたが、その他は何から何まで全く同じ感じで施工してありました。

ちょっとショックでした。

私自身もこれまでエクステリアメーカーのカタログに掲載してある施工事例の写真などをお客さんに見せて「同じような雰囲気でつくれませんか?」と聞かれ、少し感じを変えて施工したことは確かにありますが、それでもメーカーさんの確認を忘れた事はありません。

CADを使って図面を作成していますので、「平面図」「立面図」の変更は割と容易に行えます。むしろ考える時間が長いぐらいです。

ただ「パース」の仕上げとなると話は別で、たとえわずかな変更点であっても「最初からやり直し」となります。とにかく時間がかかる作業となります。

プラン内容が気にいってもらえなかったり、価格面でどうしても調整が難しい場合などで工事を受注できないこともあると思いますが、その場合は「何かが足らなかった(努力?)」と考える機会にもなりますし、自分自身の成長にもつながることですので、それが原因で落ち込んだりする事はほとんどありません。

コンピューターを使用して作成しているものの「心を込めて」つくっているつもりです。

ただそれをそのまま他の施工業者さんに渡して工事をされるのは・・・

やはり ちょっと辛いです・・・

|

« ハエ男の恐怖 | トップページ | 和風の庭・・・ »

デザイン&プランニング」カテゴリの記事

コメント

島さん、その気持ちよ~~~~く分かります・・・・・
なぜって・・・・・
私も、住宅ですがありましたから、そのまんま建ったことが・・・・・


それも、過去2回も・・・・・・・・・
1回目は、8~9年前・・・・某薬剤師さん
で、それから無かったので、忘れかけていたんですが
つい最近、またやられてしまいました・・・・
今年の話です・・・( p_q)エ-ン

今度は、歯医者さん・・・・・

この人たちに、気持ちをこめても伝わらないのか~って
人間不信になりそうでした(;´д`)トホホ

考えようによっては、自分の考えたプランがよっぽど良かったって事なんだけど・・・・・

でも、辛いですよね~( ̄□||||!!

投稿: うえの | 2006年11月 2日 (木) 午前 08時49分

みなさん同じ悩みをお持ちのようで。

そんなわけで「New moral standard」という運動があります(すでにご存じでしょうけど)。
http://explanning.m78.com/Morals/

これやったからって、すぐさまどうにかなるというわけじゃないですけど、みなさんに少しずつでもご理解いただけるように、というささかやな運動です(Mixi内にもコミュがあります)。よかったらご賛同ください。

(せっかくパース載せてるなら、オーセブンコミュでも紹介しちゃってくださいよ、この記事)

投稿: ひとぴん@エクステリア明日香 | 2006年11月 2日 (木) 午後 02時01分

うえのさん 初コメントありがとうございます!

そうですか・・・ 2回もですか・・・
(いきなり暗くなりますが・・・)

本当に辛いですよね。実は私もこれで2回目なんです。

その時は完成した現場をそのままパクられてしまいまして・・・
門まわりの枕木やポストの配置からネームサインまで色から何から何までそっくりそのままでした。おそらく業者さんがそうされたんでしょうが、ちょっとビックリしました。

気持ちを込めたものが伝わらないっていうのは本当に辛いものですが、その分 信頼して工事を発注していただいたお客さんに対してはその期待以上のものを絶対につくってやる!って思います。

単なる「施主」と「施工業者」という関係ではなく、受注にたどり着くまでの過程で「いい人間関係」ができた状態で工事がスタートすれば、お互いが満足できる「いいもの」ができるんじゃないかと・・・

辛い事はさっさと忘れてがんばります!


ひとぴんさん・・・

「New moral standard」はエクステリア明日香さんのHPで知りました。私も登録して賛同させていただくつもりです。

>これやったからって、すぐさまどうにかなるというわけじゃないですけど、みなさんに少しずつでもご理解いただけるように、というささかやな運動です。

そうですよね。でも「少しずつ」っていうのがきっと・・・

それと・・・ うわぁ~っ「Mixi」は完全放置状態してます~ 色々やりたいけどなかなか時間が・・・

錆び付いているかも・・・(笑)

投稿: 島工房長 | 2006年11月 3日 (金) 午前 12時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハエ男の恐怖 | トップページ | 和風の庭・・・ »