« 半端なクライマーなのである・・・ | トップページ | たまには一人もいいのである・・・ »

2006年6月18日 (日)

ドキドキしたのである・・・

今日、モラージュ佐賀の本屋さんでハーブの本を探していた時に知らない女性から声をかけられました。

「島さん・・・ 島君ですか?」

 

中学校の3年間は佐賀新聞の配達のアルバイトをしていました。

理由は「おこづかい稼ぎ」の為と当時流行っていたマンガ「キャプテン翼」に出てくる主人公のライバル「日向小次郎」のマネ(笑)陸上部だったので鍛錬にもなるかなと思っていましたが、「200部」の配達は彼みたいに自転車を使わずにっていうのはさすがに無理でした。

配達エリアは佐賀市内の「片田江」交差点から北西側の約4ブロックで、佐賀神社の周辺から呉服元町アーケードの入り口までぐらいでした。

朝の5時30分頃から 200部配達して「17,000円」位もらっていたので、中学生としては結構な額だったと思います。

毎日発刊されるので基本的に休みはなしで、雨が降ろうが雷が鳴ろうが雪が降ろうが と~ぜん休めない・・・ お正月の新聞はやたらとブ厚いし(何回も販売店を往復)、正月号は夜中の2時頃から配らなきゃいけないし、冬場は明るくなるのが遅いので怖かったりで、バイト料がもらえるってコト以外はあんまりイイことがありませんでした。

夏場は喉が渇いて 勝手に人んちの配達されたばかりのフルーツ牛乳を飲んだり(犯罪ですな)、スポーツ新聞のHな記事をチラっと見たりしれましたね。(笑)

飲み屋街の近くということもあって、佐賀神社のベンチに飲んだくれたおじさんが屍同然の様相で寝転がっていたり、何もしていないのにホームレスの人に追いかけられたり、朝っぱらから悩ましげな声が聞こえるアパートとかがあったりと、まぁ いい社会勉強にもなったかな?ははは・・・

新聞配達を始めて1年位経ってから、いつも同じエリアで読売新聞を配っていたおばさんが私とあまり年の変わらない女の子と一緒に配っていたので気になっていました。

だって かわいかったから!(笑)

4~5日経つと今度はその子だけ配っていたんで、だぶんおばさんが辞めたかその子が新しく始めたんで配達先を教えてたんだなと思っていました。しばらくは「おはようございます!」と挨拶を交わすだけだったんですが、1ヶ月位経ってから少しずつ話すようになり、お互いの配達が終わってから 佐賀神社のベンチでジュースでも飲みながら色んな事を話すようになりました。

隣の中学校の生徒さんで私と同い年、「美術部」に入ってて画材などを自分で買うために新聞配達を始めたという事。バイト代で まぁ部活で使うシューズなどはたまには自分で買っていたものの、ほとんどファミコンカセットや飲み食いに使っていた自分が多少気恥ずかしくなってしまいました。

中体連とかにもコッソリ応援に来てくれたり、当時 佐賀玉屋の一階にあった「ロッテリア」でもじもじしながら ハンバーガーを食べたりと 新鮮な思い出もありますね~

中学を卒業すると私は鳥栖市の工業高校に進学し、朝練習の為にJRの始発(5時55分)で佐賀市から鳥栖市まで通っていましたので、そのまま新聞配達を続けていた彼女(私と違い佐賀市内の進学校)とたまに会っていたのですが、数ヶ月後には違う人が配っていました。

たぶん辞めたんでしょう・・・

今までほとんど毎朝会っていたので、電話番号を聞く必要もなかったし 知らなかったので、連絡を取り合うこともなく そのまま会うことはありませんでした。

 

で今日!まさかこんなところで・・・

というかよく私だと分かったところがスゴイ!

しかし作業着だもんなぁ・・・ チョット無精ひげだしさ

でも なんか忘れかけていた「ドキドキ」感を思い出したような・・・

気がします。

|

« 半端なクライマーなのである・・・ | トップページ | たまには一人もいいのである・・・ »

子供の頃の話」カテゴリの記事

コメント

ええ話やなあ(T.T)。
んで、その後の進展は無いんですか<コラ!違!

自分の場合、造園屋に勤め始めて、公園の草取りとか回っていたときに、たまたま公園に来ていた小さなお子さんを連れたお母さんが、犬の糞と格闘しながら(失礼)刈草の片付けをしていた私の顔をしげしげと覗き込んで、自分の名前を呼びかけてきました。なんと、中学のときの同級生の女の子。クラスでも美人で人気のある子でした。

そうかあ、あのクラスのアイドルも、もう人妻なんだあ、などとドキドキするどころか、こちらはメチャ汚い作業服、恥ずかしくて、返事もそこそこに、そそくさと逃げ出してしまったことを思い出します。「職業に貴賤はねえ」と常日頃口にしていた自分としては、悔恨の至りです。ああ、情けねえ。

投稿: ひとぴん@エクステリア明日香管理人 | 2006年6月18日 (日) 午後 08時44分

ひとぴんさんのその「公園」のお話・・・

わかるわかる・・・
痛いほど分かりますよぉ~ その気持ち!

残念ながら昨日の話のその後の進展ってやつはほとんどないんですけど、しばらく店内のベンチに座って話していたんですが、またその時の作業着のズボンが洗っても落ちない「樹脂」や「デッキ用の塗料」が付着して目立つやつ!

あ~ もうっ(笑)

ホントはね~ カタカナ職業で「今、エクステリアデザイナーっていう仕事をしてるんだぁ」なんて気取って言いたかったですよぉ!

とてもあの格好で言えねぇ・・・

よくても「造園屋の職長あるいは世話役」って感じですね。経営者やってるってのも言えなかった・・・

なんでだろ?

その後の進展ねぇ・・・ ないっス!

小さな娘さんもいたし・・・

ぼかぁね もう仕事しかないんですよ!(笑)

ぶはは・・・ はぁ~

投稿: 島 工房長 | 2006年6月19日 (月) 午後 08時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 半端なクライマーなのである・・・ | トップページ | たまには一人もいいのである・・・ »