2019年3月18日 (月)

続々と… ユニット施工です!

佐賀市のS様邸 リ・ガーデン工事
〔お庭の改修〕

続々と… ユニットの施工を行っていまーす!

 

Img_6269

木目調のテラス屋根となるシュエットです。

爽やかな白い木目調のエクリュアイボリー
使用したタイプの設置を行っています。

 

 

Img_6272_2

コチラはバイクや自転車を置くスペース
間口が5mとなる余裕のスペースです。

テラス屋根のスピーネを使用しています!

ガーデンルームココマ の残りとなる作業も
タイルテラスの施工を行った後の
折戸パネルの取り付けのみとなります。

 

 

 

佐賀市のH様邸 エクステリアリフォーム工事
〔外構改修〕

完成直後に追加工事をいただきました!

 

Img_6274_2

カーポートからリビング前、玄関ポーチまでを
切れ間なくつなぐのはエフルージュプラス

本来はカーポートなんですが、カーポートと
少し重ねることによって、、雨の日なんかも
カーポートから玄関ポーチまで全く濡れずに
アプローチの上を歩くことができます。

 

実はこのエフルージュプラスの使い方を
考えたのは… H様ご自身です!

良いご提案をありがとうございました!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月17日 (日)

自然な雰囲気を残した小道

ウチで過去に施工したお庭の中にある
園路の写真を色々と見返していたら…

 

Dsc02637

数年前に施工したお客さまのところの
園路を久しぶりに見つけました!

枕木、レンガ… 全てコンクリート製です。

また植栽がチラチラあるのが、いい感じ♪

 

 

Dsc02638

歩行性は決して良くありません…

ただココはメインアプローチではないので
お客さまのご要望に沿う感じのご提案を
させていただいたのを思い出しました。

 

 

Dsc02643

自然な雰囲気というのを残した小道…

随所に植栽をからめた園路というのもいいです。
何よりつくっていて楽しいですしねー♪

しばらくこんな感じの施工をしていないような
気がしますが、またやってみたいですね~

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月16日 (土)

佐賀市のS様邸 着工です!

佐賀市のS様邸 エクステリア工事
〔新築住宅外構〕

本日より大安着工させていただきました!

 

Img_4544

真っ白なお家での施工を行っていきます!

アプローチ、4台分の車庫スペース
境界ブロック、フェンスなどを主に施工します。

植栽や雑草対策などはS様ご家族によって
工事完成後に行われる予定です♪

 

 

Img_6273

初日は道路側に施工する境界ブロック部の
掘削や配筋、基礎などを行いました。

 

それではS様… そしてご近所のみなさま
工事中はご不便やご迷惑をおかけしますが
何卒どうぞよろしくお願いいたします。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月15日 (金)

山あり谷ありの幸せ

昨日書いたブログ記事ですが、お客さまより
お庭や外構などのプランのご依頼をいただき
こちらが伝えたプラン作成期間の期日通りに
出来ないことがあることをプロ失格だなぁーと
自分自身を戒めて、少々落ち込んでいました。

その記事をUPして、30分後にいただいた
ブログのコメントにまさに衝撃を受けました。

そのコメントはコチラです。
※ちなみにウチのお客さまです。

 

久しぶりに… 感激… 大感激しました!

人の言葉というのが、こんなにも自分の中で
強く大きく激しく作用するものかと感じまして
反省の中から、沸々と自信が湧いてくるような
想いになるほどに心を揺さ振られました。

コメントをいただいたなつのともさん
本当にありがとうございました!

こんなに励みになることもありません。

今日は嬉しくて、色んな人にいただいた
コメントを見せてしまいました。w

 

これまでも何度かココで書きましたが
ウチの自慢はお客さまご自身なんです!

工事が終わって、それからもお付き合いは
続くけど… 少しずつ… 少しずつお会いしない
期間というのが、いつの間にか長くなったり…

そういった感じになっていても、また何か
あった時にはお声をかけていただける。

お知り合いをご紹介いただいたりとか…

そういった意味で本当にウチというところは
幸せモンなんだと頻りに思い感じます。

 

ホンの数日前にも13年前にお世話になった
お客さまより久しぶりにお電話をいただきまして
ご実家のお庭に関するご相談を頂戴しました。

「これを相談できるのは自然浴工房しかない!」

というような嬉しいお言葉をいただきまして
やたらと感激したのを思い出しました。

 

まぁ そう言いつつも、ウチは山中さんとふたり
まだまだ未熟であり、不器用な奴らです。

ただ… 常に必死になって、一生懸命
楽しみながら やっているつもりですので
どうかこれからも応援していただけると…

嬉しいです!

 

全てのお客さまに均等に時間を使いたい
でも、その時間が足りなくて…

これは完全に私のみの努力不足です。

 

でも!今週は… 幸せになって ⇒ 凹んで…
⇒ 幸せになって! 終わりそうです。

なつのともさん、そして宮丸さん
どうもありがとうございました!

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019年3月14日 (木)

プロ失格か…

ウチは山中さんと私のふたりでやっています。

現場における作業はもちろん職人さんに
よるものですが、私たち自身も現場に入って
作業を行うこともたまに… いや多々あります。

このふたりで行うのはプラン作成などの設計
見積りをつくる積算、現場を運営する施工管理
お客さまとのお打ち合わせ、私は経理なども…

まぁ やるコトがてんこ盛りって感じですが
慌ただしくも… 楽しくさせてもらっています。

 

ただお客さまからのお問い合わせが増えると
全てにおいて円滑に回して進めるとなると
少しばかり難しくなってくることもあります。

初回お打ち合わせのお客さまにはプランの
作成期間を長めに伝えることもあります。

「〇週間ほどお時間をいただけますか?」

でも… その〇週間って、アッ!という間です。

全く遊びのない… 休みひとつもなかったとて
本当に… あっ!という間に過ぎていきます。

 

そんな感じでなかなか期限通りにプランを
作成することができない場合もありますが
その期間には何かと計画を立てられていて
首を長くして待っていただいているお客さま
からすれば… ホント プロ失格ってやつです。

待つ方からすれば、特に長く感じますし…

本来であれば、その忙しさ度合いも計算に入れ
期限通りにお渡しするのがプロだといえます。

“できない期間を最初から言わない”

いつもコレで山中さんから叱られていますが
なかなかお打ち合わせの時に長過ぎる期間を
言うことができない気弱な自分もいまして…

でも結果、期限内にできずにご迷惑を被らせて
しまうようであれば、最初から正直にきちんと
伝えるのが、誠意のある対応だとも言えます。

 

バカだと言われてしまうかもしれませんが
なかなか自分自身このことが改善しきれず…

反省しきり… です。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019年3月13日 (水)

乾式工法のココマの施工です!

佐賀市のS様邸 リ・ガーデン工事
〔お庭の改修〕

ガーデンルームの施工を行っていまーす!

 

Img_6262_2

エクシオールココマ ガーデンルーム腰壁タイプ

片入隅ですので、今回は乾式工法での施工
(乾式工法とはアルミ形材の骨組みにボードを
取り付ける腰壁部分の施工方法となります。)

 

 

Img_6261_2

ちなみにコレがその腰壁部分となります。

ボードは両面に取り付けまして、仕上げには
内と外で種類の異なるタイルを貼っていきます。

 

 

Img_6264

お庭での作業も同時に進行中です!

ピンコロを使った花壇がまずひとつ完成
まだまだピンコロを使った施工は続きま~す!

 

それからS様… もうホント… いつもいつも
休憩時には私たちへのお気遣いをいただき
本当にスミマセン… いや ありがとうございます。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月12日 (火)

現場は生き動いている。

山中さんとワタクシ

とにかくよく… まーーー現場に居ます。

現場には設計図もあって、施工図もあって
ウチの図面を見慣れている職人さんも
図面があれば施工は進めていけますが
チョットした施工の妙?具合といった感じや
バランスやニュアンスなどを伝えるとなると
現場に居る必要性がすんごい高くなります。

例えるなら、僅かな曲線のラインのニュアンス
タイルなどの加工の場所ややり方なんか
これらを細かく正確に職人さんに伝えるだけで
出来上がりの雰囲気が全く異なるといえます。

 

人工木ウッドデッキやタイルなどでテラスを
つくる場合で、その上にテラス屋根を設置し
その柱がデッキやタイルの途中に入る場合

テラス屋根は横方向に柱の位置を移動し
調整できるものが多いので、その柱の位置が
デッキやタイルの目地部にくるのが理想です。

加工もし易く、当然見た目もスッキリ納まる。

そんな細かいところまでを最初から最後まで
気にして作り上げた現場というのは、反対に
そうではない現場と比べて… 差は歴然です。

そんなモンは自己満足かもしれませんが
私たちにとっての自己満足というのは
お客さまの満足に直結するとも言えます。

 

職人さんも丁寧な作業をしてくれますが
手の届く範囲での目線が主となりますので
私たちの少し離れた目線から気付くことも
少なくなく、その作業自体を終えてしまう前に
気付きを指摘して修正すれば、職人さん自身の
モチベーションだって下げることなく済みます。

それほどモチベーションは大事ですからね~

 

現場は絶えず、生き動いているもの

たったひとりで全てを成すことはできません。

手を貸し、知恵を貸し、みんなが協力して
一致団結してチカラを合わせてこそ
本当に良い現場ができるものと思います。

言い難いことでも気付きを伝えることは
結果的には思いやりだとも言えます。

 

今回は何が言いたかったのか…

んー ですね~ 私たちもただ何の意味もなく
現場をウロウロしてるんじゃなくってよ!

ってコトです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月10日 (日)

値引きはしていただけますか?

えーっと… あの~ 本当にもうおかげさまで
ありがとうございますな今日この頃です。

今年に入ってから作成したプランやお見積りの
ほぼ全てと言っていいほど工事のご依頼を
いただいており、とにかく… 感謝の一言です。

毎度毎回いつもココで言っておりますが
お客さまには感謝の言葉しかありません。

どうもありがとうございます

 

…ということで、ココ数日はお客さまとご契約を
させていただく機会が割りと多かったので
今回はご契約時における工事代金の値引き
ついて、チョットばかり書きたいと思います。

 

まず… すでにウチとご契約済みのお客さまで
もしかしたらウチに対して、一切の値引き交渉を
しなかったけど、言ってみた方がよかったのか?

と思われているお方がいらっしゃいましたら
ご安心いただければと思います。

言っても言わなくても… スミマセン 同じです。

言わなくて損ということは全くありませんので
実際の工事の中において、値引き以上のモノを
つくらせていただくと固くお約束いたします。

 

前にも書きましたが、ウチは成約率が概ね
90~92%位で、これまでやってきています。

そして、ご契約時やその前などに値引き交渉を
されるお客さまが約2~3%いらっしゃいます。

例えば年間100件の工事件数があったとして
2~3組のお客さまということになります。

もちろん!値引きを口にされるお客さまが
良くないといったことは全くありません。

工事の内容や規模によって、価格も様々…
いずれにしても全てのお客さまにとっては
大きな買い物となる場合がほとんどです。

もしかしたら… 契約時には値引きがあるかも?
と、淡い期待をすることは当然だともいえます。

私たち業者側に臆することなく、遠慮なく
値引き交渉をされて結構だと思います。

 

ただ…

ウチの場合は… 自然浴工房の場合は
実際の工事原価に対して、適正な利益と
いうのを計上して、見積書を作成しています。

ウチの見積書を見られたことのある方なら
分かられると思いますが、ウチの見積書は
事細かく明細を表示して作成しています。

アプローチ工事一式 20万円〔明細なし〕
車庫スペース工事一式 30万円〔明細なし〕

なんて、総額100万円を超えるような工事が
7~8行で終わるようなどんぶり勘定甚だしい
いい加減な見積書は一切つくっていません。

見積書の中にある商品の定価が分かる資料は
全てお客さまに分り易いように明示して渡して
定価に対し、実際の購入価格が把握できるよう
工事の規模関係なく提出させてもらっています。

そういった感じで作成した見積書の中には
値引き代(シロ)なんてものは一切存在せず
値引きをしてしまうとただ単に自然浴工房の
利益が減るのみ… といったことになります。

まぁ 一応は… ウチは私自身が代表でもあり
私自身に決定権があり、値引きをするしないも
私の権限で自由自在にすることができます。

しかし…

私の心の中にこれからつくるものに対して
値引きをしてしまうのは… というのがあって
それに加え、職人さん達の技術を決して安売り
してはいけないという考えや信念があります。

 

ウチではご新規のお客さまに他の会社さんにも
いくつかプランと見積りをとり比較されることも
大事なコトなんですよ!と、しっかり説明し
それをきちんと伝えるようにしています。

それは各会社さんや担当者さんによって
また違ったプランや価格が出るはずですので
自分の外構や庭に対して、複数のプランを見て
検討するといったことはお客さまからすれば
プラスしかないということが分かるからです。

お客さまが他にどういった会社さんがあるか
ご存じないようであれば教えることもあります。

お客さまが知らない同業者さんを自ら同じ土俵に
上げて、全く同じ条件で勝負をするというのは
実はリスクでも何でもなく、負けないためへの
発奮材料となり、それはお客さまにとっての利
たとえ正々堂々と勝負をして負けたとしても
得るものは大きいと考えているからです。

あ… 話が逸れてもうた…。

 

それでは… 今回の話の核心です。

「このいただいたお見積りの価格から
いくらかお安くなるんでしょうか?」

と仰られるお客さま 

値引きを全く口にされないお客さま

この両方のお客さまとの間に価格的な差が
絶対にあってはならないと思っています。

値引き交渉をしないと損をしてしまう
といったことは自然浴工房ではありません。

ただ値引き交渉をする行為が良くないと
いうことはないので、そこはお気軽に…

 

会社さんによっては最初から値引き交渉を
されるものと想定し、その分を上乗せして
見積書を作っていることもあるかもしれません。
※いわゆる値引き代(シロ)を含んだ見積書のコト

そういったやり方をすれば、たとえ値引きを
されても全く痛くないし、値引きがなかったら
その分の丸儲けってコトになると思います。

そういったトコは会話の中から突破口を
見つけて、更に厚い皮を剥ぎ取って下さい!

ただそういった業者さんになると業者を選ぶ
選球眼を養うしかないとも… 言えます。

あ… また脱線した…。

 

最後に… 値引き自体はやろうと思えば
実は簡単にできるものでもあります。
※利益を失っても構わないということであれば…

ただ… そこはお金だけの問題ではなく
気持ちによるところが… 大きいです。

値引きに応じれば、モチベーションの低下と
いうのは少なからずあると思います。

逆にモチベーションの向上は最終的に
お客さまの利にきっと直結するはずです。

103万円を100万円ちょうどにして欲しい
503万円を500万円ちょうどにして欲しい

どっちも同じです。

応じてくれなければ契約できないという
ことであれば、ウチは潔く身を引きます。

 

それくらいの気持ちとプライドを持って
常日頃、緊張感を保って積算を行っています。

お金じゃないッ!
気持ちの問題なんです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 9日 (土)

日々のお庭の変貌をお楽しみに!

佐賀市のS様邸 リ・ガーデン工事
〔お庭の改修〕

超耐候性樹脂フェンスの施工を行っています!

 

Img_6243

まずはその支柱の設置からとなります。

大きく分けて、4ヵ所の施工となりますが
各々の場所に応じて、板材の長さの2mと
2.4mが無駄なく使えるように設定しています。

週明けにはその板材の取り付けや
ガーデンルーム、2種類のデザインの異なる
テラス屋根の設置なども行っていきます。

 

いつもS様から休憩時のお気遣いをいただき
本当にどうもありがとうございます!

来週はまた一気に雰囲気が変わりますので
どうぞ楽しみにされていて下さいね♪

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 8日 (金)

透水性インターロッキング ファンダペイブ

佐賀市のH様邸 サイクルスペース工事
〔駐輪場その他工事〕

インターロッキングの施工を行っています!

 

Img_6241

施工を行う周辺の高さが確定していますので
雨水を下に通す透水性のインターロッキング
ファンダペイブ・スリットタイプを使用して
床面全体の施工を行っております。

スリットタイプは表面をリブ加工したような
筋入りのテクスチャーになっていますが
それを市松模様のパターンで施工しています。

色はファンダグレーとなります。

 

 

Img_6242

分かる人なら… ちとばかしギョッ!とする
このスペースとしては、やや多めの配管群

10mm前後ほどの厚さの床タイルと違って
インターロッキングは6cm~8cmと厚く
これらのカットも決して容易ではありません。

 

 

Img_e6249

時間はかかりますが… 丁寧に慎重に
最後までキッチリ納めて仕上げていきます。

 

それからH様… 休憩時のお気遣いに加え
私や山中さん、そして職人さんみんなに
ひとりずつ帰り際にお土産をいただきまして
本当にどうもありがとうございます!

そういえば… 昨年夏にご新築された時にも
まだご入居前にも関わらず… 赤ちゃんを連れて
冷たいお飲み物などのご準備をしてもらった
ということは本当に… 本当に忘れません!

いつもいつもお気遣いをいただきまして…

感謝ですッ!!!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«アルファウッドの表と裏