2021年2月28日 (日)

bobi(ボビ)&bobi Cargo(ボビカーゴ)

フィンランド bobi社の人気のポストbobi(ボビ)

Img_4947
本体カラーはボルドーです。

逆さU字型の専用スタンドbobi round(ボビラウンド)に装着した場合の施工例となります。

カラーについては、ボルドーダークグリーンネイビーブルー という順での人気のような感じがします。

 

 

Img_1631
コチラはつい最近施工したばかりの宅配ポストbobi Cargo(ボビカーゴ)です。

基本シルエットは先に紹介したbobiポストそのままに、宅配ボックス機能をプラスした商品となります。

 

 

Img_1632
上段にあるポストは標準仕様としてシリンダー錠が装備されていますが、開閉の都度 鍵が必要だったり、やや使い勝手が悪いので、オプションでのダイヤル錠に変更しました。

宅配ボックス部は電気不要のメカ方式プッシュボタン錠となっており、不要なランニングコストはかからない仕様となっております。

 

 


Img_0810
↑の画像はユニソンの宅配ボックスヴィコDB 60+80サイズです。

一般的な宅配ボックスは扉を開けると、このように荷物の投函についての手順が記されていますが、bobi Cargo(ボビカーゴ)には特に何の表示もなし…

これでは荷物を届けに来た宅配業者さんが、困ってしまうのではないかと思いまして…

 

 

003_kabu_003
bobi Cargoのウェブサイトに掲載されている↑の部分を印刷し、ラミネートしてから扉の内側に貼り付ければ問題解決かと思いまして…

 

 

Img_1622
作ってみました!実に簡単です。

 

ひとえに宅配ボックスといえども、色んなメーカさんから数多くの種類が出ていますので、その種類ごとに投函方法が違うと宅配業者さんも迷ってしまわれると思います。

 

bobiシリーズは海外の商品故に、こういった細かいところが不足していることもありますが、それはそれで施工する側がチョイと工夫すればいいだけのコト

施工が済んで、「はいっ!終わり~」ではなく、投函する側と荷受けする側の両方にとって使い易いコトを考えることも、私たちの仕事のひとつだと思っています。

| | コメント (0)

2021年2月27日 (土)

人工芝か?やっぱり天然芝なのか?

佐賀市I様邸 エクステリア工事
〔新築住宅外構〕

お庭に人工芝リアリーターフを施工しました!

Img_1633
タイプはヨーロピアンロング40mmを使用しています。

タイルテラスでは、ワンコのゴローちゃんがうたた寝をなさっておられます。

 

高機能人工芝リアリーターフは昨年11月中旬頃より一部仕様が変更され、リニューアルされました。

従来の機能に加えて、新たに遮熱機能を追加されまして、これまでは強い日差しの中で、土や天然芝に比べると表面温度が高くなってしまう傾向があったのを改善されたもので、リアリーターフに遮熱成分を配合することによって、表面温度の上昇を抑えることが可能になったとのことです。

 

さて… とはいえ… 実際の効果は如何ほどに… 追って調査します。

 

 

Img_1640
そういった成分の追加によって、新タイプのリアリーターフは旧タイプと比較して、色合いが濃く見えるそうです。

今後の既設現場における延長工事などがあった場合は、気をつける必要があるかもしれませんね。

 

…で、ココまでは人工芝のお話です。

 

 

Img_9596
ココからは人工芝でななく、天然芝のお話になります。

芝の品種は姫コウライ芝となります。

 

 

Img_9597
昨年7月に撮った写真で、ウチのお客さまとなる吉野ヶ里町T様宅の天然芝となります。

ものっすごい美しい芝生の状態です!

 

ちなみに夏場は、ほぼ毎週芝刈りをされておられるそうです。

毎週って分かりますか?1週間に1回の芝刈りですよー

 

いやー もう~ ホントありがとうございます!って感じです♬

 

 

Img_9594
お手入れの行き届いた姫コウライ芝の様子です!

ココまでのレベルになると、見た目・質感・触り心地云々… 完全に人工芝に勝っています。

しかもこまめに芝刈りをされてあるので、芝葉がとても柔らかいんです!

 

失礼ながら正直に言いますと、T様宅のお庭の芝生の状態より良い感じの芝生になっているところは、ウチの他のお客さま宅ではあまり見かけることがありません。

私はずーっと前から天然芝を希望されるお客さまに対しては「維持管理は本当に大丈夫ですか?」「夏場のしんどい時にたくさん面倒みなきゃいけませんよ。」「それなりに覚悟をしてから芝生をするか決めて下さいね。」「(面積が広い場合)この面積だったら、夏場の水やりで水道代が上がるレベルですよ。」と思いっきりビビらせるのですが、日々の忙しさを理由に<口悪っ!、なかなか皆さん 残念ながらT様レベルのキレイな芝生の状態になっていないところが多いような気がします。

天然芝は生き物… 手をかけてあげた分、それに応えてくれると私たちは思っています。

お手入れが難しい場合は、やはり人工芝になると思いますが、天然芝に比べるとその導入費用は格段に高くなります。

姫コウライ芝野芝などに代表される日本芝の特性として、冬場は休眠期に入り芝葉が枯れたような色合いになりますので、人工芝の年中濃い緑ということに違和感を感じる方もおられると思います。(西洋芝と思えばいいことだけど…)

 

まぁ どっちがいいか?

施工後の維持管理がしっかりできるか否か… と、導入時のご予算で考えるしかないかもしれませんね…。

| | コメント (0)

2021年2月25日 (木)

順調に進んでいますので、どうか雨だけは…

佐賀市M様邸 エクステリア工事
〔新築住宅外構〕

工事は中盤となり、順調に進んでいますが… えー 来週は雨ばかりぃ?

Img_1625
2台用のカーポートの設置も終えまして、ココから車庫スペースの土間コンクリート打設に向けて、準備を進めていきます。

まだまだやることはいっぱいです!

 

 

Img_1627
タイルテラスは目地のみを残した状態…

側面ステップ付きの、3.3m×1.5mのサイズとなります。

 

 

Img_1626
住宅会社さんで施工された玄関ポーチだけでは高さが不足していますので、こうしてスペースの拡張を行っています。

 

 

Img_1629
お庭のお隣さんとの境界部には、高さ1.2mのフェンスを1.8mの位置から設置しました。

フェンスAB YS3型を使用してしています。

↑の写真ではフェンスが奥まで届いていませんが、このスペースにはあとで物置を設置しますので、しっかりと敷地の隅まで目隠しができます。

| | コメント (0)

2021年2月23日 (火)

ドッグランスペースには横格子でなく縦格子でね!

佐賀市I様邸 エクステリア工事
〔新築住宅外構〕

当初より破損していた道路側溝の補修を行っています!

Img_1636
旧家屋の解体からご新築時の工事による影響にて、私道沿いの側溝がかなり激しく破損していましたので、破損部の除去 ⇒ 補強筋の設置 ⇒ 型枠の設置 ⇒ 生コンクリート打設 という手順にて補修作業を行っています。

 

 

Img_1637
ココは車が乗るとことなので、しっかりとした強度も必要な個所となります。

数日後には型枠を取り外して、グレーチング蓋を設置します。

 

 

Img_1638
車庫スペースの奥には、化粧ブロック+フェンス&門扉を設置しています。

お庭側からぐるーっと回って、この車庫スペースの奥まで自由にワンちゃんが駆け回れるような造りにしています。

 

フェンスと門扉はココにワンちゃんが来た時に、ツメが引っかからないように横格子ではなく、縦格子にしました。

ワンちゃんにもアルミ製品にも、やさしくぅーね!

| | コメント (0)

2021年2月21日 (日)

ボルドー色の宅配ポスト「ボビカーゴ」

佐賀市S様邸 エクステリア工事
〔新築住宅外構〕

ほぼ… ほぼ完成に近い状態となりました!

Img_1587
中央に陣取るのはキズをつけてはならぬ!と最後の最後に取り付けたフィンランドbobi社製の宅配ポストボビカーゴです。

色はボルドーを使っていますが、設計当初よりS様の要望にて採用したお洒落な宅配ポストです。

 

 

Img_1588
ステンレスヘアライン仕上げの切り文字による表札M-01Lと、インターホン子機を取り付けたのは、玄関の引戸と軒天と同じ色あいとなるチェリーウッド色のデザイナーズパーツ枕木材です。

 

 

Img_1424
コチラでは同じチェリーウッド色を使用した木目調テラス屋根シュエットと、ライトウッド色の人工木ウッドデッキ樹ら楽ステージを設置しています。

ココは工事の前半に施工していましたので、お子さんの遊び場として、洗濯物を干したりと大活躍です🎵

| | コメント (0)

2021年2月20日 (土)

お洒落な門袖壁となる予定です!

佐賀市M様邸 エクステリア工事
〔新築住宅外構〕

現場内の余分な土砂を掘削し、搬出しています。

Img_1577
車庫スペースにはしーっかりと土がありますので、余分な分をキッチリ削り取って搬出していきます。

 

 

Img_1580
門袖壁となる部分の下地ブロックや、土留めの化粧ブロックシルマの様子です。

背面にはしっかりと補強を行っていきます。

 

 

Img_1594
コチラは完成のイメージパースとなります。

これからどんな感じになるか… 楽しみですね🎵

| | コメント (0)

2021年2月19日 (金)

やっぱりテラス屋根!

カーポート人工木ウッドデッキ物置など、エクステリア商品というのは本当にたくさんの種類があります。

ウチではそういった商品の単体での設置のご依頼も数多くいただいておりますが、その中においても特にご注文の多いテラス屋根の最近の施工例を今回ご紹介したいと思います。(次に多いのは目隠しフェンスのご依頼です。たぶん…

Img_1220
洗濯物干しとして、主にご利用されるフーゴ F テラスタイプです。

通常のテラス屋根と違い、建物の外壁にネジ止めをすることのない独立式の商品です。

オプションとして、専用のサイドパネルを2段取り付けています。

 

 

Img_1487_20210221202201
コチラは洗濯物干しと自転車置き場を兼ねたスピーネ F型 テラスタイプです。

本体に取り付けた吊り下げ物干しAセットに物干し竿をセットします。

 

 

Img_1111
これより以下は全てスピーネ F型 テラスタイプとなります。

ココでは自転車置き場として活用されておられます。

 

 

Img_1364
コチラでは洗濯物干しとして…

 

 

Img_1314
ココでは洗濯物干し&自転車置き場として…

 

 

Img_e1564
コチラでは洗濯物干し&自転車置き場として、ご利用いただいております。

 

こうして改めて見ると、同じテラス屋根でも色んな使い方があるようです。

設置する場所のスペースや、使用目的によってサイズも細かく設定できますので、ご検討の方にとって、きっと最適なサイズのテラス屋根が見つかると思います。

※ちなみに間口(横幅)は90cm毎に、出幅(外壁からの屋根の長さ)は30cm毎にサイズがあります。

| | コメント (0)

2021年2月17日 (水)

吹雪き過ぎて、身も心も…

今日は一日中 雪が降って、吹雪いて、止んで、晴れて、また降って、吹雪いて… の繰り返しでした。

雪が吹雪く中での現場作業はチトばかし堪えました。手足が凍え切ってしまい、もう寒いのなんのって…

Img_1552_20210217224801
↑の佐賀県庁前で撮った写真では雪がしんしんと… というような穏やかな感じですが、この時は吹雪いています。

 

 

Img_1553_20210217224801
吹雪いたかと思えば、ピタッと止んで… 晴れっ!

「さーっ 仕事しよ~」となったら、また雲が出てきて吹雪く… 他の現場からも「心折れた!」的な連絡もあり、濡れたまま風邪をひいてはいけないので、大事をとって午後からは作業を休みにしました。

 

明日は一週間前から予定していた5立米を超える生コンクリート打ちだったのですが、あいにくの寒波の影響で日中も3℃までしか気温が上がらないようなので、その予定は週明けに繰り越すことにしました。

 

さて… 明朝は部分的な道路の凍結なんかもしていると思いますが、プランを練って図面を描く時間がすんごい欲しかったので、いつもより少し早めに自宅を出て、安全運転にて事務所を目指したいと思います。

| | コメント (0)

2021年2月16日 (火)

佐賀市M様邸 着工です!

佐賀市M様邸 エクステリア工事
〔新築住宅外構〕

本日より大安着工させていただきました!

Img_1497
M様からは住宅建築前より外構のご相談をいただいておりまして、とにかくしーっかりとお打ち合わせをさせていただいての工事着工となります。

コチラでは門袖壁・アプローチ・4台分の車庫スペース・カーポート・タイルテラス・目隠しフェンス・境界ブロック&フェンス・雑草対策・植栽などを主に行っていきます。

 

 

Img_1550
初日は宅地高より低い既存の境界ブロックの上に2段分のブロックを継ぎ足す作業を行いました。

ココは初日に完了… 滑り出しから順調なスタートです!

 

 

Img_1551
次はタイルテラスの下地づくりを行っていきます。

ココからどんな感じになっていくか本当に楽しみです!

 

それではM様… そしてご近所の皆さま、工事期間中はしばらくの間はご不便やご迷惑をおかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

2021年2月15日 (月)

物置まわりから草を生やしません!

佐賀市I様邸 エクステリア工事
〔新築住宅外構〕

物置は敷地の隅に寄せて設置をすることがよくあると思いますが、その真下はともかく背面や片側面の境界ブロックとのすき間から草が生えてくると、体が入らない… 手が届かない… ということで、除草ひとつするのに四苦八苦することが多いと思います。

今回は物置の真下やその周りの雑草対策について、写真を使いながらその流れをご紹介したいと思います。

Img_1489_20210218002601
まずは最初に物置の基礎ブロックを設置します。

ただ… その前に下地盤の不陸整正を行って、しっかりと転圧することも大事なコトです。

基礎ブロックを設置した後は、四隅の転倒防止用のアンカーを設置するところの掘削まで先行して行っておきます。

…で、その後に基礎ブロック分をキレイにカットして、防草シートを施工していきます。

 

 

Img_1494
そして物置を設置する前に豆砂利を敷き込んでおきます。理由は当然ながら物置があると真下に砂利を入れられないから…

真下は日が差さないから不要かもしれませんが、まぁ 気持ちの問題です!

 

 

Img_1534
…で、物置の設置が完了!

使用したのはヨド物置エルモで、LMD-2529サイズを設置しました。

選べる扉のカラーは木目調のダークウッドを使用しました。今はこの扉の色がダントツの人気色らしく、工場でも欠品気味で納期も結構かかっている状態らしいです。

ウチでもエルモは、ほとんどダークウッドしか出ていないと思います。

 

 

Img_1536
四隅の転倒防止工事を行ったコンクリートのところにも、防草シートをしっかり施工します。

これで物置まわりの雑草対策もバッチリです!

| | コメント (0)

«外構工事や庭づくりにおける豆砂利のコト